名和民夫は筒香のバットを作る職人!イチローも絶大なる信頼!

どうも
噂大好きオヤジです。

昨日 横浜ベイスターズ筒香選手
記事を書いたのですが少し
書き残した事が有りましたので
追加します・・・。

実は筒香選手イチロー選手とは
共通点はあるのを 御存知でしょうか?

その共通点とは「バットを作っている
職人さん」が同じ人なんですよね。

その人の名前は「名和民夫」さんと
言います。

まぁ情熱大陸でも名前は
出てくるとは想いますけどね。

先ずは名和民夫さんの経歴から
お届けします。

筒香もイチローも信頼する
バット職人

名和民夫(なわ・たみお)

1985年ミズノ入社。

久保田五十一を師と仰ぐ。
(久保田さんは現在は退職されて
滋賀県で お蕎麦屋さんを
経営されてます^^)

バット作りの技と心を
磨き続けるクラフトマン。

久保田さんの引退後は培ってきた経験
を礎に自ら手がけたバットを
プロ野球界に送り出し続けている。

2009年からイチロー選手の
バット製作を担当。

相当な覚悟を持って仕事を
して下さい・・・イチローの言葉

2008年にイチロー選手が
ミズノの大阪本社を訪れた際
久保田名人から

「今後は彼がイチローさんの仕事を
継ぐことになります」と

イチロー選手を紹介頂きました。

それが初めての出会いですね。

そのときイチロー選手からの
言葉が忘れられません。

「相当な覚悟を持って
 仕事をしてください」

それは今でも忘れられませんし
相当なプレッシャーでした。




帰り際に新大阪の駅のホームで
久保田名人から
「一人でプレッシャーを
背負うことはないよ。俺もサポート
していくから」と気遣ってもらい
少しは気持ちが楽になりました(笑)

イチロー選手のバット作りも
当初は久保田名人との二人三脚で。

年間100本近くのバットを
イチロー選手にお渡しするのですが
最初の頃に僕が手がけていたのは
その中の数本程度。

それから徐々にバットを作る本数を
増やしていったのですが
久保田名人から

「これはダメだ」と怒られたことは
何度もありました。

よく言われたのが

「イチロー選手が好むような雰囲気の
ある木を使え」と。

木は育った場所が違うので
一本一本違います。

この木はイチロー選手に
向いているのか? という話は
久保田名人との間でつねに
交わしていました。

バット作りで難しいのは
作り手の僕が納得しても
仕方がないということ。

やはり選手に納得いただかないと
意味がありませんから。

イチロー選手の試合を
テレビで見てバットの握り方や
握る位置などから材料に問題が
ないかなどを日々チェック。

打てないときには当然
気になりますし
打てたときはホッとしますし
それがまた次の仕事の糧に
なるんです。




ご存知のようにイチロー選手は
バットの形状を変えない方。

それを正確に再現し同じバットを
作り続けることがいかに難しいこと
なのかを僕はイチロー選手から
教わったような気がします。

イチロー選手との嬉しい
思い出といえばやはり僕の
作ったバットで数多くの
偉大な記録を達成されたこと。

職人冥利に尽きますし、
イチロー選手が仮に50歳まで
現役を続けられるのなら
その間ずっと僕が期待に応える
バットを作り続けたいと
思っています。

イチロー選手がもっと活躍して、
さらなる記録を打ち立て
られるように願います。
引用
http://corp.mizuno.com/jp/ichiro3000/craftsman.aspx

筒香もミリ単位でバットにこだわる

WBCで4番を打つ筒香選手が
打率アップにつなげるため
芯の位置をわずかに下げた
特注バットを体になじませた

こだわりの相棒のわずかに
削った芯の部分を
筒香は何度もグッと握りしめた。

隣にはイチローのバットも
手がける職人の名和民夫さん
(49=ミズノテクニクス)の姿が。

特注バットの最終確認をするため
沖縄にやってきた同氏に手応えを伝え
「今年はこれでいきます」と明言した。

1月18日に筒香は岐阜・養老の
バット工場に足を運んだ。

「工場でちょっとずつ削って頂いて
自分の体が変わってきている中で、
僕と名和さんの感覚が一致した。
すごくいい」と振り返りました。

バットは長さ33・5インチ
(85・09センチ)
重さ約880グラムで
素材のメープルは昨季と変わらない。

わずかに変化を加えたのは
打撃部だった。




手がけた名和氏は
「わずかに細くすることで
トップバランスを手前(グリップ方向)
に持ってきた。

バットを球に当てる確率を上げると
いうこと」と説明。

バットの芯の位置をミリ単位で
動かすことは

「ほとんど感覚的な部分」

だというが、それだけ緻密に
こだわる領域に筒香は立っている。

引用
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1776849-2.html

最後にオヤジの独り言

いやぁ。。。
筒香選手もイチロー選手も
やはり一流の人は道具への
こだわりも半端ないですね。
元々担当していた久保田さんの
事は知ってましたけど定年されたと
聞いてましたので 今は誰が
作っているのか?なぁと。

今は後継者と言うか弟子の名和民夫さんが
作っておられたんですね。
イチロー選手も筒香選手も
バットへの こだわりは凄い
ですから作り手も大変でしょう。

今でもバットを渡す時には
ドキドキする・・・と名和民夫さんは
言われてます。

「同じバット」を作り続ける方が
難しいらしいのです。
そりゃそうですよね。

「同じ木の部分」って
ないわけですから。
まさに名人芸。

こういう職人さんが少なく
なりましたね。
寂しい限りです・・・。

今日も 最後までお読み頂き
有難うございます。

では また 次回!!!です。

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る