村田兆治(元ロッテ投手)67歳!現在の球速と超人トレーニングとは?

どうも
噂大好きオヤジです。

今日の19時から
「中居正広のスポーツ!
号外スクープ狙います!」が
放送されます。

昨日は相撲の大島親方の事を
書いたのですが 番組メインは
どうも「野球」みたいなので
話題になりそうな「野球」に
関しても先取り?して書いておきます。

まぁ中居君が司会ですからね。
どうしても「野球中心」に
なりますよね・・・。

おそらく番組の中で一番注目を
集めるのは村田兆治さんだと推測します。
僕くらいの中年のオヤジだと知ってますけど
若い人は知らないですよね?

ですから先ずは村田兆治さんの
紹介から。

村田兆治って誰?そんなにスゴイ投手なの?

出身地

広島県豊田郡本郷町(現:三原市)

生年月日

1949年11月27日(67歳)

身長体重

181 cm 78 kg

福山電波工業高校
(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)
時代からスピードガンがあれば球速は既に
153km/hをマークしていただろうと
言われてました。

県内でも屈指のピッチャーとして有名でしたが
1年上には浅野啓司(元巨人)が居て
2年生の秋からエースに。

しかし当時の広島県には
山本和行を擁する広島商
大田垣耕造のいた尾道商
1967年に夏の甲子園準優勝を果たした
広陵高など強豪がひしめく大激戦区。

1966年秋季中国大会県予選で準々決勝に
進出するものの広陵高に惜敗。

翌年夏の県予選でも敗れ高校時代は
甲子園出場の悲願は叶いませんでした。

1967年のドラフト1位で東京オリオンズに入団。
(現・千葉ロッテマリーンズ)
背番号はエースナンバーの「18」を希望するも
叶わず「29」となります。

この自ら18番を要求するとこが
村田兆治さんらしいとこですけどね^^
1971年に金田正一監督のアドバイスを
元に投球フォームを大幅に改造。

後に村田の代名詞となる「マサカリ投法」の
原型を編み出した。

同年は12勝を挙げて先発ローテーションの
一角に食い込みます。

そして1974年のロッテの日本一の際にも
大車輪の活躍を見せて日本シリーズでは
胴上げ投手になりました。

現役生活22年での通算成績は

215 勝177敗 33 セーブで
名球会入り。

村田兆治さんが居た時の
ロッテは弱くて その中でも
この成績ですから他のチームなら
確実に300勝はした・・・と
言われる凄い投手です。




村田兆治の引退後は もっと凄い!

今現在 村田兆治さんは全国の
離島を回って野球を教えています。

「離島」ばっかりですよ。

普通は やりたがらないでしょ?
正直 お金も儲からないですしね。

でも 村田兆治さんって
そういう人なんです。

誰も やりたがらない事を
誰よりも一生懸命やる。

そうじゃないと あの弱い
ロッテで ずっと野球しませんよ。

ホンマに失礼なこと書いてますが^^

当時のロッテは弱いだけではなく
人気も全くなかったですし
球場の環境も最悪でしたから。

「ロッテだけには入団したくない」って
ドラフトの時に口外した選手も居たほど。

そんな時代を生き抜いて
現役引退された後も自分に厳しいのが
村田兆治さんです。

現役を引退しておよそ20年
67歳でも毎日スポーツジムに
通っては「超人トレーニング」と呼ばれる
激しいトレーニングを行っています。

「超人トレーニング」とは?

腕立て伏せ 500回
腹筋 1000回
背筋運動 1000回

これに加えてダンベルを右手人差し指と
中指に挟むフォークボールの形に握って
上下させる
・・・それをゆっくり時間を
かけながらではなく
猛烈なスピードで
一気に行うと言うもの。

まさに超人ですね。
これを毎日ですから・・・。




なんて自分に厳しい人
なんでしょうか?

でも この厳しいトレーニングを
行っている成果は恐ろしい
くらいに出てるんです。

2013年8月30日のロッテ対日本ハム戦で始球式
 135km/hと表示(63歳)

2016年3月30日のロッテ対楽天戦で始球式
 131km/hと表示(66歳)

66歳と言えば昨年の話ですよ。
この歳で131キロとは驚異的な人。

そして。

今日の中井君の番組で
おそらく村田兆治さんは
投球をするハズです。

この時に備えて投げ込んで
来ているハズです。

そういう人なんです。
この人は・・・。

僕の予想では130キロ
出ると思いますが
果たして・・・・。

続きは 今日のテレビを
観て下さい。




最後にオヤジの独り言

村田兆治さんは もちろん
現役当時も凄かったんですが
引退後も凄いですね。

本当に自分に厳しい人。

ですけど想像しにくいですが
入団当初は「遊び人」だったとか。

毎晩飲み歩き練習しない。

そんな毎日を送って居た時に
当時のエースの人に
諭されたそうです。

お前の一流の素質が勿体ないと。

怒るわけでもなく静かに諭して
くれたとか。

そこからです。

村田さんが変わったのは。

おそらく今日の番組でも
中居君相手に投げる?と
思いますが一切この人は
手加減しません。

それが村田兆治さんの
最大の魅力なんですよ^^

今日も 最後まで お読み頂き
有難うございました。

では また 次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る