【解散】貴乃花親方引退で部屋も閉鎖へ?貴公俊は引退確実!

貴乃花(貴公俊の親方)終わった!部屋解散 閉鎖の危機か?

今日の夕方に驚くべき情報が入ってきましたね。

連日 相撲協会に反する行動が目立つ貴乃花親方ですが今回は何と自分の部屋の力士である貴公俊が付き人を殴打していた事実が発覚しました

今までは批判も浴びながらも自らの弟子を守る姿勢に擁護の声もありましたが 今回は言い訳の出来ない事件

可能性としては貴乃花部屋閉鎖?あるいは解散の危機も噂されています

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

貴公俊の殴打事件とは?

日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は春場所8日目の18日に東十両14枚目の貴公俊(たかよしとし20=貴乃花)が付け人に暴行したことを発表

鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が貴公俊を呼び出して確認し事実を認めています

19日にも引き続き貴公俊を聴取する予定

貴公俊はこの日の取組前に土俵下の控えに入るタイミングが遅れ、花道を走って入場。

まぁ 力士が走って土俵下に入る・・・なんて見たことがない光景ではありますよね?

当然 その行動に境川審判委員(元小結両国)が注意

これは付け人の指示が遅れたことも一因とみられていて これに怒った貴公俊が取組後に支度部屋で付け人を2、3発殴ったという事件です

当然 他の力士も見て居ましたが誰も止めに入らず・・・

しかも取組は大翔鵬に敗れたんですから貴公俊としては怒りの矛先が付き人に向かったと予想されています

 

貴公俊の師匠である貴乃花親方はこの日午前に役員室に入ったが、またも恒例の?早退

貴公俊の取組の際には会場に居ませんでした

貴公俊は今場所から十両に昇進

中日を終えて3勝5敗。

東十両10枚目の貴源治(20)の双子の兄として話題でもあり今後の活躍が期待される20歳の期待のホープです

今場所は、殴打事件に巻き込まれた兄弟子の貴ノ岩が2場所ぶりに復帰。

昨年10月の秋巡業中、元横綱日馬富士関に暴行されたことが原因で日馬富士は引退を余儀なくされ貴乃花親方は貴ノ岩を見守ることを口実に連日 会場には来るものの僅か数秒で帰る奇妙な行動に世間の目は擁護から少しずつ批判に変わりつつあります

 

そして。

今回は自分の部屋の所属する力士の暴行・・・

おそらく今後大きな騒ぎになるのは間違いなく 対立する八角親方も辞任は必至?とも見られています


スポンサーリンク

貴公俊って誰なの?

正直 貴公俊・・・と言われても 余程の相撲ファンでも無い限り知らない人が多いか?と。

簡単なプロフィールですが・・・

貴公俊 剛(たかよしとし つよし)

1997年5月13日  生まれの20歳

栃木県・小山市出身

貴乃花部屋所属

本名は上山 剛(かみやま つよし)

身長186cm、体重126kg

最高位は東十両14枚目(2018年3月場所)

同じ貴乃花部屋の貴源治は双子の弟

2018年3月場所にて自身が新十両に昇進

先に関取となっていた貴源治と合わせて史上19組目の兄弟関取に。

その中でも双子は初の事例で注目を浴びました

四股名の由来は大阪場所宿舎である龍神総宮社の祭主の名前(辻本公俊)から。


この辻公俊さんは貴乃花が心酔する新興宗教の代表者でもあります

ちなみに龍神宗宮社は京都府の宇治市に本堂があります

 


スポンサーリンク

貴乃花部屋が解散?閉鎖?の危機

今日のフジテレビ系「Mr.サンデー」では、番組冒頭でこの話題をtップで取り上げました

フリーアナウンサーの宮根誠司(54)は

「支度部屋でそれも人のいる前で殴るなんて信じられない」

・・・と貴公俊の愚行を非難。

「貴乃花親方は示しがつかない。明日以降、どうするのか」

・・・と師匠の貴乃花親方対し責任ある行動を求めました

まぁ宮根さんは 先日までは貴乃花親方を擁護していた気もしますがね・・・(笑)

この辺りの「変わり身の早さ」はサスガです

しかしながら 今回の貴公俊の殴打事件は 今までの貴ノ岩暴行事件を根底からひっくり返す大きな事件をなる可能性があります

当然 他の親方からの批判は一層大きくなるでしようし 今まで貴乃花一派であった数人の親方衆も離れるのは確実

明日にも直ぐに貴乃花親方と貴公俊が会見を開くことが先ずは必須条件でしょう

渦中の貴乃花親方は初日(11日)から欠勤を続け協会の出勤指示により15日から役員室に姿を現しはいますが滞在時間は数秒・・・と言う有様です

これには さすがに貴乃花擁護の声が圧倒的だった世間の眼も変わりつつあります

この日の問題発生時にも当然不在で、協会側が後で貴乃花親方に連絡

おそらく この時の連絡時には貴乃花親方も「また 相撲協会か・・・」と思ったハズ

ところが いざ聞いてみると自分の部屋の力士が自分の部屋の付き人を殴る・・・と言う「今までの行動は何だったのか?」と想われる最悪の展開になりました

 

おそらく今まで 気持ちを押し殺していた他の親方も一気に貴乃花への批判を増すものと予想されるのは当然のこと

今後は貴乃花と貴公俊が逃げずに会見を開いて どのような見解を述べるのか?

そして。

一番の関心は今後の貴乃花部屋が本当に継続できるのか?と言う究極のところまで事件の影響は出てくると思われます

何れにしても 「国技」である「相撲協会」は何時まで経っても改革は進まない・・・のは事実ですね

 

16万アクセスの記事・・・

少し古いですが→ 斉藤由貴やりまくり!!!

 

 

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 8月 12日
    トラックバック:c3j8vb5w4dxctv36cxct5x4wd
コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る