船越英一郎ごごナマ9月で降板?番組タイトル言い間違え疲労限界?

連日報道される松居一代さんと
船越英一郎さんの過熱報道

今日も朝から各ワイドショーは
台風の話題と同様に
この話題で持ちきりでしたね。

おそらく昼以降の番組でも
取り上げられるのは間違いないです。

そんな中で先ほど松居一代さんが
ブログを更新しているのですが
またまた その内容がビックリの
内容です。

なんでも新規作成したツイッターに
入れない・・・事態になっていて 
それは元々松居さんの
事務所に居た社員が船越さんの
指示を受けて行っている・・・と
言う内容です。

まぁ 益々ドロ沼化していく
この問題ですが気になるのは
やはり船越英一郎さんが毎日
出演しているNKKの「ごごナマ」
MCの件ですね。

今のところは先日NHK会長も
事態を静観するような発言を
していましたが後で書きますけど
松居一代さんは最高裁まで争うと
意気込んでいて一歩も引かない構え。

おそらく この問題は数年掛かると
予想されます。

今は静観しているNHKですが何せ
受信料で成り立っている特殊な
放送局ですから もし騒動が
大きくなって船越さんが不利になれば
容赦なく切り捨てる可能性は大。

それでは今日の松居一代さんの
ブログから早速見てみましょう!!!


スポンサーリンク

元・松居さんの社員が船越さんと手を組んでいる?

今日の松居一代さんの
ブログそのまま引用します。

私は、嘘はつきません事件が。

NEW!2017-07-07

09:15:56

テーマ: 事件だ

夕べ・・・
三日ぶりに湯につかりました

銭湯に行ったんです
そうしたら、

裸のあたしに、裸の女子達が

「頑張ってくださいよ!」
「負けないでね!」ってエールをくださったの

ありがたいね
本当に、ありがたいよ

昨日の、ブログ

「私、松居一代は命をかけて戦います」

いいね 6787名
コメント 973名

合計 7760名

家族のみんなからの激励
本当に本当にありがたい
ありがとうございます
ただただ、感謝です

あたしは嘘を

ついていません
これからも、

絶対につきません
だから、正々堂々と戦います

バイアグラ男、
船越英一郎は
嘘を
ついています

糖尿病です
2015年 ヘモクロビン、A1C 9、3

バイアグラ飲んでいます
もう、かなり心臓が悲鳴を上げています

不倫相手は
私の友、妻の友達です
彼女は人妻です
不倫をして2年半です

すべて、

本当です
私は、

絶対に嘘は

つきません
日本中、世界中の皆さんに
約束します

あたしは、
SNSの時代に
生きていることを
ただただ、
感謝しています

発言する場所があるんです
メッセージを
伝えるツールがあるんです

でも、でも、
恐ろしいことが起こりました

新人ツイッター
7月5になりました
皆さんに、
メッセージが伝えられました

ところがです

その夜のこと
でした

大変なことが
起きたんです

それは
事件です

実は
メッセージが書き込めなかったのです

な、な、なんと
自分の
ツイッターに
入れなかったんです

信じられない
ような
恐ろしい事件が起きていたんです

さすがに、
焦りました
あまりの
恐ろしさに、
あたしも
震えました

あたしの、
Gメール・アドレスを
作ったのは
バイアグラ男の付き人です

30年以上、バイアグラ男に
命を掛けて、
世話いる付き人です

元、弊社の社員です

あたしの
アドレスは
事故を防止するために、
かなり、

ややこしいものでした

怖いですね
恐ろしいですよ

しかし
なにをされても
あたしは、

命をかけて

戦います

嘘は絶対に
つきません

・・・このような内容ですね。

まぁ これもどこまでが
真実か?は もはや周囲の
人間には理解不可能です。

本当に若しかすると
その付き人さんが船越さんに
指示されて動いているかも?
知れないですし
若しかすると単なる松居さんの
単純なミス?でツイッターが
機能していない可能性も
ありますから。


