WBC千賀投手の高校時代はスカウトも知らない無名蒲郡高校エース!

どうも
噂大好きオヤジです

昨日のWBCで一番衝撃を
与えたのはソフトバンク千賀投手
では ないのでしょうか?

千賀投手は球も早いですけど
フォークボールが半端なく落ちますね。

かつての「大魔神 佐々木投手」なみの
フォークボールを投げます。

でも。

この千賀投手は高校時代は全くの
無名選手でスカウトですら
その存在を知らなかったと
言うんですから分からないものです。

そんな千賀投手の高校時代を
調べてみました。




愛知県蒲郡高校では野球部に入るつもりが無かった

千賀投手は愛知県の蒲郡高校の出身。
ハッキリ言って野球の強い高校では
ないんです。

現に高校3年の時も予選の3回戦で敗退。

しかも千賀投手は元々高校でも
野球部に入るつもりは無かった選手。

偶然に投球練習をした時に
そのメンバーの中で一番球が
早かったのが千賀投手。

それで「お前野球部に入れよ」と
なってしまったそうです。

それでも球速は120キロ位でしたから
普通の高校生と比較しても
そんなに早いわけではないんですよね。

この時の周囲のメンバーで
千賀投手よりも早いメンバーが
居れば そもそも高校ですら
野球部には入ってなかったの
ですから・・・。

下級生の時はバックがエラーすると
露骨に嫌な顔するエースだった
そうです。

それでも上級生になると
態度に変化が出てきて
信頼も勝ち取ってきたとか。

しかしながら最後の夏の予選も
あえなく3回戦で敗退。

愛知県担当のスカウトですら
千賀投手の存在は全く
知らなかったと言いますから
驚きですね。

どこに原石が潜んでいるか
分からないものです。

確かに この当時の
ドラフトのガイドブックを
見ても千賀投手は掲載されてません。

しかしながらスカウトは独自の
ネットワークを担当地域で
持っているものなんです。

アマチュア選手の情報通として
信頼を置かれていた人物が
地元のスポーツ店の店主さん。

この店主さんが当時ソフトバンクの
スカウト部長だった小川一夫
(現二軍監督)に話を持ちかけます。

店主から『肘の使い方が柔らかい』
という評価を聞き『他に競合がいないから』
という理由だけで育成の4位で指名。

正直 球団も期待していなかった
ハズです。

しかもレベルの高い選手の
揃うソフトバンクですからね。

「まぁ 一応取っておこう」
みたいな感じだったと推測します。




千賀の素質を見抜いていた高校時代の恩師

蒲郡高校時代の恩師・金子博志氏が
言うには千賀投手は関節が非常に
柔らかいそうです。

もともと関節は柔らかかったのですが
他の選手より柔軟に時間をかけていた
とのこと。

スピードの秘密は柔軟な関節が
生み出す驚異的な『しなり』だと
恩師の金子氏は言います。

千賀投手にはエースとしての
自覚を持った「きっかけ」が
実は 有りました。

千賀投手は中学までサード。
高校入学後もピッチャー志望では
なかったんです。

同級生にピッチャー志望が何人か居て
自分はサードでと決めていたようです。

しかし私はキャッチボールでのキレの
良い球を見て千賀は投手だと確信した
んです・・・。

そこで1年の夏の予選で大量リードされて
いた場面で1イニングだけ投げさせたんです。

そこで本人の意識が変わったようです。
『マウンドは俺のものだ』という
気持ちが出てきたんです」と金子氏は
懐かしんで話します。




プロ2年目でもチーム内で「ちが」と呼ばれていた

千賀投手はプロ2年目のキャンプで
一軍に呼ばれたときもチームスタッフ
からでさえ『誰? チガ?』
言われていました」
(ソフトバンク担当記者)
・・・との逸話があるくらい
まだチーム内でも無名でした。

それでも3年目のシーズンを前にした
自主トレではフォーム改良に
積極的に取り組ます。

一昨年4月11日のロッテ戦
(ヤフオクドーム)で155キロを計測した
際に捕手を務めていた細川亨
「他の投手にはない球質を千賀は
持っている。これまで受けたこと
のない感覚なんです。

特にあの球に関しては例え ど真ん中
でも相手が誰であっても100%打たれる
ことはないと思いました」と
後に語っています。

千賀自身も今は細かなことは考えず
とにかく腕を振ることだけに
集中しています。

「ほとんどの投手は最低でも
ストライクゾーンを外角と内角
高めと低めの4つに分けて考えますが
今の僕は外角と内角のふたつだけ。
良いボールがいけば、何とかなる」

育成4位から入団して2年目まで
「ちが」と呼ばれていた選手が
語る言葉とは思えない自信です。

千賀投手は言います。
「今はどんな場面でも
投げることが楽しい。それだけです」

確かに昨日のWBCでも楽しそうに
投げてましたね。

岡田投手とは大違いでしたから^^

ちなみに岡田投手は和歌山の
智辯和歌山で甲子園でも完封して
いますから高校時代の実績なら
圧倒的に岡田投手の方が上です。

その岡田投手を尻目に
圧巻の投球内容でした。

その千賀投手が高校時代は
野球をやるつもりもなかった
・・・と聞いてビックリ。

そして もし地元のスポーツ店主の
一言が無ければ今の千賀投手は
存在しません。

残念ながら そのスポーツ店主は
お亡くなりになったそうですが
千賀投手の恩人ですね。

これからは大リーグへの
挑戦も視野に入ってくることでしょう。

WBC残りの試合も
大いに期待できる千賀投手です。

今日も最後まで お読み頂きまして
有難うございました

では また次回です!!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る