豊田真由子辞職しろ!「ハゲ」の暴言が薄毛に悩む人から非難殺到!

豊田真由子議員への批判は
今日も当然止むことはなく
殆どの局のワイドショーが
トップで報道しています。

報道によると豊田真由子議員は
「体調不良」で入院したとか。

数日前まで あれだけ暴言暴行を
働いていた人が そんなに急に
体調不良になるのでしょうか?

不思議な人ですね・・・。

何でも「心因性の体調不良」とか。

それと同じ症状に今まで
100人以上の人が泣いてきたん
ですけどね。

今日のニュースでも問題に
なってましたが豊田真由子議員は
「魔の二期生」と呼ばれる
問題ばかり起こす安倍チルドレンの
一人です。

問題の二期生とは → こちらから

本人としては病院に雲隠れして
ほとぼりが冷めたら出てきて
コッソリ復帰と言う計画でしょうね

どうも今のところは
議員辞職の考えはなさそうな
気配です。

ところが。

思わぬところから「議員辞職」を
強く強く強く求める声が
挙がっています。

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

早稲田大学で豊田真由子議員の暴言が大問題に! 

豊田真由子議員の暴言暴行は
本当に何度聞いてもヒドイ
ものですが聞く人によっては
その暴言内容で人格が傷ついて
いる・・・方も居ます。

それが「薄毛」に悩む人です。

豊田真由美議員の暴言

「この、ハゲェーーーーーーっ!」

この暴言が繰り返し放送される度に
薄毛に悩む男性・女性が精神的に
傷ついているんです。

正直 僕はそこまで気づいて
いなかったのですが確かに
この暴言は人を傷つける言葉。

その言葉に傷ついた薄毛の学生が
集まる早稲田大学の非公認サークルが
豊田議員の「ハゲ」発言に対する
抗議声明を遂にツイッターで発表。

豊田真由子議員の暴言は
思わぬ形で波紋を広げています。

元々この記事を発信したのは
ご存知の通りで「週刊新潮」です。

週刊新潮のウェブ版には元秘書が
録音した音声データの一部が
公開されています。

その音声データは聞き飽きましたが
豊田議員の声で

「この、ハゲェーーーーーーっ!ちーがーうだろぉーーーー!」

・・・と絶叫する音声が
ハッキリと聞こえます。

この音声は週刊新潮のウェブ版
だけでなくワイドショーや
ニュース番組でも
繰り返し放送されています。

これにウンザリしているのが
薄毛に悩む男性・女性の方です。

ツイッターやネットでもこの「ハゲ」
発言が何度も取り上げられる
ことに対しては

「昨日から豊田真由子の『このハゲ~ッ!』という罵声を昼となく夜となくテレビから浴びせられてアタマにきてる!もういい加減報道を止めてくれないか?」

「TVから『このハゲ~!』と聞こえてくると、何だかなぁ。 後頭部薄くなってきたし…」

「ハゲ~!をテレビで連呼されると少し傷つく」

「テレビから『このハゲーーーーー!!!!!』って聞こえてくるようになった。
ビクッ!!!!!てするからやめて」

・・・と言った声が
相次いで上がっています。

そりゃそうですよね。

誰でもコンプレックスってあるもので
それが毎日毎日何回も自分の耳に
入ってくるようだと嫌気が差します。

この早稲田大学の学生さんも
未だ年齢は当然若いハズです。

若いが故に傷ついておられるのが
本音でしょう。

まさか豊田真由子議員から
すると このような方から
批判を浴びるとは思っていなかった
でしょうが。

それくらい今回の暴言は
重い・・・と言えます。


スポンサーリンク

「豊田真由子議員の発言に対する抗議声明」をツイッターで公開

この早稲田大学の学生さんの
批判を知った時には正直僕も
そこまで思わなくても・・・と
思ったのは事実です。

ただし今回の暴言に関して
早稲田大学の学生さんは
本気で抗議文を出しました。

早稲田大学の非公認サークルの
「早大増門会」は22日に
「豊田真由子議員の発言に
