泰葉ブログ内容に自信!小朝に「訴えるならどうぞ」今月会見へ

今日行われた泰葉さんの
虐待撲滅コンサート。

予想通り?爆弾発言
飛び出しました。

小朝さんへの告発内容には
全く後悔していなくて
むしろスッキリしてるようです。

今回の告発に関しては
今月中に会見を開くとの事。

今までは「ネットの中」だけの
告発でしたが いよいよ
リアルな場所での告発に
なることは確実です。

これを受けても小朝さんは
果たして沈黙を続けるの
でしょうか?

早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

今月中に会見へ!最強の弁護士が付いている!

何か爆弾発言が有るのか?とは
思ってましたけどストレートに
来ましたね。

今日のコンサートでは泰葉さんの
要望により取材対応はなし。

会場に約10分遅れて泰葉さんが
到着・・・。

???

会場入りで10分遅刻?

あまりそういうタレントさんは
居ない気がしますけど。

そこからして何か異様な感じは
しますが。

泰葉さんの関係者によると。

「会見で何を語るかは まだ固まっていない」

けれども今月中に虐待に関する
説明をする予定とのこと。

日取りは「来週か再来週にも」
調整中との事です。

泰葉さんはライブ中のMCで
小朝さんにに対して

「訴えたかったらどうぞ。私にはすごい弁護団がついている」

・・・と語りました。

告発内容には「後悔はない」
とのことでスッキリした様子。

「体調も回復して(音楽活動の)
創作意欲も湧いてきた」と
笑顔も見せました。


スポンサーリンク

坂口杏里救済計画は思いつきではない!

泰葉さんはMCの中で
坂口泰葉さんの救済計画に
ついては

「思いつきでやったことではない。東スポさん、ここは書いといてください」

と何故か?東スポのみを
名指しで批判しました。

泰葉さんはブログでも
書いてましたけど別の女性を
救った経験があるとしたうえで

「私ならできると判断した」
語りました。

坂口杏里さんの所在が分かれば
「すぐに会いに行こうと思っている」
・・・と語り決意が固いことを
示しました。

この「別の女性を救った」と言うのが
「ココロ塾」の活動なんでしょうか?

会場には約20人の観客が居ましたが
その中には東スポさん始め他の
マスコミ関係者も来ていました。

・・・という事は本当に泰葉さんの
曲というか活動を見に来た人って
少ないなぁというのが失礼ながら
率直な感想です。


スポンサーリンク

会見を受けて小朝さんは逆襲するのか?

今月中に泰葉さんが
小朝さんへの告発を
含めた会見を開くことは
これで確実になりましたね。

今まではブログの中での
発信でしたから正直
会見まではしないだろうと
僕自身は予想してましたが。

泰葉さんの事務所スタッフが
報道陣に対応していますから
事務所あげての総意というか
告発になるのは間違いないです

果たして小朝さんに動きが
あるのか?どうか?ですね。

今までの「ネットの中」での
告発とは違いますから。

おそらく会見の中では
もっと凄い内容の事が
出てくると予想されます。

小朝さん自身は今現在も沈黙と
言うか完全無視の状況ですけど
今後 小朝さんの名誉に関わる
ような発言があるのは確実。

・・・となると今までのような
完全無視とは行かないかも?
知れません。

初めての告発が4月24日です。

それから未だ10日余り。

小朝さん始めとして
マスコミも殆ど沈黙を
守ってきましたけど
会見となればさすがに
マスコミも駆けつけるでしょう。

まぁ それを見込んでの
泰葉さんの「事前予告」だと
思いますが。

以前の小朝さんと泰葉さんの
離婚の時には親族一同で
揃っての会見で その時は
未だ泰葉さんも今回言われている
双極性障害を患う前でした。

しかし。

今回はブログとか今日の行動を
見て居る限りでは症状は
完治しているとは言い難いです。

その中で家族が止めないのか?

それとも止めても聞く耳を
持たないのか?

おそらく その辺りの状況も
会見の中では判明してくる
でしょうね。

4月24日の告発から圧倒的に
小朝さんを支持する声が多い
中で泰葉さんが今後どのように
虐待撲滅活動をしていくのか?

本来は そこが主旨ですからね。

小朝さんを告発することが
主旨ではないんです。

坂口杏里さんも虐待された
わけではないですから。

何か先手先手を打っている
ように見えますが実は
後手後手に回っている気も
します。

会見を開けば おそらく泰葉さんは
立場・考えを理解してもらえる
・・・と考えての会見でしょうけど
実際は逆になる気がします。

そこは小朝さんも良く理解されて
居るハズですから そこも
踏まえて どう対応されるか?
ですね。

それにしても。

離婚して こんなに長い月日を経て
揉めるケースは今までに有ったので
しょうか?

しかも「虐待」と言う
「人権」に関わる問題です。

まだまだ この問題は
長引きそうな様相ですね。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る