京都府立医大・吉川敏一学長退任へ!虚偽報告書・選考会議で解任か?

どうも
噂大好きオヤジです。

今日は珍しく?社会ネタから。

先週位から京都府立医大
大騒動になってます。

端的に言うと学長暴力団組長
親密な関係にあり本来、組長が
収監されるべき所を
学長の計らいで「収監に耐えうる
健康状態ではない・・・」との
虚偽の診断書が作成されたと。

事実関係は 学長は拒否してますが
真相は???

いったい どうなるのか?

詳細を見ていきましょう。

京都府立医大付属病院(京都市上京区)
の虚偽診断書類作成事件で
組長との交際報道などを理由に
大学の評議会から辞任の勧告を受けた
吉川敏一学長(69)が27日午前
辞任を拒否する意向を大学側に正式に
伝えることが明らかになりました。

評議会は改めて学長解任を請求し
「学長選考会議」(委員6人)で審議されるが
関係者によると解任に否定的な声は少なく
吉川学長は退任に追い込まれる可能性が高い。

虚偽の診断書を依頼した
組長は指定暴力団・山口組の
直系組織「淡海(おうみ)一家」
総長の高山義友希(よしゆき)受刑者(60)。

吉川学長と京都市の繁華街で
会食している姿がたびたび目撃。

重要事項を審議する教育研究評議会は
24日に「大学に対する府民の信頼が
大きく損なわれている」として
吉川学長に全会一致で辞任を勧告。

27日正午までの回答を求めました。

吉川学長は断固拒否!!

勧告を受けた吉川学長は24日に
報道各社に対しコメントを発表。

高山受刑者とは
「特別に親密な関係にあるわけではない」
「飲食店で偶然2度ほどあった」
・・・などと親密な関係を否定。

更に付け加えて
「私の行動が学長を辞任するに
値するほどのものか疑問を持っている」
との考えを示しました。

学長の代理人弁護士によると
改めて辞任しない考えを27日午前に
回答予定です。



評議会は吉川学長から辞任拒否の
回答が届けば、学長人事の権限を持つ
学長選考会議に解任を請求する方針
を既に決定済み。

選考会議で吉川学長は自身の見解を
述べる意向を示していますが
会議の委員からも道義的責任を
問う声が上がるのは必至。

委員の過半数が賛成すれば
解任が決議されます。

ある大学関係者は
「自ら辞職しない限り
解任に追い込まれる可能性が高い」
と指摘しています。

一方、京都府は24日
医療法に基づく外部調査委員会を設置
別病院の医師や弁護士ら3委員が
高山受刑者のカルテなどを確認する。

大学を運営する府公立大学法人
調査委を設け大学や病院の
コンプライアンス(法令順守)に
ついて調べる。

最終的な決定は府公立大学法人の
理事長が判断!

大学を運営する府公立大学法人の
長尾真理事長が解任を最終決定するが
理事長も会議の決議を尊重するとみられ
吉川学長の退任は避けられない情勢

(引用 毎日新聞より)

最後にオヤジの独り言

まぁ・・・複雑な問題ですね。
学長は一貫して否定。

しかし祇園(京都の高級飲食店が
集まる場所」で偶然に2回も会いますかね(笑)




しかも。

この組長と学長を引き合わせたのは
何と京都府警のOBと言う噂も
ありますから・・・。

京都府警は当然この件の調査には
入るでしょうけど
元「身内」が絡んでいるとなると
徹底的に調査するのか?が
疑問に思えてきます。

警察・・・と言うのは
良くも悪くもOBが幅をきかせます
からね。

僕も この病院には何回か
行ったことが有るんですが
まぁ患者さんの多いことでは
京都でも有名です。

そんな病院に今回の事件。

あくまで理事長は
潔白を主張するハズですから
今後も追い掛けていきます。

では また 次回!!!です



関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る