片山千恵子アナ先祖は福沢諭吉!大叔父は高木守道(元中日監督)!

どうも
噂大好きオヤジです。

NHKの女子アナで大人気の
片山智恵子さんが妊娠6ヶ月を
発表しました。

夏ごろには元気な赤ちゃんが
生まれそうですね。

片山千恵子アナはNHKとは
思えない元気で明るいキャラで
人気です。

上智大学時代は「ミスソフィア」
選ばれた美貌の持ち主

そして先祖には何と あの人が・・・。

また大叔父には あの元プロ野球の
監督が居ます。

早速 見ていきましょう!


スポンサーリンク

昨年4月に大学時代の先輩と結婚

最近何かと悪い噂の絶えないNHK
ですが今日は久しぶりに明るい話題

片山千恵子アナは上智大時代の
04年度の「ミスソフィア」に選出

最近はミスコン出身がアナウンサーの
登竜門みたいになってますが
この片山千恵子アナに関しては
そういう「計算高さ」みたいなものが
全くないですね。

08年にNHK入局

始めは金沢局へ赴任しますが
12年から東京へ。

それからずっと東京勤務ですから
いかに人気と実力が有るか?
ですよね。

現在の司会としては
「所さん!大変ですよ」
「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」
・・・などを担当

まだ32歳と若いですけど
芸能界の大物相手に ひるむことなく
司会進行する姿が人気です。

特に たけしさんの番組では
たけしさんからハリセンで
叩かれると言うNHKらしからぬ
経験もあり明るく元気なキャラで
人気があるのが片山千恵子アナ。

このアナは本当に いい意味で
NHKらしくない人です。

なんか たけしさんにハリセンで
叩かれた時も嬉しそうな表情を
してましたからね。

まぁ そういう所が人気の秘密。

昨年には上智大学の先輩と
結婚されます。

こういうとこもイイですよね。

野球選手とか芸能人ではなく
大学時代の先輩で一般の方と
結婚するところが。

そして今回の妊娠発表と
なりました。

安定期に入っているとのことで
しばらく仕事は続けるそうです。

そんな片山千恵子アナですが
実は先祖に とんでもない
大物が居ます。

そして大叔父にも・・・。


スポンサーリンク

先祖は福沢諭吉!大叔父は高木守道!

あまり知られていない情報ですが
片山千恵子アナの先祖は
何と慶應義塾の創始者である
福澤諭吉です。

一万円札の人物としても有名。

片山智恵子アナは「自分が何代目かは分からないが母方の先祖です。周囲から(1万円札と見比べて)似ていると言われます」

・・・と語っています。

これは僕は凄く笑ったんですが
福沢諭吉に似ているなんて
言われる人ってもの凄く
少ない?のではないでしょうか?^^

しかも男性なら分かりますけど
女性ですからね。

まぁ この辺りが片山千恵子アナの
天然というか たけしさんとか
所さんにもイジられる一面でしょう。

ちなみにスポーツ報知では
「福沢諭吉の玄孫」と報じられてます。

デイリースポーツでは
2012年3月31日に
「福澤諭吉の子孫!NHK
片山アナ全国デビュー」
・・・と報じられました。

そして大叔父は元中日監督の
高木守道さんが居ます。

片山アナは神奈川生まれですが
お父さんは名古屋市出身の為に
片山アナも中日ドラゴンズの大ファン

まぁ大叔父が選手としても監督としても
活躍されましたからね。


スポンサーリンク

父は日本舞踊家!片山アナも師範

この片山千恵子アナは
先祖が福沢諭吉

大叔父が高木守道と
普通の家庭ではないですよね?

お父さんも実は有名な方で
名古屋西川流日本舞踊の流れをくむ
「西川流鯉水会」を継承した
日本舞踊家なんです。

本当に由緒ある「名家」の
片山千恵子アナ。

自身も2歳から日本舞踊を続けています

その関係でNHKでは
担当番組の『サキどり』で
西川流舞踊を披露したことも
あります。

また古典芸能に関係する番組に
出演する機会も多いんですよね。

僕は何回か見たこと有るんですけど
なんで この若い人を起用するのか?
と思ってましたし 知識が半端なく
あるんですよね。

それも不思議に思ってましたけど
これでスッキリ解決しました。

片山千恵子アナは高校は
玉川学園の出身です。

玉川学園はいわゆる「お嬢様」が
多く通う学校としても有名。

片山千恵子アナの趣味は
舞台鑑賞と旅行だとか。

まぁ中日ドラゴンズの観戦も
趣味なんでしょうが。

親戚の子供を可愛がる
大の子供好きです。

今年の夏に誕生する子供さんも
舞踊をするのでしょうか?

NHKでは珍しい?
華やかな家系の片山千恵子アナ

復帰はされるようですので
今度はママとして
どんなキャラを見せてくれるか?
楽しみな片山千恵子アナです。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る