対する抗議声明」

・・・と題した文書を
ツイッターで公開しました。

実は このサークルは設立は
昨年の2016年4月と歴史は浅い
のですが現在では22人の
現役大学生が所属されてます。

通常は「育毛研究や発毛研究・
ハゲの人権回復運動」

・・・などの活動をされていて
本当に真面目に薄毛に取り組んで
おられるサークルなんです。

今回の声明に関してサークルの
代表者は

「全国の薄毛や抜け毛に悩む、いわゆるハゲと呼ばれる方々の実情と心証を全く無視した発言であり、彼らは深い悲しみと憤りを憶えたに違いありません。これはある種のヘイトスピーチであり、
豊田真由子衆院議員は国民の代表たる政治家としての資質に著しく欠如していると言わざるを得ません」

・・・と猛抗議。

そして

(1)豊田議員の謝罪と発言の撤回、議員辞職
(2)各政党における再発防止策の徹底
(3)薄毛への差別徹底などのための早急な法整備

・・・の3点を要求しています。

今回の声明文に関しては

政治家という身分の者が差別的発言を行なったという事態の重要性を確認しましたので
何かしらの意思表示を会として行うべきと一致した次第です

・・・と説明しています。

豊田真由子議員の「このハゲ」という
発言を耳にした時には

「率直に言って驚きました。私たちもハゲと罵倒されることはよくありますし、慣れていますが、
あそこまでの絶叫は見たことがありません。ハゲを侮辱していることへの怒りが湧いてきたのは、その後でした」

「今回と同じようなケースは皆様の日常生活にも潜んでいます。軽いノリで言った発言が、相手を傷つけているかもしれません。今回のことを他人事と思わず、ご自身の生活を振り返る良い機会として貰いたいです」

・・・とも呼び掛けています。


スポンサーリンク

 「はげます会」からも非難殺到!!!

今回の暴言に怒っているのは
早稲田大学の学生さんだけでは
ないのです。

頭髪の薄い男性が集まる
青森県鶴田町に
「ツル多はげます会」と言う
団体が有ります。

この団体は結構有名で僕も
知ってましたが当然この団体も
怒りの声を挙げてます。

この団体は

「禿げの光は 平和の光 暗い世の中 明るく照らす」

・・・をモットーに「ハゲ頭」を
ネタにした町おこし活動を行っていて
全国から視察団が来るほどの
活動をされています。

「はげます会」幹事長の
成田晃生幹事長(81)は
豊田真由子議員の事を

「その程度の人間だということです」

・・・とバッサリ。

20代前半から頭髪が薄く
なってきたという成田さんは

「ちょっとあの発言は酷いですよね。私はもう高齢なので、そこまで怒りの感情は湧きませんが、
もし若い頃に言われていたら『何だコノヤロー』とかなり憤っていたと思います。
今はハゲ頭をネタにできるようになったのですが、何だかんだ言って薄毛は大きなコンプレックスでしたから」

・・・と話します。

そして

「あのような言葉を発するということは、その程度の人間だということです。いくら学識がある国会議員といっても、それは変わりません。皆さんもあまり気にしないで欲しいですね」

・・・とも話されていました。

 

少し話が変わりますが。

今日の報道で豊田真由子議員と
中学高校大学で同級生だった女性が
その人柄を証言していたのですが

一番思い出に残っているのは
修学旅行での自由時間の時に
グループから外れて
男性とデートするのはイイものの
豊田議員は格好イイ男性には
積極的にアプローチしつつ
格好悪い?男性は同級生に
押し付けてきた・・・とか。

まぁ 今回の暴言の下地は
充分に学生時代から
あったと言う事ですね。

人の痛みとか
いたわりとか言う言葉すら
知らない豊田真由子議員の
学生時代の逸話です。

豊田真由子議員が園遊会で
大暴れ? → こちらから

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る