本田真凛オリンピック絶望?父と祖父の仕事は年商20億超!

今日のオリンピック代表選考会に出場した本田真凛選手(16歳)ですが結果は6位と振るいませんでした。明日の逆転を目指しますが極めてオリンピック出場は難しくなりましたね

本田真凛さんは本人を含めて兄弟4人がフィギュアスケートをしているスケート一家なんですが何でもフィギュアスケートは一人の選手に年間1000万は掛かる?と言われるほどのスポーツ競技ですから普通の家庭では正直続けるのは難しいです

そんな中で兄弟4人がフィギュアスケートをしている本田真凛さんのお父さんは一体、何の仕事をしているのか?と注目されています。

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

本田真凜オリンピック出場に赤信号?

平昌五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権は先ほど女子のショートプログラム(SP)が行われました

坂本花織(17=シスメックス)が自己ベストを更新する73.59点で4連覇が懸かる宮原知子(19=関大)らを抑えて首位に立ち優勝者が手にする五輪代表枠に王手をかけました

坂本は3回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプを決めるなど高い集中力で、自己ベストを4.19点も更新する自身初の70点台をマークし、トップに。

73.23点の2位・宮原を0.36点リードし、フリーに臨みます。3位は自己新の70.48点をマークした本郷理華(21=邦和スポーツランド)

4位は68.93点の樋口新葉(16=日本橋女学館)5位はトリプルアクセルを決め66・74点をマークした紀平梨花(15=関大KFSC)

注目を集めた最終滑走の本田真凜(16=大阪・関大高)は66・65点で6位

明日の演技次第ですが極めてオリンピック出場は難しくなりました

本田真凜さんの父親の仕事が判明!祖父が大物だった!

本田真凛さんの父親は本田竜一さんと言います。この お父さんは競技の時には必ずと言っていいほどに会場に駆けつけてますから顔は割と有名ですが その職業までは明らかにされていませんでした。

ところが・・・。

やはりネット・週刊誌の驚異の調査力で、その職業・会社名までが判明しました。実は本田真凛さんの、お父さんは兄弟のフィギュアスケートの世話に飛び回っていますから正直殆ど仕事は出来ないハズです。

・・・となると一体誰が主だった収入源(言い方が悪いですが)なのか?

それが本田真凛さんの祖父なんですよね。

祖父は年商20億円のグループ会社を経営していて父親の竜一さんは役員をしています。まぁ言い方悪いですが会社役員・・・と言うのは「肩書」だけで実質は会社にも出勤していない人が多いです。

おそらく父親の竜一さんも このケースかと。

本田真凛さんは京都に住んでいるために当初は味噌屋で老舗の「本田味噌」が本田真凛さんの父・祖父が関係している?のではと言われていましたが、どうもその本田味噌の話は真実味は有りません。

事実 本田味噌の役員に父親・竜一さんの名前は有りませんから。

週刊誌の「女性自身」も本田味噌ではなく祖父が手掛けるグループ会社名を明記しています


スポンサーリンク

グループの年商は20億超!!!      

女性自身の報道によると

本田の実家は、精密機器関連の製造から、運送やメンテナンス、保管まで行う会社を経営しています

・・・とフィギュア関係者の証言を掲載

元々、商社勤めしていた真凛の祖父が、運送会社の娘さんと結婚し、婿養子に。その後、通常の運送業から、高額な精密機器を運ぶ物流会社に変換。そして設置もメンテも請け負うまでに拡大。精密機器は1台何億円もしますから、それを運んで設置すると、1回の取引でも数千万円の売り上げになるそうです

・・・との超具体的な証言まで掲載してますから これはもう間違いないですね

本田さんの祖父の会社はは現在、関連会社4社で、年商20億円超と言いますから驚きですね

真凛の父は子供たちのスケート生活をサポートするため、家業を継ぐわけにいかない。そのため真凛の父は役員と株主での収入がほとんどと聞いています

・・・と父親が本田真凛さん始め兄弟のフィギュアスケートに専念できる理由まで掲載してますから見事としか言うしかないです(笑)

 

祖父が手掛ける年商20億超のグループ企業名は?

その名前は京都市の精密機器関連会社の丸一商事株式会社です


創業は、昭和55年(1980年)7月

会社概要は・・・

会社名  丸一商事株式会社
設立   昭和55年(1980年)7月
住所   京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番
資本金  1000万
売上高  8億900万円
事業内容  梱包・輸送に関わる物流業務請負・アウトソーシング・装置製造に関わるすべての作業請負・アウトソーシング(開発,設計,組立,電装,配管,調整,検査,出荷)

代表者 取締役会長  本田一三(本田真凛の祖父)
代表取締役 本田淑久(本田真凛の叔父)


スポンサーリンク

事業拡大して現在は4つの会社に!!!

1980年に梱包業として誕生した丸一商事は2002年カズテック(精密機械製造)、2006年アルコム(精密機械梱包・輸送*梱包技術で特許有)、2011年ゼロワンテック(半導体製造装置製造)と分社独立しています

カズテック株式会社

2002年創業

会社名 カズテック株式会社
所在地 本社  京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3

事業内容   半導体製造装置等の製造及び販売
代表取締役  本田 淑久(本田真凛の叔父)
資本金    10,000,000円
従業員数   50名

 

アルコム株式会社

2006年創業

代表者 福田 公一 (本田真凛さんとの関係は不明です)
本社所在地 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3

 

ゼロワンテック株式会社

2011年創業

代表取締役社長 原田 武文(本田真凛との関係は不明です)

本社  京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番

上記の4つの会社をあわせた年商が20億円超の優良企業ですね。

本田真凛さんは、そこの可愛い孫娘と言う事になります

明日のフリー演技に全てを懸けて奇跡のオリンピック出場となるか?

注目の本田真凛さんです。

今日も最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また次回です!!!

アクセス数なんと16万!!!どのブログよりも詳しい斉藤由貴さんの不倫記事特集は→ こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る