【みやぞん裏の顔】やばい!嘘っぽい!24時間トライアスロン完走もアンチが激増中

みやぞん うざい!嫌い!嘘っぽい!24時間トライアスロン完走もアンチが激増中

昨日の24時間トライアスロンを見事 時間内に完走した みやぞん・・・

みやぞんは どの番組でも「イイ人」と言われていて だからこそ 今はテレビでも大活躍なのですが・・・

 

ところが

昨日の感動的?なシーンの連続にも関わらず みやぞん「うざい」「嫌い」「嘘っぽい」・・・とのアンチの声も今までよりも激増しているとか

まぁ 人気が出ると言う事は 相反して「アンチ」も増えるものですが・・・

なぜ みやぞんは「うざい」「嫌い」「嘘っぽい」と言われるのか?

その「嫌われる理由」は いったい何なのか?

 

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

2016年に人気爆発した みやぞん

みやぞんの人気が出てきたのは 2016年からです

その時には みやぞんダケではなくて他にもアキラ100%、サンシャイン池崎、カズレーザー・・・など大躍進した芸人も多数出ました

まさに「当たり年」だったわけですね

その中でも 抜群の人気ぶりだったのが ANZEN漫才のみやぞん・・・

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる「ド天然」ながら運動神経は抜群

高校時代(東京・荒川商業)には野球部でエースと4番を務めていてキックボクシングでも 活躍したことは有名です

 

リーゼントヘアに困ったような笑顔がトレードマークとして世間に定着

みやぞんがブレイクした きっかけは・・・

『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)内の『お笑いイミグレーション NEXT!』に出演したことです

歌ネタがウリだったのですが、あまりの「おバカっぷり」が とんねるずの目に留まり番組の常連に なります

この とんねるず・・・の目に留まったのが大きな転機でした

 

その後は『イッテQ!』にも抜擢され司会のウッチャンから「マンガのような人生だな」と目をかけられるなど

テレビ界の大物から愛されたのも大きく一躍売れっ子芸人に なりました

その人気ぶりを受けて2017年のテレビ出演本数が370本

「日経トレンディ」(日経BP社)の「今年のヒット人」にも選ばれて

「ぶっちゃけ忙しいっちゃあ忙しいですね」

・・・正直に?コメントしていたみやぞん・・・ですが・・・

 


スポンサーリンク

みやぞん「イイ人はウソ」説は本当か?

みやぞんは 性格面も「いい人」とされていて インターネットでは

「ドッキリ企画に引っかかっても、逆にひっかけたほうを心配してくれる」

「ファンでもなんでも一般人には神対応」

・・・などと絶賛する声が多いのも事実です

 

しかしながら。

同じ芸人仲間から聞こえてくる声は 世間の「イイ人」とは大きく異なります

まぁ この辺りは「ひがみ」も 有るかも?知れないですが

 

ある同期芸人は みやぞんに関して

「そうなんですかね。僕はあまり“いい人”という印象はないんですよね」

・・・と 語っています

また 別のタレントさんは

「確かに今、めちゃくちゃ忙しいということもあり、疲れているというのもあるのでしょうけど、先輩の僕が楽屋に入っても挨拶はしないしダルそうにちょっとうなずくだけ。収録が終わると、まずは椅子に座ってプカーっとタバコをふかしているところをよく見ます。

また、天然がウリで優しい人みたいなイメージですが、実際はそんなことはないですよ。

我が強い感じですし、ちょっとした先輩たちには愛想を振りまく感じではないですね。大物の前ではまた違うのかもしれませんが・・・。

そのため、みやぞんのことをよく思っていない芸人さんも多いです

・・・と世間の評価とは真逆のコメント

世間の声と 実際の業界で仕事している仲間との 相反する みやぞんへの「評価」です

確かに どちらが 真実か?と言われると同じ業界の仲間のコメントのほうが真実味は確かに 有りますね

 


スポンサーリンク

24時間テレビのギャラは2000万だった

昨日に放送された「24時間テレビ 愛は地球を救う」で史上初のトライアスロンに挑戦して見事に完走した みやぞん

支払われる「ギャラ」も色んな噂が有りましたが「週刊文春」報じていることが「真実」とも言われています

週刊文春によると3か月前の準備を経てから本番までに所属事務所に支払われるギャラは2000万円・・・

しかも完走後に ヒザなどを壊したりして仕事に支障をきたした場合の「補償」も含まれていた・・・と言いますから驚きの内容です

今回の企画は 25日の午後6時半スタートの「24時間テレビ」の放送開始より前に水泳を開始

水泳に続く自転車は間の番組中にスタート・・・と ここまではテレビに殆ど映らず・・・

 

ようやく長距離走が「24時間テレビ」が始まってから画面に映る・・・と言う状況でした

みやぞんが完走したのは

水泳が1.55km・自転車ロードレースが60km・長距離走100km・・・合計で161.55km

・・・と言う超人的な距離でしたから 当初から「危ない」「止めた方がイイ」との

批判的な意見も日本テレビに殺到したのも事実でした

この合計の161.55kmという総距離は間寛平が93年に記録したチャリティーマラソンの過去最長200kmに次いで

1日の距離としては歴代2位の距離

 

しかしながら 間寛平の場合はマラソンだけでしたからね・・・

 

「番組の製作サイドが今回一番気掛かりなのが熱中症。チャリティー番組なのに、みやぞんが熱中症でダウンしたらシャレにならない」

・・・と 当初からマスコミの間でも心配されている中での完走でした

昨日の 感動的な?みやぞんの激走を見ても 何故かアンチは増える一方の みやぞん

本当の「天然」なら 気にしないでしょうが その天然が「演技」なら

今後のタレント生命の危機・・・とも言えます

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る