松本伊代の天然エピソードにヒロミも呆れる?線路侵入も天然かも?

どうも
噂大好きオヤジです。

松本伊代さんと早見優さんが
今でも大騒動ですね。

まぁやった事は大人げないですけど
ちょっと騒ぎ過ぎのような?
気が僕はしますけど・・・。

これが一般人なら間違いなく
ここまでの騒ぎにはならない
でしょ?

例えば僕がやれば・・・^^

良い意味でも悪い意味でも
芸能人って辛いですね。

さて。

松本伊代さんは現在50歳。
「伊代はまだ16だから・・・」
歌っていたのは35年前です。

僕 結構ファンだったんですが
今でも可愛いと思いますよ。

なかでも「天然ぶり」は有名です。

まぁ今回の騒動も
天然ぶり」が関係してるかも?
そんな松本伊代
天然エピソードを取り上げてみました。

最初に言っておきますけど
ぜーーーーんぶ「実話」ですので
驚かないように お願いします。

しょーもない
お笑いより よっぽど笑えますから^^

本当にあった松本伊代の天然エピソード

エピソード① 禁煙編

煙草が大嫌いな松本伊代
愛煙家のヒロミは愛する
松本伊代の為に禁煙することに。

でも2週間たっても禁煙していることに
伊代は全く気が付かず。

気付いて欲しいヒロミが伊代に
「変わったとこ分からないかな??」
と聞くと松本伊代の返答は・・・

「整形したの??」

・・・と真顔で聞いたそうです。
整形したことって妻にも
隠したいもんでしょ。

ましてや芸能人ですからね。

まず軽く一発目でした。

エピソード② ゴーストライター編

自身が書いた本のPRで出演した番組で
松本伊代が発言してしまった言葉。

「まだ読んでないんですけど
面白いので読んでくださいね!!!」

司会している片岡鶴太郎が
ずっこけたとか。

自分でゴーストライターが居ることを
認めてしまいました。




エピソード③片づけられない編

几帳面なヒロミは
ペットボトルが何日も置いてあるので
「いつ片づけるの??」と少し
怒って聞いてみると
「今日は忙しいし、明日は予定が
あるから・・・明後日!!片づける」と。

これ、真面目に言ったんですからね。

 エピソード④ 料理編

もう沢山あるので
まとめてみました。

「冷やしうどん作るね~」と言って
アツアツのうどんが出てきた

朝ごはんは毎日目玉焼き。
黄身の固いのがヒロミの好み。
だけど固く出来ているのは
約5割の確率しかないらしい。

海外で牛乳を手に取って
幼少の息子に
「これって豚の乳じゃないよね??」

お手製の肉じゃがを食べてみると
スィーツのように甘い。

料理に関しては数えきれないと
ヒロミが呆れて言ってました^^

エピソード⑤ その他編

あり過ぎて書けないので
最後は その他編で。

TUTAYAで借りたDVDをGEOに返す

子供が壁に落書きしないように
「落書きしちゃダメ」と壁に書く

買ってきた鶏肉がモモ肉か胸肉か
わからなくなり鶏肉を自分の胸にあてて
「胸肉だった!」

ヒロミに「苗字」って何??と聞いた

コップの水滴が気になってティッシュで
拭くが何故かテッシュは置きっぱなし。

「引き出し」を締めることが
出来ない。全部の引き出しを
開けっ放しにして外出するために
帰宅したヒロミは泥棒が入ったと
完全に思い込んで警察に通報する
寸前だった

ヒロミが手作りで作成中の別荘の
リビングにブラジャーが置いてあり
不審に感じたヒロミが松本伊代に
電話したところ「浮気」を
疑われたので「写メ」を送ったら
松本伊代のだった。

しかも「ダサい」ブラジャーだった
ことを後悔していた。
「いつもは もっとイイのを
着けてるのよ・・・」と。

まぁ 本当に松本伊代の
天然ぶりには笑いますよね。

実はヒロミは松本伊代のファンだった!

今回の騒動では想っていた以上の
騒動になり大変だと思います。

でも やはりダンナのヒロミが
毅然とした態度で謝罪して
「事務所の代表でもあり
ダンナでもある自分に
全て責任がある」・・・と
神妙に話していたのが印象的でした。

ヒロミって男気ありますよね。

元々はヒロミ松本伊代
ファンだったとか。

どうして松本伊代
誘おうか?と思案した挙句に
「美味しいメロンジュース作るから
家に来ない?」と誘ったそうです。

なんとも微笑ましいエピソードですね。

今回の踏切の騒動で やれ番組降板とか
離婚か?とか色々言われてますけど
そんなに簡単に壊れるような
夫婦なら もっと早く壊れてますよ。

ヒロミが
「ママは俺が亭主でなければ
(金遣いが荒くて無頓着なので)
とっくに破産してる」と言ってましたから。

今回の事で今後は あまり
天然エピソードが聞けなくなるかも?

そうなると なんか寂しいですね。

では また 次回!!!







 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る