大島親方(元関脇・旭天鵬)が一番初めに覚えた日本語と上達方法は?

どうも
噂大好きオヤジです。

明日の19時から
「中居正広のスポーツ!
 号外スクープ狙います!」が
 19時00分~  放送されます。

野球界の「ドン」の人達
(石井一久/岡田彰布/田尾安志/野村克也/
古田敦也/村田兆治/山田久志/山本昌 )が
もうすぐWBCの開幕と言う事で
日本の「最強メンバー」を選びます。

まぁこれは これで面白いと
思いますが僕が個人的に
注目しているのが相撲なんですよ。

・・・と言っても僕は
相撲は あんまり実は興味が
ないんです・・・。

では なぜ明日の番組には
興味があるか?

その理由なんですが。

大島親方(元・旭天鵬)
日本語の覚え方とか
日本語での失敗が面白いんです。

まぁ明日の放送で
どんな内容を大島親方が話されるか?
分かりませんが ある程度は僕も
調べることが出来ましたので
先取り?して書いておきます。

旭天鵬って どんな力士?

先ずは旭天鵬って力士を
知らない方の為に。

簡単なプロフィールを。

1992年2月
旭鷲山や旭天山らと共に来日
大島部屋に入門
大相撲史上初の
モンゴル出身力士の1人として
同年3月場所において初土俵。

相撲の経験はほとんどなく
中学時代はバスケットをしていた。

来日して半年後に稽古の厳しさや
日本の食文化などに馴染めず
共に来日した5人と部屋を脱走。

モンゴル大使館に駆け込むが
モンゴルの実家まで来た
師匠・2代大島親方に
「今に相撲はモンゴルの時代になる」
と説得されて部屋へ戻った逸話あり。




四股名 旭天鵬 勝
本名  太田 勝
愛称  テンホー    角界のレジェンド
生年月日  1974年9月13日(42歳)
出身   モンゴル国ウランバートル市
身長   191cm
体重   161kg
所属部屋 大島部屋→友綱部屋
得意技  右四つ、寄り
最高位  西関脇
生涯戦歴 927勝944敗22休(140場所)
幕内戦歴 697勝773敗15休(99場所)
優勝   幕内最高優勝1回
賞    敢闘賞7回
引退後  年寄・大島
趣味   映画鑑賞

今でこそモンゴル力士
相撲界で活躍してますけど
その先駆けとなったのが
大島親方(元関脇・旭天鵬)
なんですよね。

途中で あまりにも稽古が
厳しくて脱走されたことも
あるのですが
それと同じ位に「日本語」には
非常に苦労されたようです。

もちろん教えてくれる
モンゴル人も居ませんからね。

では どのような方法で大島親方
(元関脇・旭天鵬)は日本語を
修得していったのでしょうか?

そして初めて覚えた日本語に
爆笑なんです

なぜ日本語を短期で修得できた?

普通「外国語」を覚えようと
すると辞書とか参考書を
買って・・・と想うでしょ?




でも。

そこからして発想が違います。

来日後の3ヶ月間は
通訳が付いてくれましたが
それ以降は通訳は無し・・・。

では どうやって???

日本語習得の必殺技

①罰金制度

部屋のルールでモンゴル語を
一言しゃべるごとに罰金3000円を
徴収される。

この頃は給料も少ないですから
取られたくない一心で覚える

②歌で覚える

勉強は嫌いだけどカラオケ
大好きだった。

だからカラオケ店に通い
ほとんど辞書を使わずに
流暢な日本語を修得していった

・・・まぁ 今の日本の
外国語教育は間違ってますね。

完全に間違ってます(笑)

だって僕もそうですけど
何年 英語学んでますか?

それでいて全く話せないし
聞き取ることもできない。

要は「日常会話」が出来さえ
すれば良いわけですよね?

いかに大島親方(元関脇・旭天鵬)の
日本語習得方法が理にかなって
いるか?が良く分かりますよね?

実は この大島親方だけではなく
今回出演される把瑠都さん始め
外国力士の人は日本語が
本当に上手い・・・そこに
着眼した先生が居るんですよね。

ちょっと難しい話に
なりますが。

2000年5月30日に

「学習ストラテジー概論:
効果的な言語習得のために」

というテーマで
早稲田大学日本語研究教育
センター教授の宮崎里司
大島親方は対話形式で
授業を行っています。

その内容は
『外国人力士はなぜ日本語
がうまいのか』
(日本語学研究所2001年)という
宮崎里司の著書でも紹介されています。

これを見ても如何に大島親方とか
外国人力士が日本語が
上手いかがハッキリと分かりますね。

一番初めに覚えた日本語は???

大島親方が日本で一番初めに
覚えた日本語が本当に
笑えます。

なんだと思いますか?

普通は
「ありがとう」とか
「いただきます」とか
「おはよう」とか
・・・が普通でしょ?

でも違うんですよね。

一番初めに覚えた日本語は
「ボチボチでんな」なんです(笑)

これは もう最高に面白い。

おそらく大阪場所だったん
でしょうね。

東京で この言葉は使いません
からね・・・。

まぁ意味も分からず覚えた
のでしょう。

今だから話せる日本語の失敗

最初は,上の人に対しても
“おまえ”って言ってたんですよ。
もちろん,おかみさんに
叱られましたけど」

来日したばかりの頃は
喫茶店でコーヒーの注文も
できませんでした。

最後にレジに行くまで,
出されたコップの水だけを
飲んでいたそうです。

そしてレジに行くと
「お金はいらない」って
言われたんです。

なんて親切な人なんだろうって
思ったんです。

そりゃ、タダに決まってますよ。
何も注文しなかったんですから。

今でも思い出すと恥ずかしくなります

大島親方は笑って話します。




最後にオヤジの独り言

明日の番組は本当に楽しみですが
おそらく「野球」の時間の方が
長いのでしょうね。

相撲大好き(スージョ)と
呼ばれる相撲オタクの
山根千佳さんも出演されますが
アメトークみたいに
「相撲の知識」では明日はないので
どこまで喋れるか?ですね。

アメトークの時は
結構頑張ってましたが。

この日本語の事まで
山根千佳が喋れたら本物の
相撲オタクだと予想します。

でも 今回の日本語習得の
件は僕も勉強になりました。

明らかに 日本の教育は
間違ってますね。

だって「カラオケ」で
外国を修得しようなんて
発想もないし
そんな人は変な目で
見られますよね。

日本での苦労は絶えないと
思いますが今後も親方として
頑張って頂きたいと願います。

今日も 最後まで お読み頂きまして
有難う ございました。

では また 次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る