松居一代を尾行する犯人が判明?息子も船越英一郎を応援!

先日からブログにアクセス殺到
している松居一代さん

今ではアメーバブログの
「女性タレント部門」第一位に。

まるで泰葉さんのブログと
入れ替わるように急上昇中

ブログで一番衝撃なのは

・誰かに尾行されている
・大物タレントを法的手段

・・・この二つですね。

大物タレントと言うのは
おそらく上沼恵美子さんで
間違いはないと思われますが
依然として不明なのは
「尾行しているのは誰か?」
言う事ですね。

一説によると週刊誌とも
言われていますが
おそらく その可能性は低いとも
言われています。

では 一体尾行しているのは
誰なのか?

早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

松居一代さんの気になるブログ 実は兆候が有った! 

松居一代さんのブログが急に
騒がれ始めたのは先週からですが
実は 兆候は以前から
有ったんですよね。

そのブログを見ていきましょう。

松居一代さんのブログを
そのまま引用します。

 

船越家の真実をお伝えしましょう

2017-06-13

12:50:00

テーマ: 緊急報告

週刊誌でポルシェを
夫に買ってもらった

なんて噂が

ながれましたが。。。

とんでーも、ないよ

自分で買っていますよ

当然でしょう

あたし、

おねだり大嫌いだからね (笑)

一昨日、このブログ書いたら

ヤフーニュースに

昨日、この記事が上がったので

ビックリしたよ・・

別に・・

ニュースになるような

ことでもないけどね (笑)

思い起こせば

昨年のあたしの59歳の誕生日

(2016年6月25日)

自分の誕生日に → 自分からの

プレゼントとして

ポルシェを購入

ところが・・・

いつの間にやら

おねだりして

夫に

買ってもらった

…って・・・

捻じ曲げられて

報道されたのよ

値段も22,834,534円なのに

18,000,000円と報道されたから

浜田山のポルシェ様・・・

気の毒に悲しんでいたのよ

えーんえーんえーん

補足しておくと・・・

支払いは全額現金です

あたしは現金主義です

ちなみに。。家も土地も

すべて現金ですよ

財産もすべて現金です

そのわけは、

法定相続人が相続税の際に

困らないためです

事実とあまりにも違う報道に

そりゃ・・あたしも悲しかったよ

でも じっと・・・

シクシク泣いて

黙って耐えていたの・・・

どうしてか????

それは・・・大切な夫が

「黙っていなさい」って

あたしに強く言ったからですよ

大切な夫よ 家族よ

だから。。。

あたしは夫の言いつけを守って

じっと黙っていました

でも・・・

もう 止めた!!

止めま〜す

嘘は嘘

真実は真実として

伝えるべきだからです

ヤフーニュースに

上がったので

ここは、もっと正直に

お話しておきましょう

結婚して17年間

夫に

着物一枚・指輪一個も

買ってもらったことは

ありません

だって、

収入が全然違うからです

買ってもらう必要が無いんですよ

あたし・・・自分で全部買えますから

夫の時計までも買ってきましたよ

お話をしているように

夫からは

生活費として毎月50万円を頂戴しています

後の夫の収入は、すべて夫の小遣い

おこずかい 3万円 なんて大嘘報道

通帳も管理なんかしてません

仕事に口出しもしませんよ

これが船越家の

真実です

あたしは

日頃から

嘘はつかないって公言

しています

どんな時も、胸を張っていきることを

ポリシーにしています

今月であたしは

お蔭さんで還暦ですよ

いよいよ 60歳 !!!

人生はこれからですよ

60女は

嘘ついちゃダメなんです

絶対に!!!!

これをもって

真実のご報告とします

証拠として

浜田山ポルシェ様の

見積表も

つけておきます

ちなみに。。

ポルシェ浜田山様ですが

大変 親切でしたよ

また、担当の

池上様は最高の営業マンです

嘘が無く、誠実で最高ですよ

ポルシェを買われる方には

お勧めします

 

逢えない友達への業務連絡

では・・・これからも見守ってね

みんながいてくれるおかげで

あたし・・・前に進めるからね

頼りにしているね

毎日 本当にありがとうね

ありがとうございま~す

・・・このような内容ですね。


スポンサーリンク

尾行している犯人は誰?本当は居ない? 

