泰葉会見(6月2日)の次は「タレント活動休止」宣言!音楽と裁判に専念?

アメブロを休止している
泰葉さんが何故か今日の朝に
アメブロ更新しました。

何か?と思って見てみると
本日をもってタレント活動を
休止する・・・と。

なんか 良く分からない部分が
有るのですが早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

終わったハズのアメブロを更新 

今日の泰葉さんのアメブロを
そのまま引用します。

タレント活動休止のお知らせ

2017年06月06日(火)

09時07分23秒NEW !

テーマ:ブログ

私、泰葉は本日、2017年6月6日をもちまして

タレント活動に終止符を打つことになりました

本業である音楽を

生業とし

歌手、作詞家、作曲家

プロデューサー

経営者として

邁進いたします

1981年9月21日

シンガーソングライターとして

デビューし

フライディテャイナタウンが

現在も愛され

続けています

音楽家として厳しい訓練を受け

芸大受験

桐朋音大入学と

基礎を学びました

2007年離婚後は

タレントとしてたくさんの

オファーをいただきました

私、泰葉は

六歳の六月六日より

ピアノ、三味線、日舞、バレエ

英語、長唄、等

数々のお稽古事を始めました

古典芸能の世界では

この日にお稽古を始めると

縁起がいいとされ

ジンクスになっています

本日、50年前の

この日を思い出し

芸道に精進することを

誓います

父の意思を継ぎ

芸道を極めます

これからの

ご支援を

暑くお願い申し上げます

yasuha

泰葉

そして

海老名泰葉

泰葉公式ホームページ

http://yasuha.online/

会見での歌唱が

評価され

smile 緊急配信決定!

後日発表!

・・・このような内容ですね。


スポンサーリンク

音楽と裁判に専念するのか? 

元々 泰葉さんは歌手として
芸能界でデビュー

フライデーチャイナタウンの
デビュー曲が大ヒットして
その後 タレント活動も
並行してされていました。

昨年は昼の「バイキング」にも
出演されていたのは記憶に
新しいところです。

今日のブログでは
そういうタレント活動は一切
今後はしない・・・と。

生業である歌手・作詞家・作曲家
プロデューサー・経営者として
今後は活動していくと
いうことが書かれています。

まぁアメブロの中では
書かれてないですが今後は
裁判の準備やシェルターの
準備も出てくるでしょうから
その辺りも考慮しての
タレント活動休止と言うこと
なのかも?知れません。

ただし。

今日のタレント活動休止を
何故に卒業したアメブロで
書かれたのか?

そこは不思議な感は有ります。

発信媒体はアメブロから
メルマガに移行されたハズで
現にメルマガも2回発信されて
いますからね。

・・・と考えると これはあくまでも
推測の域を出ませんがメルマガの
読者が思ったほどは集まっていない
・・・可能性もあります。

泰葉さんのメルマガは月間880円で
週に1回の配信です。

比較されるのが「ホリエモン」さんの
メルマガが月500円で
高い!と言う意見も
有りますけど それは今後の
内容次第でしょうね。

アメブロの最後に

会見での歌唱が評価され smile 緊急配信決定!

・・・と書かれてますが
この辺りも不可思議な感は
あります。

歌唱を評価する人が
会見に集まっていたという
情報は今のところ無いですから。


スポンサーリンク

裁判の一番の敵は世間の冷めた目か?

先日の泰葉さんの会見には
マスコミは確かに60社くらい
駆けつけたようです。

ただ問題は駆けつけたマスコミは
「放映ありき」で駆けつけたか?
どうか?と言う点ですね。

「放映ありき」で駆けつけたならば
今週からのワイドショーで
早くも放映されているハズです。

先日も書いた通りで関西地方では
「せやねん」と言う番組で
放映されました。

実際に「せやねん」のレポーター
(アナウンサー)が会見場まで
取材に行っての放映でした。

ただ・・・。

今週になって放映している
番組は無し。

話題になっている「アッコにおまかせ」
取材クルーも泰葉さんは招待しているん
ですよね。

ですけど姿を見せた・・・と言う
ことは聞かないですし
実際に番組でも完全スルーの状態。

それは小朝さんも同様です。

今回提訴される予定の
和田アキコさん
小朝さんは 完全沈黙を守る
ことでしょう。

そうなるとマスコミは報道も
しなくなりますよね。

このパターンが一番泰葉さん
サイドとしては恐れている
事態ではないか?と。

確かに告発以来 泰葉さんの
言動は注目を浴びています。

ただ実際に小朝さんを提訴するのは
早くても「夏以降」とのことですし
和田アキコさんに至っては
提訴の時期さえ確定していません。

提訴するには時間が掛かるのは
事実ですが その時間が掛かれば
掛かるほど世間の注目度は
下降していきます。

要は冷めていくわけですよね。

最強と言われる弁護士の姿も
まだ見えないですし
会見を見る限り本当に泰葉さん
サイドのスタッフが一枚岩に
なっているのか?と言う疑問も
マスコミで ささやかれています。

一度 消えかけている火を
再び興すのは大変なことです。

最近では色んな弁護士さんが
20年前の虐待を証明するのは
極めて困難であるとの見解が
殆どを占めています。

その中でも会見で泰葉さんは
「手の内は見せない」と言いきり
自信を示していました。

その自信が消えないうちに
提訴するのが泰葉さんサイドと
しては理想的なんでしょうけど。

6月2日の会見から今日で
4日目ですか?

なんか早くも勢いが鈍ってきている
感じがするのですが今後の
泰葉さんの言動に注目したいものです。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る