甲子園勝敗予想2017!高校野球一回戦を勝ち抜くのは?

本来明日から開催予定だった
高校野球甲子園大会2017は
台風の為に明日は延期となりました。

まぁ 残念ですけどイイ状態で
球児にはプレーして欲しいですからね。

高野連の早めの好判断だと思われます。

さて。

一回戦から優勝候補秀岳館
横浜が激突するなど今大会も
優勝は混戦状態ですが
先ずは一回戦の大会3日目までの
予想をしてみました。

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

開幕試合は公立勢同士!彦根東が僅差で勝利?

先ずは大会初日の予想です。
予定では8月8日の予定ですが
台風の影響で若しかすると
9日以降に順延の可能性も
あります。

先ずは彦根東と波佐見の
試合予想からです。

赤字勝利予想高校です。

大会第1日目

第1試合 彦根東(滋賀)-波佐見(長崎)

公立勢同士の一戦と言うのは近年では
甲子園でも本当に少なくなりましたね。

滋賀代表の彦根東は滋賀県でも
有数の進学校です。

かつては選抜の21世紀枠にも
選出された文武両道の高校。

今年は選抜で活躍して本命視された
滋賀学園を破り決勝でも滋賀を
近年リードし続ける近江も破り
甲子園へ出場を決めました。

春季大会も県大会で優勝しており
そういう意味では第一シードの
貫禄勝ち。

彦根東のエースは主将の松井君ですが
先発は左腕の増居君と見ます。

増居君は滋賀学園・近江戦と
「ここ一番」の試合には必ず先発して
まだ2年生ながら好投。

さほど球威は有りませんが
打たせて取るスタイルで大崩れは
ありません。

この試合のポイントは彦根東の
増居君と波佐見打線になります。

波佐見高校はチーム打率.371と
公立ながら力強い打線で長崎を
制しました。

特に長崎決勝では選抜優勝経験のある
清峰を延長で下す粘りのある波佐見。

彦根東は春季近畿大会でも
センバツ優勝の大阪桐蔭
終盤までリードする善戦でした。

進学校らしい上手い試合運びが
若干 波佐見を上回ると予想します。

 

第2試合 済美(愛媛)-東筑(福岡)

東筑も第一試合の彦根東と同じく
福岡県有数の進学校です。

福岡県の決勝では優勝候補筆頭で
選抜8強の福岡大大濠を下す素晴らしい
優勝でした。

優勝の原動力はエースの石田君です。
まだ2年生ですが福岡県大会を
一人で投げ抜いた疲労が抜けて
いるか?が懸念されます。

東筑には「石田伝説」というのが有り
エースが「石田姓」の場合は
甲子園に行けると言うジンクスが
有るのですが見事に再現。

この試合はエース石田君が済美打線を
抑えることが出来るか?がカギになります。

東筑は福岡大大濠の他にも有力視された
福岡工大城東・西日本短大付も倒した
実力は本物です。

ただし済美はチーム打率が何と
脅威の.400と強力。

決勝戦では選抜出場の帝京五に
10対3で大勝・・・。

初戦の新田戦こそ堅さが見られて
やや苦戦しましたが その後は
危なげなく優勝した勢いは
甲子園でも続くとみます。

済美の打線が東筑の石田君を捉えて
済美の勝利と見ます。

 

第3試合 藤枝明誠(静岡)-津田学園(三重)

初出場同士のフレッシュな対戦。

この両校は監督同士も懇意に
されていて良く練習試合もされています。

個人的には今回の初出場の中では
一番力が有るのが藤枝明誠と見て居ます。

何と言っても魅力は打線の破壊力。

選抜出場の好投手で静岡の好左腕
池谷君を攻略して23安打14得点の
猛攻でした。

その勢いは決勝でも続いて
何と23対10で日大三島に大勝

ただし この決勝戦は雨中での
試合でしたから余り参考には
ならないです。

しかしながら打線の破壊力は今大会でも
上位の藤枝明誠が有利と見ます。

津田学園が勝つにはエースで主将の
水谷君が藤枝明誠を抑えることが
条件になります。

津田学園の佐川監督は名門
PL学園の出身です。

残念ながら休部になった
PL学園のOBの後押しを受けて
初出場初勝利を目指します。


スポンサーリンク

作新学院と盛岡大付属も好カード!!!

