甲子園優勝候補の秀岳館に厚い壁!横浜と初戦で激突!

先ほど高校野球の甲子園組み合わせが
決まりましたね。

毎年そうですけど一回戦で
もったいない組み合わせが必ず
有るものです。

今年も やはり有りましたね。

いきなり優勝候補同士
秀岳館横浜が初戦で激突

これには抽選会場も大きく
湧きかえりました。

注目の開幕試合は
滋賀の彦根東と長崎の波佐見との
公立校同士の戦いになりました。

早速見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

組み合わせ決定!!!

先ほど決まった組み合わせの
一覧です。

(引用元 朝日新聞)
少し見づらくてスイマセン。

開幕は7日からですが
選手宣誓は北北海道の滝川西の
主将・堀田将人君が務めます。

昨夏覇者の作新学院(栃木)は
第2日に選抜ベスト8の盛岡大付(岩手)
・・・と対戦。

この作新学院対盛岡大付属も
好カードになりました。

春夏連覇を狙う大阪桐蔭
第4日に米子松蔭(鳥取)と対戦します。


スポンサーリンク

優勝を大きく左右する?秀岳館と横浜の対決

いきなり初戦で対戦する
秀岳館と横浜。

この一戦が大きく優勝を左右する
可能性もあるほど優勝候補同士の
一戦になりました。

秀岳館は何と言ってもWエースの
左腕・田浦君と川端君の投手陣は
全国でも屈指。

どちらが先発しても完投能力の
ある投手陣ですから勝ち進むほど
有利になる布陣と言えます。

熊本大会でも先制される試合は
ありましたが終わってみれば
苦戦もなく危なげなく甲子園へ。

打線も強力で守備は毎年堅いですから
攻守にスキが無い完成されたチーム。

ここ最近はベスト4の壁に泣いて
いますから今年の目標は
全国制覇しか有りません。

熊本大会終盤には鍛治舎監督
病気で欠きながらも優勝した
実力は今大会でもトップと見ます。

対する横浜も個人的には2番目に
挙げて居た優勝候補です。

ですから個人的には優勝候補の
ナンバー1とナンバー2の対戦と
なりましたね。

横浜のカギは下級生が臆することなく
活躍するか?どうか?

エースは2年生左腕・板川君です。

173cmで69キロと決して大きくは
ない投手ですが横浜の歴代の
左腕の好投手に負けない逸材。

県大会では27回投げて三振17と
圧倒する球威はないですが
制球よく打たせて取るタイプ。

注目は昨年度U15代表だった
及川君です。

当然 まだ1年生の左腕投手。

県大会では6イニングだけの
投球でしたが失点は0

同じく1年生の黒須君
堂々の投球内容でした。

塩原君・奥村君の両3年生投手が
控えますが先発は板川君が
濃厚と見ます。

横浜高校は予想先発メンバーの内
3年生は僅か3人だけ。

それだけに若さがプラスに
出れば勝算もあります。

4番のプロ注目打者の増田君
始めとした打線が秀岳館の
田浦君または川端君を打ち崩す
ことが出来るか?が勝敗を
分けそうです。


スポンサーリンク

他にも好カードがズラリ

この他にも好カードがズラリ。

前述した通りで
作新学院と盛岡大付属も
屈指の好カード。

2連覇を狙う作新学院と
選抜8強で夏は全国制覇も
狙える戦力に仕上げてきた
盛岡大付属。

作新学院のエース大関君
いかに盛岡大付属のプロ注目の
植田君を始めとした強力打線を
抑えるか?

他には広陵中京大中京
伝統校同士の対戦

前橋育英山梨学院
前評判の高いチーム同士です。

大阪桐蔭は初戦は米子松陰と
対戦が決まりました。

大阪大会で やや精彩を欠いた
エース徳山君を始めとした
投手陣に激戦の大阪大会の
疲れが取れているか?
懸念されるところです。

もし。

大阪桐蔭は初戦を突破すれば
次は興南智辯和歌山の勝者と
対戦が決まっています。

興南は全国制覇した時以来の
実力ある選手が揃う今大会でも
伏兵的な存在。

対する智辯和歌山は最近では
甲子園では余り勝てて居ない
だけに是非とも復活の足掛かりに
したいところ。

興南が勝っても智辯和歌山が
勝っても大阪桐蔭には難敵に
なることは間違いありません。

・・・とは言え昨年の決勝戦の
カードが作新学院と北海になった
ように甲子園で強くなるチームが
毎年有ります。

今年も前評判では挙がっていない
高校が勝ち進む可能性も秘めて居ます。

今年の99回目の夏の甲子園を
制するのは どこの高校か?

熱戦を期待します。

高校野球が大好きな方は
コチラ へ どうぞ!!!
(高校野球ブログへ ご案内します)

今日も 最後まで
お読み頂きまして
有難ございました。

では また次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る