WBC次期監督は原辰徳で決まり?中畑清がなれない本当の理由は?

どうも
噂大好きオヤジです

昨日のWBC残念でしたね。
何か ここまで賛辞の嵐だった
菊池選手のエラーを責めるのは
どうかなぁと想いますが・・・。

試合後に早くも小久保監督が
勇退の表明。

報道で以前から伝えられて
ましたけど やはりWBCの
監督は精神的に非常にキツク
食事が喉を通らない日々が続いたとか。

こんな重責で次のWBCの監督
なんて誰がやるんでしょうね。

早くも有力候補?として
原辰徳さん
中畑清さん
・・・の名前が挙がってます。

果たして この二人からか?
それとも他の候補からか?

早速 調べてみました。


スポンサーリンク

次期監督は東京オリンピックも兼任する?

今回のWBCでベスト4の日本

しかしながら今回の出場国の
メンバーを見ても大リーガーの
多いチームが やはり勝ち残って
いますよね。

考えてみれば当然のこと。

日本で大リーガーは
青木選手ただ一人だけ。

どう見ても日本の野球と
大リーグを比較すると
大リーグの方が数段レベルは上。

そのチームに日本が勝つのは
至難の業と見ます。

そういう状況の中で果たして
WBCの監督に就きたい人が
居るのか?

・・・ところが居るんですよね。

これは表だった報道はされてませんが
中畑清さんなんですよね。

今回のWBCでも何故解説に
呼ばれないのか?と少々怒り気味
だったとか・・・。

まぁ 正直この人くらいですよ。

ある意味「男気」が有るのは。

ところが。

やはり中畑清さんは
常識的に考えれば「二番手」でしょうね。

「一番手」は やはり色んな
事情を考えると原辰徳さんです。

それには色んな「裏」の事情も
当然あるわけで・・・。

それに次期監督は東京オリンピックの
監督も兼ねる可能性が高いです。

これは今回の小久保監督も
大変な重圧だったと思いますけど
次期監督は もっと大変ですね。

WBCも当然優勝狙いですけど
東京オリンピック金メダルは
「宿命」です。

これは相当な「覚悟」がないと
務まらない人事。

それを喜んで受ける人は
中畑清さん以外では
先ず居ないでしょう。

では 色んな事情が重なり合う中で
なぜ原辰徳さんが有力なのか?


スポンサーリンク

WBC主催は読売新聞社

今回のWBCで小久保監督が
懸念されていたのは
「監督経験が無いこと」です。

小久保監督は凄く良い仕事されたと
思いますけど随所に監督経験が無い
疑問の采配も確かに有りました。

健闘したとは言え やはり前回同様
準決勝敗退ですから次期監督は
やはり「監督経験者」になるのが妥当。

そして。

もう一つ忘れてならないのがWBC
主催者が「読売新聞社」だと言う事。

ここが大きなポイントですね。

WBCの歴代監督は

2006年 王貞治さん
2009年 原辰徳さん
2013年 山本浩二さん
2017年 小久保さん

・・・と言う顔触れですね。

王さん・原さんは巨人OB
山本浩二さんは広島OBですけど
読売テレビの解説者も務めて
居ましたので読売との関係も
濃い人です。

小久保さんが選出されたのは
若さと王貞治さんの推薦が
有ったと言われています。

今回の小久保さんが選出された
のは2013年の10月ですね。

それくらいWBCの監督と言うのは
選出が困難で誰もが拒否するのは
当然なのです。

中畑清さん以外は
「やりたくないけど読売から
頼まれたら やらざるを得ない」との
流れになると推測します。

これは巨人OBとか
巨人OBの人の推薦・・・だけでは
ハッキリ言うと それだけの理由では
誰もならないですね。

正直「寿命が縮む仕事」ですから。

その仕事を引き受けるとなると
「読売新聞社」に余程の
恩義がないと引き受けないのは
当然のことです。

では 原辰徳さんが
読売新聞社から要請されると
断れない「理由」が有るの
でしょうか?


スポンサーリンク

原監督がWBC監督を引き受けざるを得ない理由とは?

ちょっと野球とは離れた話に
なりますが・・・。

原監督は結婚した後に
実は不倫問題を起こしています。

これがまた古い話なんですが
1988年の巨人の常宿だった
兵庫県芦屋市の旅館のアルバイト女性。

この時に女性は原辰徳さんの
子供を妊娠してるんですよね。

ですけど結局中絶してます。

その当時の事を詳細に
女性は日記に書き留めてます。
その日記が暴力団関係者?と
言われる二人組が入手します。

この二人組の内、一人は
事故死しています。

そしてもう一人は何と
息子が元プロ野球選手だったんですね。
(真相は定かではないですが元楽天
イーグルスの川岸投手?だと
言われています)

この川岸投手は駒澤大学出身ですが
同じく駒澤大学出身の中畑清さんと
面識が有ったそうです。

そこで男の一人(川岸投手?の父)が
中畑清さんから原監督の携帯番号を
入手して原監督と強引に面会。

そして1億円を要求
原監督も何故か?1億円を
支払います。

これが2006年の話なんです。

これで話は決着したハズ。

ところが2009年になって
再びこの問題が週刊誌に取り上げられます。

2006年の女性の日記は1億円と
引き換えに裁断されています。

しかしながら この日記の
コピーが出てきたんですね。

ここで2009年に別の男が
巨人の事務所に電話した事から
球団が原監督に事情を聞いて
全てのことが明らかになった
・・・と言う事が有ったんです。

この時に巨人軍・読売新聞社は
総力を挙げて原監督を守りました。

逆に週刊誌を名誉棄損で
訴える事態に・・・。

要はですね。

この問題は当時巨人の
現役の監督だった原辰徳さんに
とっては大スキャンダルだったん
ですよね。

もし 巨人軍・読売新聞社と言う
「後ろ盾」が無ければ
原辰徳さんは野球生命を
絶たれていた可能性が高いと
言う事なんです。

話が長くなりましたが
これが原辰徳さんが
WBC主催者である読売新聞社から
監督要請があれば断れないだろう
・・・と推測する要因です。

もちろん原監督はWBCでも
巨人でも実績を残された
有能な監督さんです。

しかしながら誰も引き受けたがらない
WBC監督の大役は読売新聞社から
すると原辰徳さんは依頼を断らない
だろう・・・との推測が有るハズ。

これが僕の次期WBC監督は
原辰徳さんだと言う根拠です。

中畑清さんも実は この事件には
絡んでますしね。
(ご本人は否定されてますが)

読売新聞社から見ると
印象は悪いですよ。

4月か5月にはWBC監督は
決まるそうです。

もう・・・おそらく
水面下では動いてるでしょうね。

早ければ来月にも
WBC原監督が誕生する
可能性が高いと見ます。

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る