女子野球・静岡長田西中の鈴木妙英は長泉中の土屋愉菜を上回る素材

どうも
噂大好きオヤジです。

先日女子野球エース静岡・長泉中
土屋愉菜投手を紹介して
大きな反響を頂きましたが
1学年上には最速119キロで
本格派女子エースがいます。

今日は その投手を紹介します!

その女子エースの名前は
長田西中鈴木妙英(3年)。

今春から京都外大西高(京都)
へ進学し女子硬式野球
挑戦することを正式に決めました!




目指すところは
硬球で140キロ
3年後のプロ入り
侍ジャパン女子代表です。

鈴木投手の決断!!!

静岡県内の高校には女子野球部がなく
男子と一緒に野球部に入っても
高野連の規定から公式戦には出場
できません。

それは土屋投手の時に
お伝えした高野連の
ルールがあるからなんです。

でも野球は続けたい。
だからこそ県外高校の
女子硬式野球部に入ることを決意。

「マネジャーではなく思いきりプレー
して日本一の投手になりたいです」

鈴木投手はキッパリと話します。

小4で甲子園出場を思い描きました。
2011年夏に地元静岡高の選手が
聖地甲子園でで躍動する姿を見て
甲子園に憧れました。

中2の時に小学生時代の監督から
「高校では女子選手は試合に出られない」
と教えられ初めて現実を知り
ショックを受けます。

同時に女子硬式野球に興味を持ち始めます

選んだのが京都外大西高。

13年創部で15年春には
全国選抜大会優勝を飾った強豪校。

京都外大西には、
同じ静岡県の浜松ボーイズから
星川あかり(18)が進んでいます
星川は全国制覇にも貢献。

日本代表候補の星川は、
今春から女子プロ野球リーグの
レイアに所属。

京都外大西の真鍋知尚監督は
入れ替わりで入学する鈴木へ
大きな期待を寄せています。

「星川と同じくにプロや日本代表に
入れる素材。私が見た中で高校、
大学を含めても5本の指に入る
投手で中学生では初めて。
ケガをしなければ5月から使います
・・・と表明。

強豪校で1年の5月から使うとは
異例の抜擢になります。



真鍋監督がほれ込む鈴木の直球!!

県4強長泉中の土屋は
最速107キロに対して
鈴木は119キロ

この8キロの差は
女子にとっては物凄く
大きいし早く感じます。

既に硬球での練習を始めており、
真冬の2月中旬に115キロを
マークしている素材。




空気抵抗の少ない硬球は
軟球よりも球速が出ると
言われています。

鈴木妙英は「140キロを目指します」
と固く決意を述べました。

「チームに貢献して
高校で日本代表に入り
女子プロ野球に行きます」・・・と
目標も明確な鈴木妙英。

先の土屋愉菜の報道では
悔しい想いも有ったハズ。

その想いを胸に京都から
その1歩が始まります。

鈴木妙英投手。

間違いなく3年後に
プロ入りする投手です。

是非 注目して下さい!!!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る