スポンサーリンク

船越さんの謝罪と不貞行為を認めることを要求 

松居一代さんは取材に対しては
船越さんに対して

「未練はまったくない」

・・・と話しています。

これも少し疑問に思えるん
ですよね。

未練がないなら早く離婚に
応じた方がエエのでは?と
想うのですが。

松居さんが船越さんに要求して
いるのは

・自分の非を認めての謝罪
・ハワイ在住の既婚女性(成田美和さん?)
 との不貞行為を認める

この二つを認めるまでは
離婚に応じるつもりは
一切ないです。

ですから始まる前から言うのも
なんですが「調停」では無理ですね。

松居一代さん自身も調停を見越して
最高裁まで争う姿勢を示していますから

「命を懸けて、最高裁まで争います。船越が『申し訳なかった』と頭を下げるまで、ガッツでまいります。私は絶対にうそをつきません。すべてを公開してまいります」

・・・と言うのが松居一代さんの
言い分ですから これはもう
誰も止められないでしょう。

さすがに最高裁まで行くかどうか?
は分からないですがトコトン
争うでしょうね。

そこで問題になってくるのが
船越さんのテレビ出演です。

もちろん民放の出演も
厳しくなるでしょうけど
先ず問題になるのはNHKの
「ごごナマ」ですね。

なんせMCで毎日出てますから。

今のところは船越さんが
所属するホリプロからは
特にコメントは有りません。

ただ関係者によると
松居さんが動画で主張している
船越さんのノートなどは存在せず

「そんな自分に都合が悪いことを書き留めるわけはないですよ」

・・・と船越さんは否定して
いるとのこと。

またホリプロは

「一部に言われているような船越のプライベートに関しては事実ではないことを、この場をお借りして一言申し上げます」

・・・と不倫については完全否定

一連の騒動を受けてNHKの
上田良一会長は定例会見にて
船越英一郎さんと松居一代さんの
騒動については

「コメントできるような知識も、立場にもない」

・・・と いつもながら他人事の
ような発言でした。

このNHKの体制は今に始まったこと
ではないですけどハッキリしませんね。

そして判を押したように

「出演者のプライベートに関わることはお答えしていない」

・・・と聞き飽きた説明。

当然 視聴者から

「事実関係はどうなんだ?」
と言う声は多数寄せられていると
認めたものの

「やめろ!!!という声は あまりないと聞いている」

・・・と受信料を取っている
とは思えない発言に終始。

まぁ 今の段階では発言は難しいで
しょうけど問題は今後ですよね。

そしてNHKも この騒動に
関わらず安閑としていられない
事情も実は有るんです。


スポンサーリンク

「ごごナマ」をライバル番組「ゴゴスマ」と言い間違える

「ごごナマ」は今年の4月から
スタートしたばかりの
新番組ですが評判は極めて
よくないんです。

平日午後1時から3時の激戦区で
視聴率も2%台で低迷。

「ごごナマ」は1995年から
22年間も続いた人気番組の
「スタジオパークからこんにちは」
を終えてまで始めた新番組なんです。

MCは船越英一郎さんと美保純さん

この二人の やり取りも
面白くないとの評判です。

まぁ二人ともに役者さん
ですからね。

ただし この時間帯は各局ともに
非常に強くて

日本テレビ「情報ライブミヤネ屋」
TBS「ゴゴスマ」
フジテレビ「グッディ!」

・・・といった人気番組が
激しい視聴率争いしています。

宮根さんなんかはハッキリと
視聴率の事を言ってますからね。

「ごごナマ」の平均視聴率は2%台
一方の民放各局は5~8%台と
ハッキリと差は既に出て居ます。

一番問題視されているのは
視聴率が悪いのにも関わらず
出演者・NHK役員・スタッフに
危機感が全くないことだと
言われています。

一説によると船越さんは
出演者の立ち位置を示す
「テープ」を指さして

「このテープは5年もつらしい。つまりこの番組『5年はやりなさいよ』ということらしい」

と語ったとか?

まぁ この船越さんの発言が
本当か?どうか?は不明ですが
民放の関係者は

「どんな番組でも視聴率が悪ければ打ち切られる。しかし『ごごナマ』にはその緊張感がないということ」

・・・と「もはや敵でもない」との
意見だとか。

それでもNHKの木田放送総局長は

「もっと様子を見ないとわからない」

急いで何かしようという気はない。いろいろな試みや失敗を恐れず試していってほしい。新しいことはそうしないと生まれてこない」

・・・とNHK独特の
「ぬるま湯」的な発言

4月18日のタイトルコールでは
船越さんが何と

「ゴゴスマ」

・・・とライバル番組名を
言ってしまう迷走ぶり。

やはり この時期から松居さんの
件で揉めて疲れてたんですかね?

最近も視聴者からは
「船越さん元気ない」
「スタジオパークに戻して」

・・・との声が多いとか。

当然NHKの番組は出演者を
数年前から「身辺調査」
するものです。

その中で当然 船越さんと
松居さんの件は把握していた
ハズですが。

まぁ この「ごごナマ」が
始まるまで松居一代さんは
準備万端で待っていたとの
話もありますが それも
あながちウソとは思えないほどの
ドロ沼様相になってきました。

果たして船越さんは
今回の騒動を抱えてMCを
継続することが出来るので
しょうか?

松居一代さんの記事は
下の関連記事から どうぞ

今日も 最後まで
お読み頂きまして有難う
ございました。

では また次回!!!です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る