三木助(泰葉が小朝のイジメで自殺したと告発)謎の光事件とは?

三木助さんの姉は「うつアドバイザー」?

どうも噂大好きオヤジです。

一昨日から泰葉さんの
爆弾告発が続いてますね。

昨日の告発では自殺した
三木助さんの原因は
小朝さんのイジメであると。

正直 ここまでの内容って
告発してイイのか?と
非常にネット上で問題視
されています。

真偽はともかく 夫婦間の
問題ではなくて人の生命に
関わる問題ですからね。

さすがに小朝さんも何かの
法的手段を取るのか?

今後の対応が注目されます。

さて。

昨日突如出てきた三木助さん。

この人は どんな落語家だった
のでしょうか?

また自殺の真相に迫ります。


スポンサーリンク

桂三木助は落語界の異端児

先ずは簡単な三木助さんの
プロフィールです。

桂三木助 (4代目)

本名 小林 盛夫

生年月日 1957年3月29日

没年月日 2001年1月3日
(満43歳没)

出身地  東京都北区

師匠   5代目柳家小さん

立教高等学校
立教大学経済学部卒業

父は落語家3代目桂三木助
甥は2代目桂三木男

三木助さんの父と5代目柳家小さんは
大親友でした。

ちなみに三木助さんの父は
三木助さんが3歳で亡くなってます。

母と2つ年上の姉が一人。

この姉が後に三木助さんの
マネージャーを務めて
今は「うつアドバイザー」としても
活動されています。

三木助さんは大学在学中に
落語家になることを決意

しかし父は亡くなっていたので
父の親友であった小さんへ
入門します。

新入り落語家は師匠宅における
家事掃除などの義務があるのですが
三木助さんは昼過ぎに師匠宅に車で
乗り付ける・・・ありさま。

まぁ この辺りは「おぼっちゃま」
ですわね。

そんな三木助さんを見ても何故か
師匠小さんも特に注意せず野放しに。

当然他の弟子たちは呆れると同時に
三木助さんとは距離を置く
ようになります。


スポンサーリンク

小朝と共に次世代ホープと期待!二人は親友? 

三木助さんは一流大学出身
寄席に外車で乗り付け
隣には女性をはべらせる
・・・という異端児。

そんな風貌に対して
「落語界のシティーボーイ」
キャッチフレーズが付いたほど。

しかし それでもテレビの世界では
非常に注目されて
小朝と共に次世代のホープ
言われました。

どちらか?と言うと
俳優やテレビリポーターとして活躍

遊び人では有りましたが
落語には真摯に向き合い
何と26人抜きで真打に昇進

ちなみに小朝さんも36人抜きの
真打昇進が話題になりました。

4代目桂三木助を襲名した後は
タレント業を行わずに落語家
としての仕事に没頭していきます。

まぁ 当然と言えば当然ですけどね^^

ただこの頃に実は三木助さんは
胃の摘出によって体力的に衰えを
自覚した・・・と語っています。

この頃から三木助さんの
体調面・精神面が変化してきた
とも言われて居るんです。

この頃から「三木助」の名に重圧を
感じ始めて うつ病にかかっていた
・・・などの憶測が流れるように。


スポンサーリンク

謎の光事件とは?自殺との関係は?

1996年に不思議な事件が
起きます。

三木助さんは大事な公演の
前々日に事故にあって
公演を中止します。

この時はマスコミが取り上げ
非常に三木助さんは注目の的に。

三木助さんは

「夜中に飼い猫の餌を買いに行った帰りにピカっと光る物体を見たとたん何かとぶつかって気を失った」

・・・と証言

それに対して周囲は

 「女性が待ち伏せして襲った」
「参加公演直前になって自信をなくして体調がおかしくなった」
「宇宙人来襲説」「狂言説」

・・・などが浮上。

この事件の時に姉の小林茂子さんは

「自動車による当て逃げの被害にあった」

・・・というのが真相と後日
語っています。

これが三木助さんの
「謎の光事件」です。

ただ これ以降は目に見えて
三木助さんの奇行が目立つように。

寄席を遅刻
無断で欠席

寄席に出ても
身だしなみにこだわらない
(元来は凄くオシャレな人です)

寄席を出てから10時間近くも
夜の街を徘徊した末に
駅でコートを脱ぎ捨て
足を腫らして病院に運び込まれる

周囲の人々に父親の年まで生きられず
に30代で亡くなるかもしれないと
言うようになる

亡くなったら仲間と再会出来ると
口にするようにもなります。

そして。

典型的なのが親友?と言われた
小朝さんとのオランダ旅行。

三木助さんが

「僕は永く生きられないから葬儀委員長をやって欲しい」・・・と小朝さんに頼みます。

その後に上記の謎の光事件
いわれる不可解な言動の後に
自殺をはかり亡くなりました。

これが2001年1月3日の出来事です。
43歳と言う若さでの自殺でしたので
当時は凄い騒ぎになったことを
僕も良く覚えています。

遺書には

「か 自分でも整理がつかないと同時に私の力のなさを痛感する」(原文そのまま)

・・・と書かれており
文字はかなり乱れていました。
冒頭の「か」の意味は今でも
不明なままです。

後日都内のホテルで林家こぶ平などの
親しかった落語家により
三木助さんを送る会
『さよなら!ミッキー』が催されました。

このとき小朝さんは

「もし生き返らせることが出来るなら、生き返らせたい」

・・・と発言しています。

この最後の小朝さんの言葉に
僕は個人的に非常に注目してます。

小朝さんが三木助さんを
本当にイジメていたら
この言葉って出るかなぁと。

もし本当にイジメていて
この言葉が出るなら泰葉さんが
言うように小朝さんの
人間性は疑われますが。

おそらく「真実」を
御存知なのは三木助さんの
お姉さんではないでしょうか?

僕が調べた限りでは
お姉さんは落語界での
お仕事もされつつ
「うつアドバイザー」
仕事もされてます。

三木助さんと小朝さんとの
関係の真偽は分からないですが
お姉さんにとっては
大事な弟さんが亡くなられたのは
事実ですし自殺という亡くなり方に
非常に心痛めたことと思われます。

それがキッカケで
今の「うつアドバイザー」
活動もされているのかな?と。

この お姉さんは先日からの
泰葉さんの言動を どう
思われているでしょうかね?

一番心を痛めておられるのは
この三木助さんの
お姉さんかも?知れません。

追記
6月2日 泰葉さん会見全容は
コチラから

泰葉さんブログ130万アクセス
ネパール人の息子?→ コチラ

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る