サザエさん庶民じゃない!金持ち資産家!土地評価は2億で波平の年収も1000万超え!

庶民派なんてウソ!波平は年収1000万超え!マスオも年収600万?

 

『サザエさん』は今年にスポンサーが変更されて話題を呼びましたが相変わらず視聴率は良く まさに「国民的長寿番組」と言えます

サザエさんの人気の秘密は 多くの人が『庶民的な日本人家庭』を番組から連想するからでも有りますよね・・・

 

しかしながら。

 

サザエさん一家は 想っていた以上に かなりの「金持ち」であり「資産家」であることが現実となってしまいました

 

あまり 聞きたくない話では有りますが詳細が 7月15日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で明らかに・・・

林修先生が 詳細に語ってしまい 良い意味でも悪い意味でも話題を呼んでいます

 

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

磯野家の資産が丸裸になってしまった!

『サザエさん』(フジテレビ系)の放送が開始されたのは1969年

 

しかしながら 登場人物の年齢や環境は全く変わっていません

まぁ ここに「無理」が生ずるのですが・・・

林修先生曰く

現代とギャップが生じている。先日発売された『磯野家の危機』(宝島社)という本が磯野家の資産を明らかにしてしまいました

・・・と衝撃の事実を語り始めました

林修先生によると磯野家は「土地だけで2億円」と莫大な資産を所有する「金持ち」

 

とても「庶民派」では ない・・・とのこと

 

磯野家の住所は「東京都世田谷区新町3-51」なのですが今の地価で換算すると1坪200万円

ですから土地だけで2億円超になる計算です

確かに ここまで行くと 庶民派ではないですよね。

ある意味 何か醒めた感じがしてきますが・・・

 

林修先生は

波平さんが亡くなった時に、あの3人(サザエ・カツオ・ワカメ)の間で何が起きるのか…

・・・と遺産相続でトラブルが起きることを示唆

 

なんだかんだ言っても仲の良いサザエ・カツオ・ワカメが相続で揉める・・・なんてことは想像も したくないですが

現実は現実です

 

要するにサザエさんは番組当初から全く設定を変えずに放送を続けていたのが こういう現象の要因なんですね

さらに『磯野家の危機』によれば「波平の年収は1000万円超え」と断定しています

 

波平はエリートサラリーマン並に給料を貰っているらしくマスオさんの方も年収600万弱くらいある・・・とか

・・・と言う事は波平とマスオの世帯収入が約1700万円もある計算になり これは驚くべきことに林修先生曰く

「日本国民の上位1%に入っちゃうんですよ」

・・・と庶民派なんて大ウソで 日本で数少ない裕福な家庭と言えるとか。

 


スポンサーリンク

サザエさんに罪はない?

林修先生は番組の中で サザエさんのエンディング場面を皮肉り

さーて来週のサザエさんは、

・波平、仮想通貨で大儲け

・波平、老後のためにタワマン下見

・波平、仮想通貨大暴落で真っ青

・・・の3本です

・・・と話して爆笑を誘っていました

磯野家が現代の庶民からかけ離れてしまった背景について林修先生は

「1970年代は一億総中流と言われていて、磯野家はその真ん中にいた。ただ、バブル崩壊、リーマンショックなど、そういうことがあるたびに、富が一部の人に偏る世の中になった」

・・・と説明。

出演者からは

「サザエさんがセレブだったのは予想外」

・・・という声も出ていましたが

林修先生は

「サザエさんという作品には何の非もない」

・・・と擁護

「設定を変えずに放送を続けていたら、世の中があまりにも変化してしまったのが要因」と締めくくりました

 


スポンサーリンク

波平が死亡すると骨肉の争いが勃発?

仮に波平が死亡すると相続税の支払いには不動産の売却が必須であると林修先生は解説

そして家がなくなれば「サザエさん」を存続するのは困難になる、という解説までも披露

波平が死亡した場合、遺産を相続するフネ、サザエ、カツオ、ワカメに、いかなる相続税控除があるか説明をしつつも、土地の売却は避けられない実態を

説明すると

『サザエさん』が遺産相続の番組になるという点では、危機

・・・と語り、笑いを誘いました

話を聞いていた澤部佑が

「遺産相続アニメになっちゃうんだ」

・・・と漏らすと すかさず林修先生は そんな「サザエさん」の次回予告タイトルを

さーて来週のサザエさんは

『骨肉の争い』

『カツオ、ニヤリ』

『税理士の暗躍』

・・・の3本と語り、渡部は「オモシロ部分も絶好調じゃないですか!」と林修先生を絶賛する展開となりました

サザエさんは国民的番組で有ることには違いないですが作者の長谷川町子さんが亡くなられて声優さんも次々に交代・・・

 

寂しいですけど 時代に追い付いていない現状を考えると「終わり」も近いのかも?知れませんね

 

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 8月 11日
    トラックバック:c3j8vb5w4dxctv36cxct5x4wd
コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る