義家弘介にがっかり!便宜を「びんせん」!出自を「でじ」と読む元教師

元ヤンキー先生で今は
国会議員で活躍?されている
義家弘介さん。

最近は加計問題で度々
テレビにも出てきますよね?

この人は「ヤンキー母校に帰る」
などで超有名だった熱血教師でした。

僕も当時の義家さんの
ドラマ見ましたけど感動的な
ドラマでしたからね。

ただ 今はどうでしょうか?

完全なる「ツマラナイ政治家」に
なってしまいましたね。

こんな姿を期待して有権者は
政治家に選んだのではないと
想いますが・・・。

まぁ政治の話は置いてといても
この義家さんは元教師とは
思えない?ほど漢字に弱い

そして。

教師時代や教師になる前の
塾講師時代には「教え子」に
手を出す・・・と言う
一番やってはいけない
「禁断の恋」の噂の数々。

本人は否定してますが
否定できないほどに
色んな噂が有る人です。

早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

波乱万丈の義家弘介さんの人生 

先ずは簡単な義家弘介さんの
プロフィールを。

1971年3月31日

長野県長野市生まれ

1987年

長野東高等学校2年生の時に
暴力事件を起こし中退
両親と絶縁・・・。

児童相談所を経て
里親に預けられます。

1988年4月

北海道余市郡余市町の
北星学園余市高等学校第2年次編入学

この高校が有名な「ヤンキー母校に
帰る」の高校ですね。

1990年3月

北星学園余市高等学校卒業

4月 明治学院大学法学部
法律学科推薦入学

1995年3月

明治学院大学法学部法律学科卒業

11月には学習塾(株)れんせい
(練成会グループ)小樽練成会へ就職

1999年4月

母校・北星学園余市高等学校の教師に

2001年9月

大麻事件で大量逮捕者を出し
学校存続の危機に陥る

2005年 3月31日

同校を退職

4月1日

横浜市教育委員会教育委員に就任

2006年

6月 安倍晋三からの要請を受諾
第21回参議院議員通常選挙に
比例区で自由民主党から出馬

7月29日 第21回参議院議員通常選挙で
約22万3千票獲得し党内10位で初当選

・・・と波乱万丈の人生ですね。

まだ46歳と お若いですけど
僕的には やはり北星余市高校の
時の印象が強いですね。

あの時は高校が活気に溢れていて
全国から問題ある生徒を受け入れて
ましたが今は廃校に直面して
いるとか・・・。

でも 存続危機の時には
義家さんは実は退職してたんですよね。


スポンサーリンク

漢字が読めない?元教師の義家さん

義家さんは最近の国会での
厳しい追求にタジタジなのも
正直ヤンキー先生を知る者と
しては寂しいですが
漢字が読めないのを見ると
もっと寂しくなります。

例えば。

(中略)自己の職務の遂行の ビン、ビンセン(便宜)のためにのみ利用し・・・

・・・と聞いていた周りはサッパリ
意味が理解できず。

良く良く聞くと(見ると)

「便宜(べんぎ)」を
「びんせん」と読んでいる^^

そして。

義家副大臣は以前も国会で

「世界各地にデジ(出自)を持つ様々な民族が含まれている」

・・・と「出自」(しゅつじ)を
「デジ」と読む始末。

まぁ漢字は難しいですから
間違いは当然ありますよ。

ただ この義家さんは
元教師ですからね。

これくらいの漢字は
読んでもらわないと
追求されて情けない姿が
余計に情けなく映りますから。

義家さんは「ヤンキー先生」と
もてはやされてきたはずですが
さっそくネット上では

「教師びんせん物語」

などと別の意味で炎上直前!
になってます。

これも何か見て居て哀れですよね。


スポンサーリンク

禁断の恋?教え子との噂は尽きず  

義家さんは「ヤンキー母校に帰る」の
ドラマでは凄い人気が有りましたけど
一方では良からぬ噂も沢山。

それが「教え子との恋」です。

北星余市の教師になる前の
塾講師をしていた頃には
教え子の中学生や卒業生と
交際しているという話が絶えず・・・。

母校の北星余市高校関係者の元に
女子中学生を連れ頻繁に訪れています。

この訪れる意味が良く理解できないん
ですよね。

なんか教え子との交際を
公に見せびらかすというか。

これだけなら未だしも何と
教え子の母親との関係も浮上します。

たまらずに塾長から事情聴取され
時期外れの1998年冬に小樽から
室蘭へ異動となります。

義家さんは交際について、
いずれも「事実無根」と述べてます。

まぁ人気者になれば「出る杭は打たれる」
もので色んな批判も出てくるもの
ではありますが余りにも多いために
塾長も正直「飛ばした」のが事実とか。

そして。

結局は高校を中退した自分の教え子
結婚します。

結局「教え子に手を出していた」
・・・のではないか?と
思われても当然の行動です。

本人は退学してから交際開始した
・・・と主張してますが。

まぁ信じがたいですね。

義家さんが文部科学副大臣に
就任していたのもビックリしました
けど やはり過去の波乱万丈の
人生の中でも本当の事を言わない
部分があって それが今の
国会での発言に現れてきている?
・・・のではと見られています。

まぁ 一時はヤンキー先生として
正義感溢れる人でしたから
是非とも国会でも正義感溢れる
議員として活躍してほしいと
願います。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る