船越英一郎の裁判証人は息子か?松居一代は孤立無援の戦い!

昨日の夕方から報道されている
通りで既に船越英一郎さんは
松居一代さんとの離婚調停の
手続きを弁護士に一任して
進めているようです。

それにしても。

昨日からの松居さん船越さんの
過熱報道は凄いですね。

まぁ これはある意味において
松居さんの計算通りかな?とは
思えますが。

先日 中尾彬さんが松居さんの
事を聞かれて
「彼女は寂しいんだよ。最近
スポットライトが当たってない
からね・・・」との事を話されて
ましたが まさにその通り。

愛した夫も息子も家から
出ていき寂しさが急に襲って
きたのも今回の騒動の一因と
見られています。

そして。

今回報道されている通りで
離婚に向けて調停に入っていく
わけですが おそらく揉めるのは
必至です。

調停では済まずに裁判まで行くことは
容易に想像できます。

実は松居一代さんと船越英一郎さんに
離婚を勧めたのは息子さんなんです

これを知った時に僕個人的には
一番息子さんが「大人」だと
思えました。

息子さんが二人に言い放った
言葉とは?

早速見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

息子は船越さんの味方?松居一代は孤独

ご存知のように松居一代さんは
再婚ですが船越さんは初婚です。

松居一代さんの前夫は
衣服メーカーの社長で
PERSON’S(パーソンズ)の創業者
岩崎隆弥さんです。

PERSON’S(パーソンズ)と
聞くと有名なメーカーですよね。

この岩崎さんと松居さんとの
間に生まれてきた息子さんが
隆一さんなんです。

岩崎さんとの離婚原因は
岩崎さんの浮気です。

松居さんは岩崎隆弥さんの
借金の連帯保証人になっていました
ので2億円の借金を背負います。

離婚後は親権を松居さんが
持ち隆一さんと暮らします。

松居さんが船越さんと結婚する
前から隆一さんは船越さんに
懐いていていました。

入籍した時には

「今日からパパって呼んでいいの?」

・・・と船越さんに聞いて
船越さんは涙したとか。

イイ話ですね。
この辺りまでは・・・。

なぜ こんなイイ家族が
バラバラになっていくの
でしょうか?

息子の隆一さんも現在は
28歳になり社会人と
して働いています。

社会人として隆一さんが
スタートする時には
松居さんがブログで母親と
しての想いを綴っています。

我が家は4月1日、大きなスタートがございました。お蔭様で息子が社会人になったのです。
スーツに身を包んで出かける息子を船越と二人で見送りました。後ろ姿を眺めていると胸がいっぱいになり、涙が止まりませんでした

・・・この辺りまでは
ご夫婦の関係も良好だった
のがブログからも伺えますね。

その息子さんですが今現在は
松居さんと暮らしていた家を
出られて一人で
生活しているようです。

要するに母親である松居さんに
対して「嫌悪感を抱いた」のが
理由なんです。

実は隆一さんは生まれた時から
重いアトピーを患い松居さんが
日本だけではなく中国までも
治療を求めて奔走されてました。

ですから隆一さんも
その松居さんの「恩」は
充分に感じながらも
「嫌悪感」を抱くくらいですから
松居さんへの不信感で一杯
だったのでしょう。

母と子の二人で生活してきて
本来なら固い絆で結ばれている
二人が何故そんな関係に
なってしまったのか?

それには松居さんの隠された
素性が有ったからなんです。


スポンサーリンク

松居さんの前夫の死から夫婦関係が悪化? 

松居一代さんと船越英一郎さんが
結婚したのは2001年です。

船越さんは隆一さんに
実の息子のような愛情溢れる
父親として接して母親の
松居一代さんよりも慕われる
親子関係を築きます。

実は 隆一さんは受験に
失敗しているのですが
その時も船越さんは全力でサポート。

就職活動の時期は多忙な仕事の合間に
希望する企業を調べて応援

そのサポートも有って隆一さんは
見事に第一志望の企業に就職。

その時には船越さんは
号泣して喜んだそうです。

当然 その船越さんの想いは
隆一さんにも届いていたハズ。

父子の絆が固く結ばれていたのは
当然ですよね。

そんな順調な家族に
ある転機が訪れます。

それが2016年4月。

隆一さんの実父であり
松居さんの前夫である岩崎隆弥
さんが他界します。

岩崎隆弥さんの連帯保証人として
1億7500万円の負債を負い
17年かけてコツコツ返済した
松居さんは離婚後も岩崎隆弥さんの
返済に苦しめられたのですから
当然 快くは思えないですよね?

ただ。

この岩崎隆弥さんの死が
家族崩壊の原因では?と
言われているんです。


スポンサーリンク

前夫の死で本性を現した松居一代さん?  

