ytv漫才新人賞の優勝はミキ・プリマ旦那・吉田たちの争いか?

どうも
噂大好きオヤジです。

僕は関西人なんで「お笑い」が大好き。
中でも やはり漫才が好きですね。
コントも好きですけど
やはり漫才派です。

昨年のM1では銀シャリが優勝。
元々 銀シャリもこのytv漫才新人賞
受賞してステップアップしていった
芸人さんです。

そういう意味では「新人の登竜門」と
言われるこの大会。
今年も楽しみな顔ぶれが揃いました。

この大会は決勝にに行くまでの
「過程」が分かりにくい^^

おまけに決勝も採点方法が
分かりにくい^^

まぁ その辺りも含めて
書いていきます・・・。

ROUND1~3を
勝ち抜いたコンビが決勝へ

【ノミネート 6組】

選考会ROUND1通過

吉田たち
見取り図

選考会ROUND2通過

プリマ旦那
ミキ

選考会ROUND3通過

ムニムニヤエバ
セルライトスパ

おそらく上記の部分が一番
ややこしいのですが。

要するにROUND1~3までの
名目で予選が3回行われたんです。

ちなみにROUND3よりも
ROUND1の方が点数が高いとか
そういう事は一切関係ないです。
予選の時期が違うだけの話。

それで選ばれたのが上記3組です。
先ず ここがややこしいですわね(笑)

そしてこの6組が2月26日(日)に
新人賞を懸けて決勝戦を行うと。

ytv漫才新人賞出場条件
概要とは?

関西を拠点に活躍する
芸歴10年目までの若手芸人
年間3回の手見せ・選考会を行い
(これが上記の各ROUNDです)

各ROUND上位2組
合計6組をノミネート。

決勝で6組の中から
ytv漫才新人賞1組を決定します。




それで・・・。
また決勝戦も ややこしいんです。
まとめると下記のようになるのですが。

【決勝の採点方法】

ノミネート6組は事前の抽選で
決定した登場順で漫才を披露。
上位2組は最終決戦へ進み、
もう一度漫才を披露し審査員が採点。

FIRSTROUNDと最終決戦の
合計得点が高いものが受賞者

・・・と言う事ですから
ここがM1と違うとこですね。
M1は決勝戦一発勝負ですが
この大会はROUND=予選の得点も
加味されるんです。

【配点】

<FIRSTROUND>
スペシャル審査員5名が、
1組当たり100点満点で審査。
5人合計500点満点。

マスコミ審査員10名が、
1組当たり10点満点で審査。
10人合計100点満点。

⇒AとBを合わせて600点満点での
上位2組が最終決戦へ
↑ ↑
ここまでは済んでるんですよ(笑)
ここからが本番=決勝戦のルールです。

<最終決戦>
最終審査A
スペシャル審査員5名が
1組当たり100点満点で審査。
5人合計500点満点

最終審査B
マスコミ審査員10名が
1組当たり10点満点で審査
10人合計100点満点。

⇒AとBを合わせて600点満点と
FIRSTROUNDの600点満点の
合計1200点満点で審査

1200点満点での上位1組が
第6回ytv漫才新人賞」になります。

【優勝賞金賞金】 100万円

ここまでがルールの説明です(汗)
こんなにややこしいルールは珍しいですが
まぁ このやり方で行われてきた
みたいなので。

司会と注目の審査員は?

総合司会 東野幸治
アシスタント 田中みな実

審査員
オール巨人/ハイヒールリンゴ/
ヒロミ/久本雅美/板尾創路


ちなみに過去の優勝者は?

第1回覇者・モンスターエンジン

第2回覇者・銀シャリ

第3回覇者・藤崎マーケット

第4回覇者・学天即、

第5回覇者・コマンダンテ

 

 

今回の出場者は この6組!!!

出演者プロフィール

見取り図 左:盛山晋太郎 右:リリー

芸歴10年目
予選成績:ROUND1 2位通過(358点)※500点満点
前回大会:ROUND3:5位

プリマ旦那 左:野村尚平 右:河野良祐

芸歴9年目
予選成績:ROUND2 1位通過(365点)※500点満点
前回大会:ROUND1:4位 、ROUND2:4位、ROUND3:10位

ムニムニヤエバ 左:たくさんの命 右:次郎

芸歴9年目
予選成績:ROUND3 1位通過(376点)※500点満点
前回大会:初出場

セルライトスパ 左:肥後裕之 右:大須賀健剛

芸歴8年目
予選成績:ROUND3 2位通過(373点)※500点満点
前回大会:ROUND2:11位、ROUND3:11位

吉田たち 左:こうへい 右:ゆうへい

芸歴10年目
予選成績:ROUND1 1位通過(364点)※500点満点
前回大会:First Round:4位

ミキ 左:昴生 右:亜生

芸歴9年目
予選成績:ROUND2 2位通過(359点)※500点満点
前回大会:First Round:2位 最終決戦:2位

 (出典 http://www.ytv.co.jp/manzaisp_2017/)


優勝予想はミキVSプリマ旦那

VS吉田たちか?

先ず このメンバーで現在一番
勢いがあるのはミキでしょう。


最近のコンテストでは軒並み優勝。
今や知名度は全国区になりつつあります。

兄弟コンビ独特の間合いのいい
漫才で迫力ある漫才を展開。

早くも結成9年目ですか?
ここ一番に強いコンビなので

優勝には一番近い気がします。

続くのはプリマ旦那か?
2月24日の
NHK上方漫才コンテスト
優勝候補筆頭と言われながら
ゆりあんレトリィバァ
まさかの?敗戦・・・。

正直かなりのショックを
受けたハズです。

そのショックから
立ち直っていると
いいのですが・・・。

最後に 吉田たち
このコンビも兄弟コンビ。
あの厳しいオール巨人師匠が
絶賛するコンビですから
実力は折り紙付き。

ただ このコンビも
どちらか?と言うと
賞レースには
弱い印象があります。

本当は もっと早くに
売れていなければ
いけないコンビですから。

そう考えると
「決勝戦の4分間」
明暗を分けるのですが
上記3組は
ROUND(予選)の
得点が低いんです。

ROUNDの得点では
ムニムニヤエバ
セルライトスパが高得点なんです。

この得点差を埋めることが
出来るか?

本命はミキと僕は見てますが
ROUND1位の
ムニムニヤエバとは
現在17点の差ですから
結構大きな差です。


最後にオヤジの独り言

僕は個人的には最近はミキの
漫才が面白いと感じて居ます。

正統派漫才に加えて
動きもある芸風。

そういう意味では銀シャリ
近い将来追い抜く可能性も
感じるんですよね。

ちなみにミキは兄の昴生
一度は芸人を辞めてるんですね。

でも それを引き留めたのが
弟の亜生なんです。

なんでも兄の才能に惚れていたとか。
それくらい兄を見抜く眼力は
あったと言う事ですね。

この兄弟の仲の良さが
僕は本番での強さにつながって
いるような気がするのですが。

中川家がいい見本ですから・・・。

さぁ 本番が楽しみです。

今日も 最後まで お読み頂きまして

有難う ございました。

では また 次回!!!です。







 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る