真矢ミキが稀勢の里の化粧まわしラオウをラ王・カップ麺と勘違い

どうも
噂大好きオヤジです。

元宝塚の女優・真矢ミキさん。
平日朝のTBS系
「白熱ライブ ビビット」で
国分太一さんと司会で活躍中です

凄く綺麗な方なんですけど
時おり「天然」が炸裂する
ことがあります

それも また真矢ミキさんの
魅力なんですが^^

昨日も信じられない可愛い
天然が炸裂しました。

早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

稀勢の里の化粧まわし「ラオウ」を「ラ王・カップ麺」と思い込んでいた

昨日のビビットの冒頭で
国分太一さんが この話を
したんですが正直爆笑でした。

真矢ミキさんらしいなぁと。

今回 稀勢の里の化粧まわしが
非常に注目を浴びてますね。

まぁ女性の方は「北斗の拳」って
マンガは余り知らないのは
正直なとこだとは思いますが。

国分太一さんが

真矢さんはこのラオウのことを、ずっとカップラーメンだと思っていた」

・・・と暴露。

すると真矢ミキさんは

男性陣はラオウとか役名で呼ぶから・・『北斗の拳』は有名で知ってますよ」

と苦笑でした。

まぁ確かに「ラオウ」と「ラ王」ですからね。

間違うのも仕方ない部分は
ありますけど こういう所が
真矢ミキさんの人気の秘密でしょう。

確かに化粧まわしと言うのは
個人とか企業が贈呈することが
殆どで中には自分の商品を
前面に出した まわしの着用を
願い出るもことも過去には
有りましたからね。

これを機に本当に「ラ王」の
まわしを企業側が検討するかも?
知れないですね。

何せ今の稀勢の里の人気ぶりは
凄いの一言ですから。


スポンサーリンク

稀勢の里は敢えて「ラオウ」を選択した! 

稀勢の里の化粧まわしは
史上初めての漫画キャラクター
を採用することになります。

新しい化粧まわしは
5月場所の土俵入りで披露の予定

人気漫画「北斗の拳」は

長兄・ラオウ
次兄・トキ
三男・ジャギ
末弟・ケンシロウ
・・・の四人を総称して
「北斗四兄弟」と呼びます。

この中で今回化粧まわしで
採用されたのが三男ジャギ以外の
3人になります。

長兄・ラオウは稀勢の里

次兄・トキは松鳳山(露払い)

末弟・ケンシロウは高安(太刀持ち)

この化粧まわしで土俵入りする
ことになりました。

本来は稀勢の里は一番強い?と
言われるケンシロウのまわしが
予想されましたが意外にも
ラオウを選択。

その理由を稀勢の里らしい
コメントで語っています。

化粧まわしを選ぶ際に自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。
孤独で強いってイメージがありますし。存在感があるし体もすごい力士であればこういう姿になりたいなって思いました。先代の親方(鳴戸親方)からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました。

ラオウの化粧まわしは着けているだけで見えない力が湧いてくるような化粧まわしですので生で見てほしいなと思います。すごくこだわって作ってもらっているのでぜひ巡業でも本場所でも足を運んで見に来てほしいです。素晴らしいキャラクターたちに恥じぬよう気持ちで負けないようにしたいと思います。とても注目されると思うし自分が一番楽しみにしています。

・・・・と実直な稀勢の里らしいコメント。

弟弟子で可愛がり期待する高安に
敢えてケンシロウのまわし
付けさせた?とも言われています。

その真意は分かりませんが
「孤独に稽古に打ち込む姿勢」
ファンの共感を呼んでいるのは
間違いない稀勢の里です。

僕が気になったのは
ここでも現親方の田子の浦さんの
名前が一切でてこなかったこと。

先日の稽古総見の欠席の連絡ミスで
またまた稀勢の里と田子の浦親方との
間に「ミゾ」が出来たのは確実ですね。

二人の確執の原因は こちら


スポンサーリンク

北斗の拳三兄弟の化粧まわし値段は?

今回の北斗の拳の化粧まわしは
3本共にタニマチである
コアミックスからの贈呈に
なります。

このコアミックスは
元週刊ジャンプ編集長と
北斗の拳の作画担当の
原哲夫さんが設立した会社

お相撲さんの場合は
やはりタニマチの存在は
大きいですね。

化粧まわしは一般的には
1本で200万前後の値段と
言われています。

過去には若乃花が着けた
化粧まわしは京都西陣織の
人間国宝さんが手作り
されたので2000万を超えた
・・・とも言われてますが
これは非常に稀なケース。

それでも今回のコアミックスさんは
3本で約1000万位の予算では
ないか?と推測されています。

確かに高いと言えば高いかも?
知れないですけど今まで
お相撲とマンガは結び付かない
イメージもありましたし
これを機に北斗の拳を
知らない(真矢ミキさんのように)
人にも知ってもらえる機会と
思えば費用対効果としては
充分有り得るものでしょう。

いずれにしても稀勢の里は
先場所で負傷の上での
感動的な逆転優勝。

今場所の体調も万全ではないと
思いますが この化粧まわしで
一層頑張ってもらいたいですね。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る