実は亡くなられた岩崎隆弥には
内縁の妻がいるんですが
松居一代さんは頑なに

「喪主は息子に」

・・・と強く主張します。

遺産も全て息子が引き継ぐべき

・・・と強硬に主張します。

もちろん苦労させられた
松居一代さんの気持ちは
誰しもが理解できます。

岩崎隆弥の会社は松居さんの
尽力もあって健全な会社として
再建されていましたから。

ただし。

息子である隆一さんは
その松居さんの姿勢に
嫌悪感を抱きます。

なぜなら父・岩崎隆弥さんが
亡くなって直ぐにお金の話をする
母の姿を見て隆一さんは
一気に松居さんに対する信頼
を無くしていきます。

岩崎隆弥さんの死後しばらく
経ってから隆一さんは
船越さんに告げます。

「お母さんから離れた方がいいんじゃないか」

「離婚した方がいいよ」

・・・と。

この隆一さんの言葉には
船越さんも絶句します。

そして隆一さんは船越さんに

お母さんを こうしたのは お父さんの責任もある!!!

・・・言われて松居さんを支えきれ
なかった自分を責めたとか。

ここから一気に船越家が
動き始めます。

松居さんに嫌悪感を抱いた
隆一さんは家を出ていきます。

隆一さんが独立するまでは
離婚に積極的でなかった
船越さんでしたが
隆一さんに背中を押されるように
松居さんとの夫婦生活を続ける
意義に疑問を持ち愛情も
薄れていきます。

そして船越さんは遂に

「1年以内には離婚届に判を押す」

・・・という約束を松居さんと
交わしています。

一気に話を進めるのでなく
距離を取って双方が
いい形で卒婚できれば・・・と
言うのが船越さんなりの
松居さんへの配慮だったんですね。

ですから全ては息子である
隆一さんの配慮が有ったと
言う事です。

このままでは松居さんと
船越さんの関係は悪化する
ばかりだと言う事は
一番近くで見て居たハズですから。

ただ船越さんが提案した約束を
松居さんが果たす気配は一向になし。

ここまでが昨年の話です。

そして今年の4月になり
船越さんはMCを務めるNHKの
『ごごナマ』が始まって多忙を極めます。

一方の松居さんはマスコミへの
露出は以前ほど声が掛からなくなり
ストレスや鬱憤から精神状態が
不安定になっていきます。

そして4月19日に とんでもない
出来事が起きるんです。

船越さんのもとに松居さんから
弱々しい声で

『今から死ぬ』

・・・と電話があったんです。
しかも船越さんと息子さん宛の
遺書も書かれていたんです。

船越さんは必死で探し回ります。
夜も寝ないで必死に探します。

連絡がついたのは翌日。

どこにいるのか聞いても

『1億円渡さないと死ぬ』
『あなたのイメージを壊すことを世間に話す』

・・・という脅しの言葉を
船越さんに対して松居さんは
口にしたんです。

その一方では松居さんはブログを
いつも通りに更新し船越さんを
呆れさせます。

その直後に またまた松居さんから

『私は睡眠薬を大量に持っている』

・・・と自殺をほのめかす連絡が
船越さんに入ります。

「ごごナマ」が入り多忙と心労が
重なっていた船越さんは実は
この時に倒れているんです。

これは今回初めて公になった事
ですけどね・・・。

それにも関わらず松居さんは
平然として自宅に帰ってきたとか。

船越さんも これ以上は無理だと考え
弁護士を立てた離婚調停に踏み切った
・・・というのが今回の経緯です。

まぁ 船越さんの弁護士は

「二人の夫婦関係は完全に破綻しています。離婚について2年ほど前から話し合ってきましたが
6月28日、代理人の私から彼女に対して離婚調停申し立てを行ないました。まもなく彼女の元に『調停申立書』が届くはずです」

・・・と言われてますから
本来は届いているハズですが
なんせ松居さんは消息不明ですから
その書類が今はどうなっているのか?
が不明ですね・・・。

おそらく。

船越さんは息子さんの一言に
後押しされて離婚に向けて
一年後で良いからと言う
緩い条件で走りだした。

この時には松居さんも同意していた?
のではないかと思われます。

ただ色んな事が進むに従い
まだ気持ち的に船越さんに
未練がある松居さんは納得できず
あらゆる手段・方法を使い
今現在は「離婚したくない」一心で
姿をくらませている・・・。

これが事実ではないでしょうか?

まぁ色んな情報を聞くなかでの
あくまでも想像でしかないですけど。

ただ松居さんはYouTubeの中で

「私はウソが嫌いです」

・・・とハッキリと明言しています。

・・・自分が何も恥じる事が
ないのであれば堂々と出てきて
離婚調停の中で話せば良いの
では?と考えます。

いずれにしても今の状態だと
スンナリと調停で終わらない
でしょうね。

裁判まで行くのは必至の状況

それを一番心痛めて見て居るのは
二人の息子さんであることを
忘れずに話し合って欲しいですね。

松居一代さんの記事は
下の関連記事から どうぞ!!!

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る