藤井聡太モンテッソーリ教育で29連勝!塾に通わず国立中学合格!

藤井聡太四段が昨日も勝って
遂にデビュー以来29連勝の快挙

今これほど日本中で脚光を浴びる人は
居ないのでは?と思われます。

なんでも今日の各新聞の殆どは
一面で昨日の快挙を報じたとか。

未だ藤井聡太さんは14歳の
中学生ですからね。

もちろん将棋界も注目されているの
ですが併せて注目されているのが
藤井聡太さんが どのような教育を
受けてきたのか?ということ。

今現在 藤井聡太さんは愛知県の
中高一貫の国立中学に通っています。

そして今の藤井聡太さんの基礎を
作ったと言われているのが実は
幼稚園での教育なんですよね。

早速 見ていきましょう。


スポンサーリンク

幼稚園で受けたモンテッソーリ教育とは?

昨日に最多連勝記録「29」を
達成した藤井聡太四段

その勝ち星と共に称賛されるのが
並外れた集中力です。

昨日の対局でも終盤までは
劣勢を伝えられてましたからね。

それに少し風邪気味か?
体調面も悪そうでしたから。

藤井四段と戦った相手が口にするのは

「集中力が続く時間が長い」

・・・と言う事。

将棋と言うのは物凄い体力も
消耗するらしくて対局が
終わると体重が3キロくらい
減るんですよね。

それくらい集中力が必要なものです

他のプロ棋士が唸る並外れた集中力
は一体どこから来ているのでしょう?

その答えは実は藤井聡太さんが
3歳のときに入園した
雪の聖母幼稚園(愛知県瀬戸市)に
有ります。

この園では子供の感性や自発性を
尊重する「モンテッソーリ教育」
いちはやく取り入れた幼稚園。

モンテッソーリ教育の特徴を
簡単に言うと皆で同じことを
やるのではなくて自分が好きなことを
自分で選んで納得するまで
やり続けることに特徴が有ります。

例えば。

藤井聡太さんが3歳から夢中に
なったのが画用紙を編んで作る
「ハートバッグ」という袋。

母の裕子さんは

「毎日、何個も作ってくるんですよ。すごくうれしそうでした。100個くらいは持って帰ってきたと思います」

・・・と振り返ります。


スポンサーリンク

モンテッソーリ教育で輩出された偉人

モンテッソーリ教育は
イタリアの教育家で医師だった
マリア・モンテッソーリ氏
(1870~1952年)が
提唱して始めた教育法と言われてます。

0歳から6歳の期間を感覚や運動
言語などを身につける重要な時期と
位置付けて独自の教材や子どもの
発達段階に合わせた作業を通じ
特に自主性・協調性を養う教育法

欧米では多くの実践例があり
日本でも取り入れる幼稚園が
近年では増えてきています。

子どもは自分から「やりたい」という
意欲が有れば何度も繰り返して
黙々と何時間も集中します。

確かに そうですよね?

子供の「興味あること」に対する
集中力は大人顔負けですから。

この教育法に藤井さんの両親が
興味を持たれて雪の聖母幼稚園に
入園されたのが今の藤井さんの
原点になっているのは
間違いないですね。

4歳の時には立体迷路のスイスの
木製おもちゃ「キュボロ」に熱中
(今は売り切れが続いてます)

そして5歳からは将棋に夢中に
なり今に至ると言う事です。

このモンテッソーリ教育は
日本では まだまだ知名度は
低いですよね?

ただ今回の藤井聡太さんの
活躍によって非常に注目されて
取り入れる幼稚園が増えることは
予想されます。

藤井聡太さんにとって幸運だったのは
通える範囲にモンテッソーリ教育を
実践している幼稚園が存在していた
こともありますね。

この事に関しては母親の裕子さんも
「幸運でした」と答えられてます。

モンテッソーリ教育を受けた
子どもたちを追跡調査した
滋賀大学の相良教授によると

「あの集中力と直感力。追い詰められたときでも状況を見渡し、臨機応変に対応する力。調査した子どもたちと共通する特徴が多いですね」

・・・と語っています。

まさに昨日の終盤なんかは
驚異的な反撃でしたからね。

実はモンテッソーリ教育を
受けた人の中からは

米マイクロソフトの
創業者ビル・ゲイツ氏

アマゾンの創設者
ジェフ・ベゾス氏ら発想の
ユニークな人々が生まれて
世界で活躍しています。

これも教育熱心と言われる
日本でも余り知られていない
ことですよね。

お受験ばかりに目が行く
日本の教育の弊害とも
言えるかも?知れません。


スポンサーリンク

塾に通わずに国立中学に合格!高等部に行かない?

今現在 藤井聡太さんは
名古屋大学教育学部付属中学
に通っています。

この学校自体は国立なんですが
受験をして中等部に進学すると
余程のことが無い限り
高等部に進学することは
可能です。

国立大の付属としては
そのまま高等部へ進学できるのは
全国でも珍しいケースです。

因みに こちらの中学校の
偏差値は66と難関中学

普通は学習塾に通って合格
・・・と言う生徒が殆どの中で
藤井聡太さんは全くの
独学で勉強して合格しています。

何でも授業で先生が次に何を喋るか?
までが分かるそうですから
相当な学力と予想します。

将棋と勉強の両立が大変との
余計な?心配もある中で
藤井聡太さんは休み時間中に
宿題を片づけてしまうとか。

また藤井さんらしい逸話として
「なぜ授業で理解できるのに
わざわざ宿題を出す意味が
有るのですか?」と先生に
質問したらしいです。

その先生も困ったようですが
最後には納得したらしく その場は
引きさがったとか^^

ですから藤井聡太さんは
自分で納得すればトコトン
やるタイプですね。

今の中学を選択したのも
両親の勧めではなくて
高校受験の必要がないので
その分 将棋に集中できる
・・・のが理由とか。

その明確な理由があったからこそ
難関中学にも独学で合格
したんでしょうね。

最近の報道によると当然高等部に
進学すると見られていた藤井聡太さん
ですが ここに来て高等部へは
進学せずに将棋に専念する?とも
言われ始めています。

それに対しては ご両親は
反対されているとか。

まぁ 一旦決めたら頑固な
ところが有る藤井聡太さんの
事ですから高等部に進まない
可能性も有り得ますね。

単に強いだけではなく
人間としても勝って奢ることの
全くない藤井聡太さん。

恐ろしい14歳が出てきたものです。

藤井聡太さんの記事は下の
関連記事から どうぞ!!!

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る