荒牧陽子は不倫やりまくり略奪婚で芸能界休業!裁判にも完全敗北!

今夜放送のモノマネグランプリに荒牧陽子さんが出場します。

今年の24時間テレビ5年ぶりに復活しましたが荒牧陽子さんは5年間芸能界から干されていたのが事実です。

あまり知られては居ないですが荒牧陽子さんは不倫略奪婚で今の ご主人と結婚しています。しかも当時の ご主人は新婚の既婚男性でした。当時結婚されて未だ日が浅い元奥さんは今の荒牧陽子さんの ご主人と荒牧陽子さんを訴える裁判沙汰になります。

本来であれば調停で済む話ですが荒牧陽子さんは自分の不倫を一切認めずにドロ沼裁判へと突入します。

結果は当然のごとく元奥さんの全面勝利となりました。

今年になって芸能界へ復活した荒牧陽子さんですが その陰には既婚の幸せな家庭を崩壊させた過去も有るのは事実です。

早速見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

荒牧陽子モノマネしている場合ではない?ドロ沼の過去

2014年7月・・・。

荒牧陽子さんの“不倫略奪婚裁判”の判決が東京地裁で言い渡されました。

2013年から芸能活動を休止している荒牧さんは5月にテレビプロデューサーのA氏と結婚しましたが元妻であるB子さんが

出産のために家を空けていた最中に夫と荒牧が不倫をしていた

・・・と主張して大騒動になります。

始めは祝福モードだった荒牧陽子さんでしたが一転して不倫略奪婚だったことが明らかに・・・。

B子さんは荒牧陽子さんととA氏に対して精神的苦痛による損害賠償6000万円を請求する裁判を東京地裁に起こします。

裁判は余り長引くこともなく当然、結果はB子さんの完全勝利。

・荒牧さんがA氏と連帯して200万円

・A氏単独で100万円

・・・をB子さんに支払うよう命じる判決が出ました。

6000万円の請求額とは遠く離れた数字ですが元々は不倫騒動の慰謝料の相場は100~300万円と言われています。

ですから裁判所はB子さんの言い分を全て認めた完全勝利の判決と当時は話題になりました。

逆に言うと荒牧陽子さんは完全に裁判で敗北したことで事実上 芸能活動も休業に追い込まれたわけです。

なぜ このような完全敗北になったか?と言うとA氏とB子さんは婚姻期間が僅かに9カ月と短く裁判所がB子さんの精神的苦痛を重く見た結果と言われています。


スポンサーリンク

新婚4ヶ月の既婚男性を略奪婚した荒牧陽子

裁判の完全勝利の結果にはB子さんが明らかにした生々しい不倫の証拠が大きく関係しています。

A氏は2011年8月にB子さんと結婚。実は披露宴の段階でB子さんの妊娠が判明していました。

・・・にも関わらず結婚から僅か4カ月でA氏と荒牧さんの不倫関係が始まります。

翌年B子さんは男の子を出産し帰宅しますが病院から戻ったB子さんは自宅で自分のものではない「つけまつげ」を発見します。

浮気を直感したB子さんが夫の携帯電話をチェックすると荒牧陽子さんから

・今日はありがとう。でももう少しだけ一緒にいたかったな

・火曜戻りです。さすがに奥さん帰ってきますよね。最悪、ホテルに泊まります

・・・などのメールが届いていて しかも荒牧さんはA氏を「ダーリン」と呼んでいたことも判明します。

B子さんが出産で苦しんでいる間にA氏は荒牧陽子さんを自宅に連れ込み不倫セックスの毎日を送っていたことになります。

最近では斉藤由貴さんが不倫相手の医師を自宅に招いたことも判明しましたが不倫の最悪のパターンですね。

B子さんはA氏を問い詰めて浮気を認めさせ出産から僅か3カ月後に離婚が成立します。

ところがA氏が慰謝料を渋り調停は不成立。

当然納得できないB子さんが裁判を起こした・・・という経緯です。

A氏は裁判では荒牧さんとの不倫関係が始まる以前から婚姻関係が破綻していたと主張します。

そして何と荒牧さんも「Aさんと付き合い始めた段階で、すでに離婚していると思っていた」と言い張り周囲はドン引きします。

しかしながら前述のメールの「さすがに奥さん帰ってきますよね」という記述と完全に食い違っており このメールの文面が決定的な証拠になったとも言われています。


スポンサーリンク

芸能界復帰も前途多難な荒牧陽子

裁判では荒牧さんはは頑なに同じ主張を繰り返しB子さん側が「出産翌日に自宅で夫と荒牧が不貞行為をしていた」と明かしてもA氏宅を訪れたことは認めながら「すでに離婚しているとA氏から聞いていた」と完全に「ウソの言い訳」を繰り返します。

B子さんは目もあわせようとしない荒牧陽子さんの様子に「いまだに芸能人気取りなんだなと思いました」と激しく落胆

「とにかく、荒牧氏には謝罪の言葉を待っています」と語りますが最後まで荒牧陽子さんもA氏も謝罪することは有りませんでした。

B子さんは「うやむやに済ませようとする荒牧氏は許せません。人間としておかしいと思います」

・・・と怒りのコメント。

裁判では荒牧さんのの略奪愛であったことが認定される結果となりました。

今年の24時間テレビでも5年間の休業の理由

・精神的ストレス
・喉の不調

・・・としていた荒牧陽子さん。

しかしながら当時を知る人は誰もが その理由に首をかしげているのは事実です。

裁判中も荒牧陽子さんはボイストレーニングを欠かさず歌手として再起する意欲を見せていました。

しかしながら泥沼裁判だったことが影響して所属していたケイダッシュ系列の事務所を事実上の解雇。

今では高橋克典さんや山上兄弟と同じく株式会社フリースタイルに所属しています。

休業期間もディナーショーのチケットが短期間で完売したり、youtube動画の多くが視聴数10万回~数100万回に達するなど根強い人気は健在でした。

本格的な復帰が希望される中で今年の24時間テレビで本格的に復帰した・・・と言う流れになります。

また今年の1月には自身のInstagramで2016年秋に出産していたことも明らかにしました。

一説によると生活苦のために復活を余儀なくされたとの報道もありますが真相は ともかくとして今回の復活の陰には多くの人の支えがあったことは忘れることなくモノマネ女王として頑張ってもらいたいものですね。

今日も 最後まで お読み頂きまして有難ございました。では また次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る