大会第第2日目

第1試合 作新学院(栃木)-盛岡大付(岩手)

1回戦屈指の好カード。優勝候補の一角に
挙がる作新学院の勝利と見ます。

盛岡大付のエース平松君は選抜でも
活躍した好投手です。

一方の作新学院もエース大関君
他に控えの篠原君が選抜以降は
急成長して県大会では大関君よりも
長いイニングを投げました。

ポイントは作新学院の大関君と
篠原君が強力打線の盛岡大付属を
抑えることが出来るか?ですが
やはり2連覇を狙う作新学院が
投打に上回ると見ます。

 

第2試合 松商学園(長野)-土浦日大(茨城)

土浦日大の監督は選手時代に
取手二で全国制覇した
経験のある小菅監督です。

就任して僅か1年で甲子園に
導き名門・土浦日大を復活させました。

懸念材料は県大会初戦に いきなり
6失点と打ちこまれるなど不安定な
投手陣にあります。

エースの富田君が47回で27失点
・・・と非常に不安定な内容。

その点、松商学園は青柳君・直江君
が県大会でも好投して
ある程度の計算が出来るのが
強みか?

松商学園の打線が土浦日大の
投手陣を上回ると見ます。

 

第3試合 前橋育英(群馬)-山梨学院(山梨)

このカードは余り注目されてませんが
個人的には好カードと見て居ます。

前橋育英も山梨学院も投手陣は
出場校の中でもトップクラス。

前橋育英は選抜ではエースだった
丸山君が野手に専念します。

エースの皆川君・吉沢君
県大会でも安定した投球

選抜8強の宿命のライバルである
健大高崎を下した実力が
山梨学院の投手陣を打ち崩すと
見ます。

山梨学院は かつて長崎・清峰を
率いて選抜優勝した吉田監督の
采配も見どころ。

前橋育英の荒井監督も2013年に
夏の甲子園で優勝しており
優勝経験のある監督同士の戦いに
なります。

第4試合 日大山形(山形)-明徳義塾(高知)

明徳義塾は今大会は優勝候補に
名前こそ挙がりませんが
上位には必ず勝ちあがってくる
高校です。

選抜でも早稲田実業を追いこみながら
不運な逆転負けでした。

しかしながら夏の甲子園の初戦の
強さは出場校でも随一の存在

エース北本君の経験が日大山形の
打線を上回ると予想します。


スポンサーリンク

木更津総合の山下投手に注目!!! 

大会第3日目

第1試合 木更津総合 (千葉)-日本航空石川(石川)

木更津総合には昨年も早川君と言う
好投手が居ましたが今年の
エースの山下君も今大会屈指の
好投手です。

打線も力強くて千葉県大会では
プロ注目の金久保君
(東海大市原望洋)を攻略

決勝でも習志野との激闘を制しました。

山下君は5試合連続完投と
スタミナも有りますが疲れが
取れているか?

山下君が本調子なら日本航空石川を
投打に上回る木更津総合です。

 

第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉)

花咲徳栄はレベルの高い埼玉で
本命視されていた浦和学院に勝利して
甲子園へ。

やはり今年も関東勢はレベルが高く
順当ならば花咲徳栄の勝利と見ます。

島根の開星は県大会で6試合45得点と
打線は力強いですが
花咲徳栄の投手陣を打ち崩すのは
苦しいと予想します。

 

第3試合 聖光学院(福島)-おかやま山陽(岡山)

おかやま山陽は創志学園を決勝で
下し下馬評を覆して優勝し初出場。

対する聖光学園は戦後最長の
11年連続出場と今後破られる可能性の
低い?大記録を更新中です。

昨夏のベンチ入りメンバーも
多く経験面で おかやま山陽を
上回ると予想します。

 

第4試合 早稲田佐賀(佐賀)-聖心ウルスラ(宮崎)

早稲田佐賀は創部9年目での
スピード出場を果たしました。

ほぼ全員が寮生活を送る中で
培われたチームワークは抜群

しかしながら2回目出場の
聖心ウルスラが やや優位と見ます。

投手陣は2年生の3人が中心ですが
中でもエース格の戸郷君
マウンド度胸も素晴らしく
球威もあります。

県大会では37回投げて
奪三振数は何と45と驚異的

今の段階では余り注目されて
ない投手ですが初戦で一気に
注目される可能性のある
戸郷君です。

大会4日目以降の予想は
明日以降に お届けします。

高校野球が大好きな方は
こちら からどうぞ!!!
(高校野球専門ブログに飛びます)

今日も 最後まで
お読み頂きまして
有難ございました。

では また次回です!!!

3ヶ月で15キロ球速が上がれば嬉しいですか???

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る