三又又三カルビーCM3日で降板!「どうかしてた」と担当者が自虐!

どうも
噂大好きオヤジです

三又又三に対して松本人志
ハッキリとワイドナショー
明言しましたね。

「借金返済していないのは
事実です!FLASHさんも
まだ甘い!」と。

正直笑えました^^

さすがに松本人志だなぁと。

松ちゃんは やっぱり凄いですね。
でも本心は はらわたが煮えくり
返って居ることでしょう。

そんな松本人志を激怒させて
いる三又又三の笑えるネタを
ご紹介しますね。

2014年11月10日から放送されて3日で打ちきり!
幻のカルビーのCMが笑える!!!

作・ビートたけし
画・さくらももこでお届けする
カルビーひとくち劇場。

伝統ある新CMの主役に抜擢されたのは
なんと三又又三
カルビーの担当者は、さわやかな笑顔が、
とっても不快なCMに仕上がりました・・・と
コメントしています。

(カルビーのオフィシャルサイトより)




ビートたけし
さくらももこ・・・を擁しても
三又又三の不快感は止まられなかったのか?

三又又三はオフィス北野の所属なので
このキャスティングになったと
言われていますが 事実3日で
このCMは打ちきりになってます。

 

幻の3日で打ちきりのCMの内容とは

晴れた日の公園で仲間たちと楽しげに
「ポテトチップ」を食べたり
サッカーボールを蹴る三又又三

最後には「そのパリッ好きだぜ」
青春ドラマのワンシーンのような
セリフも飛び出すさわやかな三又。

誰もが知っている
カルビーCMの歴史あるフレーズ

「♪カルビーのポテトチップス〜」
見事に二枚目で演じ切りました。

全国ネットでのCMデビューを果たし
「まさかの大抜擢だったので、
カルビーさんのCM キャラクターとして
いつもと違う三又又三
表現しました」と本人は大満足。

調子に乗って「このCMを色々な企業の方が観て
これから仕事が増えて忙しくなると思います」と
語っていましたが あえなく撃沈の運命に。

11月10日から全国オンエア。
反応は微妙・・・。
12日にはあえなく終了。

今は見ることの出来ない幻のCMになりました。


三又又三の主演CMを全国で
オンエアするという決定を下した
カルビー担当者は

「やっぱり評判はイマイチでした。
あの時(決断した時)はどうかしてたのかな」と、

自身が錯乱状態だったことを認めています^^

このCMのストーリーは「やらせ」なのか?

僕は このCMの「流れ」を改めて見て
これって本当にカルビーさんが
「どうかしてたのかな?」とは
ちょっと思えないんですよね。

CMって僕らが分からないくらい
莫大な費用も掛かるわけですよね。

しかもカルビーさんのような
一流企業なら尚更CMの
重要性も認識しているハズ。

・・・となれば「たけしさん」の
全て計算尽くしの「ネタ」では
ないのか?・・・と推測してしまいます。

いずれにしても このCMが
流れたのは2014年です。
今から約3年前の出来事。

この当時は まだ三又又三
松本人志に可愛がってもらって
いたんでしょうね。

今回の1000万騒動も三又又三は
本来オフィス北野所属ですから
会社側から あるいは北野さん
本人から返済・・・という
方法も有り得ますわね。

まぁ それでは松本人志も
納得できないでしょうけど。

オフィス北野にとっても
北野武さん個人にとっても
1000万という お金は僕らと違い
そんなにビックリする金額じゃ
ないハズです。

それでも返済を代わって・・・と
言う話が全く出てこないのは
いかに三又又三が会社にも
北野武さん個人にも信用がないか?
・・・ということの裏付けになりますね。

ボッタクリの三又又三の人生

昨日 有吉弘行が言ってましたけど
「松本人志さんが三又又三のクズっぷりを
明確にしてくれたので俺の役割は
終わった・・・」と。

確かに その通りでしょうね。

三又又三は結婚してないみたいですけど
実は実家は由緒ある医者なんですよ。

お父さんは内科の開業医
お兄さんは歯科の開業医

ただ お父さんの開業医に関しては
高齢のために締められたとか。

三又又三に変わって返済できる
財務能力は充分あると見ますが
おそらく松本人志は そこまで
しないでしょうね・・・。

先日のワイドナショー
話したことで松本人志の中では
もう「ケリ」を着けたような
気が僕的にはしましたけど。

それにしても。

この三又又三に関しては
まだまだ記事が書けるほど
良からぬ噂が一杯出てきます。

本人にすれば もう二度と
芸能界では仕事できないでしょう。

冷麺一杯を
8,000円で売っていればね^^

今日も 最後まで 有難うございました。
クスッと笑えてもらえたら嬉しいです。







関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る