WBCで埼玉製の野球用品(ベルガード)が大リーガーにも大人気!

どうも
噂大好きオヤジです

WBC日本が大健闘ですね!
今日のキューバ戦で勝てば
ベスト4進出・・・。

キューバも強敵ですけど
先発がエース菅野投手。

やってくれると確信します。

さて。

WBCでは勝敗とか
プレーに注目が行きがち
ですけど実は今密かに野球用品
注目されているんですよね。

しかも大手のメーカーではない
僅か従業員4人の埼玉県の会社が。

この会社は
ベルガードファクトリージャパン(株)
(本社:埼玉県越谷市)と言います。

今日は この会社の話題を
お届けします。



埼玉の町工場ベルガードってどんな会社?

今朝の「ビビット」でも放送されて
ましたけど今密かに埼玉県の
従業員4人の野球用品メーカーが
世界から注目されています。

なぜ小さな町工場に注文が
殺到するのでしょうか?

今回WBC出場のドミニカ共和国
ロビンソン・カノ、
ネルソン・クルーズ両選手
(シアトル・マリナーズ所属)も
愛用しています。

ベルガードファクトリージャパン(株)
の社長である永井和人氏は同社の強みは
職人が手づくりで選手個人の要望を聞き
使い勝手を調整することが最大の強みと
言います。

要望に応じて防具表面に色々な
デザインを施すことも可能だとか。

今回の出場国では
米国・カナダ・キューバ・韓国・オランダ
の各代表選手に防具を提供すると
言いますから驚きですね。

何と韓国の防具には国旗
入れるとか・・・。

実は こうした「細やかな施工」は
大手メーカーでは出来ません。

まぁ出来ませんと言うか
「やらない」んでしょうね。
「大量生産」ですから。



大リーガーも愛用するベルガード製品 

愛用している選手の一人が
大リーグ通算12年で
2210安打・278本塁打
通算打率3割7厘の
ロビンソン・カノ選手
(ドミニカ共和国)

普通、大手メーカーは高い契約金で
選手と専属契約を結び
用具の無償提供をします。

なんで無償?と思われますか?
選手が広告塔になるんですよね^^

選手が活躍するたびに
ベルガードの文字がテレビに
映る・・・。

テレビ流れてるのは
日本だけじゃないですからね。

もの凄い「費用対効果」です。

契約金を払わなくとも選手本人が
気に入ると追加で製作依頼が来て
他の大リーガーからも依頼が来ます。

すると・・・。

マイナーリーグの選手
アマチュア選手からの注文も来る

今度は無償ではなく
有料での販売・・・と言う「流れ」ですね。



ベルガードは商品を絞り込む

ベルガードが手がける野球用品は
防具以外に
グローブとミットが中心

ここが大手メーカーとは
違うところなんですよね。

自社の得意分野に絞りこんで
丁寧な製作を心がけて
それが口コミで広がると。

実はベルガードは一度倒産を
経験してるんです。

2012年に会社が倒産。
それを現社長の永井さんが
引き継ぎ4カ月後に再スタート。

元同僚だった熟練職人も雇用
この部分が大きかったですね。

何せ手作りですから
「職人さん」が居ないと
勝負できませんからね。

ベルガードが手がける商品で
人気商品の一つが審判用防具

防具を内部に着ける審判は
物凄い汗を実はかきます

ですから審判用マスクも
顔に触れるパッド部分に
吸水布加工を施します。

ここまでキメ細やかに
対応するメーカーはないので
競合との差別化になると。

ベルガードのグローブやミットは
オーダーメイドで製作可能です。

女性に人気?のハートをあしらった
グローブやヒョウ柄などの
グローブを注文する女子選手も。

まぁ これは確かに人気に
なりますわね。

今日のキューバ戦でも
ベルガードの製品が映るかも?
プレー同様 見逃さないように
是非 見て下さい!

菊池選手のネックレスが
カッコイイと大人気!!!

こちらから 見れますよ。

 

 

今日も 最後まで お読み下さり
有難うございます。

では また 次回!!!です。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る