山口警察批判殺到「何してる!」!尾畠春夫さん凄い(藤本理稀君の行方不明捜索ボランティア)が30分で発見!

山口警察バカか?尾畠春夫さん(藤本理稀君の行方不明捜索ボランティア)が30分で発見!山口警察は何してた?批判殺到

 

「ぼく ここ・・・」

先日から行方不明になっていた山口県の2歳児の事件ですが 今日の朝に奇跡的に発見されました

山口県警によると行方不明になっていた藤本理稀君は、曽祖父宅の北東側山中から捜索ボランティアの尾畠春夫さんと下りてきたところを

15日午前7時前に捜索を始めようとしていた警察官が見つけました

それにしても 今回の事件は「誘拐」「猛獣に襲われた」

・・・との色々な可能性が指摘されて地元の山口警察も大捜索していたのは事実

しかしながら 山口警察は結局見つけることが出来ずに 捜索ボランティアである尾畠春夫さんは 僅かに捜索後30分で藤本理稀君を救出する神業

一方の・・・

大捜索隊を送りこみながらも 発見できなかった山口警察には「警察 何してた!」との批判が殺到する始末

まだ 解決していない大阪府警(富田林署)の逃走犯と同じく警察には抗議電話が殺到する展開に なっています

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

奇跡の生還!藤本理稀(よしき)君

山口県周防大島町で12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)君が15日午前6時半ごろ同町家房の曽祖父宅付近から数百メートル北東の山中で発見され保護

山口県警によると藤本理稀(よしき)ちゃんは脱水症状がみられるが外傷はみられずに受け答えもできていて命に別状はなし・・・と言う奇跡の救出劇でした

発見したのはボランティアで捜索に加わっていた大分県70代の男性の尾畠春夫さん

理稀ちゃんの名前を連呼しながら山中を分け入っていくと

「ぼく、ここー」

・・・と返事が・・・

 

藤本理稀ちゃんは沢の近くでしゃがんでいたといて尾畠春夫さんが 「あめ玉」をあげると、かみ砕くように食べて元気な様子でした

持参していたバスタオルにくるんで山を下り途中で警察官と合流

曽祖父宅に送り届けました

藤本理稀(よしき)ちゃんは母親や祖母らと面会して受け答えもできている状態です

その後には山口県柳井市内の病院に搬送されて診察を受けている状態


スポンサーリンク

事件の経過状況は?

藤本理稀ちゃんは12日午前10時半ごろに祖父(66)と兄(3)と歩いて約400メートル離れた海岸に海水浴に向かっています

家を出て100メートルほどのところで「帰る」と言って1人で家に戻ろうとしています

 

祖父は藤本理稀ちゃんが曽祖父宅の近くまで歩く姿を見ていましたが その後に家を出た母親と他の子ども2人は理稀ちゃんと会わずに行方がわからなくなっていました

藤本理稀ちゃんの祖父は 非常に お孫さんから「目を離した」ことで心を痛めておられたことでしょうね

 

捜索にも高齢を押して参加されてましたが 何よりも可愛い お孫さんが無事に帰還されて ホッとされているのではないのでしょうか?

お母さんも 地元の有線で懸命に呼びかけていましたが ホッと胸をなでおろされているとか・・・

それにしても まだまだ日中は30度を超える猛暑

夜は一転して山中ですから「冷える」とも言われる場所で無傷で見つかったのは まさに「奇跡」と言える救出劇です

 


スポンサーリンク

山口警察に批判殺到!尾畠春夫さんに称賛の嵐

山口県警や消防などは12日から捜索を継続

150人態勢で曽祖父宅の周辺を中心に側溝や斜面の下や井戸や空き家などを捜していましたが見つからず・・・

それを 僅かにボランティアの尾畠春夫さんが僅かに30分で発見して救出

結局 山口県警と消防が行ったのは発見された藤本理稀ちゃんを祖父母の家に送り届けたことと 病院に搬送したダケ・・・と言う情けない状況

これでは「山口警察 消防 何してる!」と言われても当然の状況では ありますね

 

一方では ボランティアの尾畠春夫さんには称賛の声が 届いています

まさに「命の恩人」ですからね

 

尾畠春夫さんは、震災の復興ボランティアであちこち行っており名前を検索すれば7年前の活動から出てくる素晴らしい活動を されています

何度も表彰されており、東日本大震災復興でも活躍されていた尾畠春夫さん

こういう人は「見返り」を求めないのでしょうね

それと比較して 大阪府警(一部では腐警とも言われていますが)や今回の山口警察は 一体 何をしていたのか?

200人体制とも言われていた大捜索隊が たった一人のボランティアにも 力及ばない「現実」・・・

 

市民の信頼を取り戻す日は 果たしてくるのでしょうか?

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る