土屋愉菜(静岡県長泉中の野球部女子エース)2安打完封!ベスト4!

どうも
噂大好きオヤジです。

野球の話題が続くので興味無い人は
スルーして下さい^^

このニュースには僕も
ビックリ!しました。

中学野球で何と女子投手が
完封勝利を挙げたと。

僕は「女子野球」と想ったん
ですが違いますよ。

普通の中学の野球部です!

つまり まぁ殆ど100%は
男子なわけです・・・。

その中で女子投手が完封した。
そして この投手はエース
なんです。しかも県大会で
ベスト4進出を決めた!と。

しかもレベルの高いと
言われる静岡県ですから驚きます。

どんな投手なのか?
調べてみました。

大会史上初の女子で完封したのは?

エースの名前は土屋愉菜投手

静岡県の長泉中軟式野球部所属

小学校のころから女子野球の
ガールズトーナメントで
静岡のエースとして決勝まで進出。

実力は当時から飛びぬけていたとか。





ただ 父親の話では
「女の子だから(出来ない)・・・」と
言われて悔しかったこともあったようです。

長泉中に進学した後も投手を続け、
3年生のエースが引退する前は
背番号10の控え投手。

前エースが引退以降は
エースとなり今回の好投でした。

今回の試合では
捕手のリードに従い
丁寧にコーナーをつく投球。

最速107キロと球威は
そんなには無いのですが
内角を思い切りよく突き
外角への変化球で
打たせて取る投球を披露

結果、相手を7回僅か2安打に抑えての
完封勝利(中学は7回制)。

前日の2回戦でも4回を投げており
吉田洋一監督は継投策を予定していたが
継投を聞くと土屋は「投げます」と言い
1人で投げきりました。

エース土屋愉菜投手は
高校野球でも男子同様に出れるのか?

これは今回誰が見ても思うこと
ですよね?

まだ2年生ですから伸びしろも
充分あることでしょう。




ただし。

残念ながら土屋愉菜投手は
今のルールでは高校野球を
男子同様に出場は出来ないのです。

高野連の大会参加資格規定
次のように定められているからです。

第5条 参加選手の資格は
以下の各項に適合するものとする。

その学校に在学する男子生徒
当該都道府県高等学校野球連盟に
登録されている部員のうち
学校長が身体、学業及び人物について
選手として適当と認めたもの。

上記の通りで大会には
参加することは出来ないのです。

練習はOKなんですが・・・。
ちょっと ここは微妙ですね。

練習はOK
試合はNG・・・と言うのは。

でも確かに高校生ともなると
もっと男女の体格差は広がりますからね。

これで妥当なのかも
知れませんが・・・。

土屋愉菜投手は女子高校野球へ進むか?

ちなみに女子高校野球は
今は少ないですけど認定された
高校で硬式球を使用した
クラブ活動が行われています。

参加校は下記の通りです。

開志学園高等学校(新潟県)

作新学院高等学校(栃木県)

埼玉栄高等学校(埼玉県)

花咲徳栄高等学校(埼玉県)

叡明高等学校(埼玉県)

秀明八千代高等学校(千葉県)

駒沢学園女子高等学校(東京都)

蒲田女子高等学校(東京都)

村田女子高等学校(東京都)

横浜隼人高等学校(神奈川県)

福井工業大学附属福井高等学校(福井県)

岐阜第一高等学校(岐阜県)

至学館高等学校(愛知県)

福知山成美高等学校(京都府)

京都両洋高等学校(京都府)

京都外大西高等学校(京都府)

履正社高等学校(大阪府)

大阪体育大学浪商高等学校(大阪府)

神戸弘陵学園高等学校(兵庫県)

高知県立室戸高等学校(高知県)

折尾愛真高等学校(福岡県)

日南学園高等学校(宮崎県)

神村学園高等部(鹿児島県)

丹波連合(兵庫県)
加盟準備中の学校

札幌新陽高等学校(北海道)

広島県立佐伯高等学校(広島県)

秀岳館高等学校(熊本県)
まぁ僕の勝手な予想ですけど
土屋愉菜投手は女子高校野球へ進む
ような気がしますね。

これだけの実力が有るわけですから
やはり試合には出たいでしょう。

そうなると上記の高校なら
思い切りプレー出来ますからね。

おそらく上記の強豪校の
中にはスカウトしてくる
高校も有るハズです。

きっと何年後かには
全国でも活躍する
土屋愉菜投手が見られる
ハズです。



最後にオヤジの独り言

いやぁ ビックリしました。
今回の この完封には。

中学でも体格差は
かなり男子とは有りますからね。

男子が情けない!なんて
言わないでくださいね。

この土屋投手が凄い
だけなので・・・。

それにしても無類の
負けず嫌いだとか。

まさに投手向きの性格。

これからが楽しみな
土屋愉菜投手です。

では また 次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る