小園海斗(報徳学園)はヒロミが父親?母親は元なでしこジャパンでドラフトする球団はどこ?

小園海斗(報徳学園)はヒロミが父親?母親は元なでしこジャパンでドラフトする球団はどこ?

100回目の記念大会となる今年の夏の甲子園大会

今日 組み合わせが確定しまして熱戦が期待されます。優勝候補は当然 春夏連覇を狙う大阪桐蔭が本命と言われていますが大阪桐蔭勢の他にもドラフト候補はたくさん居ます

その中でも名門 報徳学園で1年の春からショートのレギュラーを奪った注目の選手が小園海斗君になります

小園海斗君は大阪桐蔭の藤原君とは中学時代に 同じシニアのチームメンバーでした

今でも親友と言う小園海斗君と藤原君ですが ここに来てビックリ?の噂が・・・

実は小園海斗君の父親がヒロミさん?だと・・・

まぁ よく考えれば分かるのですが これは本当なのか?

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

小園海斗(こぞの かいと)君の野球経歴が凄い!                 

昨年のU-18Wカップでも 同じく2年生ながらも藤原恭大選手(大阪桐蔭)と共に大活躍を見せた報徳学園の小園海斗選手

 

三拍子揃ったプロ注目のショートです

やや体は細いものの高い打撃技術と 何よりも華麗なグラブさばきで今直ぐに守備ならプロで通用するレベルと言われています

2018年のドラフトでは 高校生の中では根尾君・藤原君の大阪桐蔭勢に割って入り 1位指名も濃厚と言われる逸材です

名前:小園海斗(こぞの かいと)

出身地:兵庫県宝塚市

生年月日:2000年6月7日

身長:178㎝

体重:73㎏

投打:右投げ左打ち

ポジション:遊撃手

経歴:宝塚市立逆瀬台小学校→宝塚市立光ケ丘中学→報徳学園高校

体重が もう少し有れば理想ですけど逆に言うと それだけ「伸びしろ」も充分あると言えます

 


スポンサーリンク

小園海斗の父親がヒロミ?

この噂は昨年くらいから急に広まったのですが 何故 こんな根も葉もない噂が広まったのか?

これには理由があってタレントのヒロミさんの本名が「小園浩己」と言うのですが それで

「ヒロミさんが父親ではないか?」

・・・と 噂が勝手に広まったのと 実はヒロミさんの子供さんも高校球児なんですよね?

母親である松本伊代さんが熱心に球場に駆けつける姿も よく報道されたことから小園海斗君の父親=ヒロミさんと言う噂に・・・(笑)

ですから この噂は当然 真実ではありません 残念ながら・・・


スポンサーリンク

母親は元なでしこジャパンの選手だった!

小園海斗君の母親は元なでしこジャパンのサッカー選手です

これも驚きの事実ですよね?

母親譲りの運動神経と言えます

小園海斗君の母親は 何と あの澤さんの先輩なんだとか。おそらく澤さんも喜んでおられる?のではないか?

・・・・と。

ズバ抜けて高いスカウトの評価

今年のドラフトでも上位は おろか1位指名の可能性も充分あると言われる小園君ですが
各スカウトの評価も軒並み高いです

広島・松本スカウト

「センバツを見て驚いた選手です。センスの塊。ボールの捕り方や投げ方をはじめ、全てにおいてセンスがある。びっくりしました」

中日・中田スカウト部長

「センス、守備力、体はそれほど大きくないですが瞬発力、勝負強さと全て揃っています。ショートという点もいいですね。ある程度完成された選手。肩も強いし、今年でも(ドラフトの指名)対象になる」

ヤクルト・小川SD

「春のセンバツで見ましたが、プレーにスピードを感じる好遊撃手です。動きが素早いので小柄な選手かと思ったら、身長が178㎝もあるんですね。打撃もいいですし、これからさらに体に力がついてくれば面白いです」

オリックス・中川アマチュアスカウトグループ長

「ショートの守備はフットワークが良く、安定しているので、プロの世界に入っても通用するレベルにあると思います。あとはバッティングがどこまで伸びてくるか。もう少し、振る力がついてくると面白い存在です」

中学時代にU-15に選ばれた時のアンケートでは、

好きな選手に坂本勇人(巨人)山田哲人(ヤクルト)を挙げて将来の夢に『読売ジャイアンツで活躍』と書いていた

小園選手・・・と なると小園君の意中の球団は巨人と言う事になりますが。

 

高校生は なかなか意中の球団を表明するのは難しいですからね

進路が注目されますが おそらく大阪桐蔭の藤原君を親友でありライバルと言いきる小園君は進路をプロ一本に絞っているものと想われます

甲子園大会で どのような活躍を見せてくれるか?

注目の小園海斗君(報徳学園)です

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る