上記のブログは6月13日分ですね。

松居一代さんが騒がれる前の
ブログになるのですが
明らかにオカシイ兆候が出て居ます。

明らかに夫である船越英一郎さんの
事を挑発的に書いてますね。

それは・・・大切な夫が「黙っていなさい」ってあたしに強く言ったからですよ

(中略)

だって、収入が全然違うからです

(中略)

夫からは生活費として毎月50万円を頂戴しています

後の夫の収入は、すべて夫の小遣い。おこずかい 3万円 なんて大嘘報道

この辺りですね。

先ずは夫の船越英一郎さんと
松居一代さんとでは
「収入」が違いすぎる・・と。

だから何も買ってもらった
ことは無い(買ってもらう
つもりも無い)

船越英一郎さんは毎月50万
家庭に入れるけれども
残りは全て自分の小遣いに
している・・・と。

そして今まで この真実を
言わなかったのは
船越さんが「黙ってなさい」との
指示が有ったからだと言うこと
ですよね。

僕個人的には この部分を
読んでいて明らかに他の人の
ブログが思い浮かびました。

そうです・・。

泰葉さんですね
泰葉さんの全てが分かるブログ

泰葉さんも和田アキ子さんを
告訴するとの事でしたが
事の発端は元の夫である
小朝さんの告発から全ては
始まりました。

結局は全て取り下げて
意味不明なまま終わりましたが。

その泰葉さんの雰囲気に
そっくりなんですよね。

松居一代さんは自身のことを
「私は病気ではない!」
仰っていますが この文面
あるいは最近のブログを見ると
誰が見てもオカシイです。

「3日間ブログアップしなければ 通報して下さい」

・・・なんて事は普通では
有り得ない事ですから。

・・・と言う事は「1年5ヶ月間に
亘り尾行しているのは誰」と言う
ことなんですが これも
松居一代さんが書かれている事に
どうしても信ぴょう性が無いとも
言われ始めています。


スポンサーリンク

総合失調症の被害妄想が原因か? 

松居一代さんは1年5ヶ月前から
誰かに尾行されていると
言われてますが一部の
報道によると確かに
その時期には週刊誌に
追い掛けられていた事は
事実のようです。

あるスポーツ記者は次の
ように語っています。

1年5カ月前といえば、ちょうど『女性セブン』(小学館)が、松居の夫・船越英一郎が離婚を決意したと報じた時期。

記事化にあたっては、当然松居の身辺を取材していたことでしょうから、この時期から松居さんは、同誌に対して敵対心を抱くようになったとみられます。

今回のブログも、ほぼ間違いなく同誌への宣戦布告と見ていいでしょう。しかし結局、夫婦が離婚することはなく、『セブン』も大々的な報道や取材をストップしているんです。

現在、松居さんを“尾行”しているのは、ほかの週刊誌であるとも考えられますが、それにしても
1年以上ずっと張り続けるということはあり得ない。結局のところ『本人の考えすぎ』という可能性が一番高いと思われますが・・・

・・・と言う事ですね。

ここからは僕の個人的な推測ですが
松居一代さんが誰かに尾行されている
と言うのは「ある時期」は確かに
あったのでしょうね。

それが「離婚が噂された1年5ヶ月前」
には有ったと推測します。

ただ その時期を過ぎると
おそらくマスコミも退散した
ハズです。

週刊誌は長期間の取材は嫌うと
聞いたことがあります。

それは当然の事ですよね?

毎週毎週が「勝負」の中で
悠長な長期間の勝負は
避けるのが賢明でしょう。

松居一代さんの記憶の中には
おそらく この時の
被害妄想が残っている
可能性が高いのでは?と
言われていて僕個人的にも
その可能性が一番高いと
予想します。

・・・と言う事は今現在は
「誰にも尾行されていない」
のが真実ではないかと。

考えてみれば当然のことで
本当に尾行されているならば
ブログで書くわけがないですし
「自殺を ほのめかす」のも
オカシイですしね。

泰葉さんも精神的な病に
侵されていることは自身でも
言われてましたが やはり
松居一代さんも その可能性が
高いと思うのが妥当では
ないのでしょうか?

泰葉さんの時も言われてましたが
「もっと自分の事を ちゃんと
見て欲しい」と言う「想い」は
精神バランスが崩れると強く
なるそうです。

松居一代さんも やはり
今は別居している船越英一郎さんに
未だ「想い」は有るのでは
ないのでしょうか?

ただ 船越さんは依然として
沈黙を守る。

そして。

一番 実は心を痛めている?と
言われているのが息子さんも
船越さん側に付いているとも
言われています。

ちなみに この息子さんは
船越さんと松居さんの息子さん
ではなくて前夫との子供さんで
既に社会人として働いています。

その社会的に大人になられた
息子さんも実の母親である
松居一代さんではなくて
船越英一郎さんの側に付く。

・・・と言う事は松居一代さんは
孤立無援と言うことに
なりますね。

ここも泰葉さんと非常に
似て居ます。

船越英一郎さん
息子さん

あるいは提訴された?
上沼恵美子さん

この方たちは おそらく
泰葉さんの時と同様に
沈黙するでしょう。

ただ それと反比例するかの
ごとく松居一代さんの
ブログは過激になっていく
可能性を秘めています。

松居一代さんの記事は
下の関連記事から どうぞ。

 

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る