【カパル優勝ゆるキャラGP】大牟田・四日市は組織票でも優勝出来ず!来年は中止へ?

「ゆるキャラグランプリ(GP)」人気低下で来年以降は中止?AKB総選挙を上回る疑惑

「ゆるキャラグランプリ(GP)2018」が今年も行われていて本日に結果が発表されるのですが暫定1位の三重県四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」暫定2位「ジャー坊」(福岡県大牟田市)3位の「一生犬鳴!イヌナキン!」(大阪府泉佐野市)に何と「組織票疑惑」が浮上・・・。浮上と言うか既に確定しているのですが・・・

四日市では市職員が大量の組織票を投じていた現実が確認されており他の自治体でも同様の組織票を促す自治体の行き過ぎた行為が明らかになり「ゆるキャラ」の人気低下が顕著な現在おいて一層の批判が殺到していて各ゆるキャラのHPは一時「炎上」騒ぎにもなっています

追伸(速報)

11月18日夜に「ゆるキャラグランプリ(GP)2018」の結果が出て何と優勝は中間速報4位で優勝にはノーマークだった埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパルが優勝する大どんでん返し・・・。やはり「組織票」への逆風は強かったようで今後は四日市市も大牟田市も市長への批判は殺到しそうですね・・・。もしかすると「辞任問題」にまで発展する可能性も否めません・・・

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

四日市「こにゅうどうくん」に市職員が大量の組織票

「ゆるキャラグランプリ(GP)2018」に参戦する三重県四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」ですが実は四日市の市職員が大量の組織票を投じていた問題が既に発覚しています。

また大牟田市を始めとした他の自治体でも同様の投票例が確認されていいて自治体の行き過ぎた行為に批判殺到していて炎上までする始末です

四日市市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」では昨年4位だった雪辱を期して?森智広市長の陣頭指揮の下でトップダウンで1位を目指す市の実情が浮かび上がっています

「こにゅうどうくん」は三重県四日市市が1997年に市制100周年を記念して誕生したゆるキャラです地元の民謡に登場する「ろくろ首」の大男である「大入道(おにゅうどう)」の子をイメージして作られたゆるキャラ

「こにゅうどうくん」の今回の「ゆるキャラグランプリ(GP)2018」に於いて市管理職を集めた異例の会議が開かれたのは8月末・・・でした

実は「ゆるキャラグランプリ」には「中間発表」が有るのですが「こにゅうどうくん」の順位は暫定3位

ここで四日市の森市長が

四日市で日本一はそうはない。千載一遇のチャンス。できれば1人10票ほど投票してほしい。担当の観光交流課からアドレスを配布することで(票差を)埋めていきたい

・・・と協力を呼び掛け発破をかけたのが事の発端です

仮にこの時に暫定3位で、なければ四日市の森市長も、ここまで躍起になっていなかった?可能性は有りますね

四日市の森市長は最後に担当職員と一人一人と握手して参加した一人は「選挙集会のようだった」と振り返る異常な事態が当時から問題視されては居ましたが・・・


スポンサーリンク

暫定2位で更に「こにゅうどうくん」に肩入れ?

「こにゅうどうくん」は実は9月半ばに2位に浮上・・・

ここで「1位」が見えてくると何と10月初旬に四日市・市庁内に文書が回ります

市長から職員の皆様1人につき現在の投票に各5票を加えて投票していただくように・・・との指示がございました

・・と語るのは四日市の市職員です

観光交流課が大量に作成したアドレス約1万2000余が各部局へ配布

その中には消防本部など緊急性の高い職務を所管する部署もあった・・・と言いますから個人情報など、どこ吹く風?と言った感じですよね?

同じ頃には各課の投票状況の一覧表も幹部会議で配布される異常な事態になります

各課の1日当たりの投票数や1人当たりの平均投票数と順位も示されていますから「ブラック会社」以上の?ブラック市役所です

1位の職場は1日に1人200票も投票していたというから驚きの事態ですね

インターネット投票締め切り3日前の今月6日の各職場の朝礼では、市長のメッセージとして

日常業務を超えて一つの目的に向かい、全職員で取り組む姿勢こそが今後の市役所の大きな力になる

・・・と問題?発言まで飛び出す事態に陥ります

四日市市長も市職員も「日常業務」を行うのが一番の「仕事」なハズなのに、この事態には四日市・市民からも批判が殺到・・・・

しかしながら当然に千載一遇とばかりに「こにゅうどうくん」の応援体制に賛成の声も多く四日市は町を二分する?大きな騒動になっていきます

ゆるキャラグランプリ(GP)は初代には「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)2011年は熊本県の「くまモン」が1位となり話題を呼んだものの近年はゆるキャラブームに陰りが見えています。また1位に明確な特典があるわけでもありません

それでも順位にこだわる理由を、四日市の森市長は

1番になれば全国メディアに取り上げられる機会も増えてくる

・・・と話していますが、市職員の管理職は

投票は半強制的で一種のパワハラのようなものだ。これで1位になっても市民に誇れるだろうか

・・・と首をかしげていて市役所の中でも意見が割れて居ます

ゆるキャラグランプリ(GP)のインターネット投票はメールアドレスでID登録して原則1日1回投票できる仕組みです

実行委員会はスマートフォン・パソコンなど異なる端末で4、5個のアドレスを使用して投票するのは「努力の範囲内で問題ない」としていますが

他人名義を使った「なりすまし投票」や「投票の強制」「機械的な大量投票」は原則として禁止していますので今回の四日市市の場合は

「投票の強制」
「機械的な大量投票」

・・・に抵触する可能性は充分にあります。ところが罰則規定はなく森市長は「大量の捉え方などに議論があり、ルールを逸脱した意識はない」

・・・とあくまでも強気な方針は変えません・・・

ゆるキャラグランプリ(GP)の順位は17、18日に東大阪市のイベント会場での決選投票を経て決まりますから、おそらく今日の夜にはグランプリが決まる見込みです

本当の選挙並みの?熾烈さですね。AKBの総選挙よりも熾烈な「ゆるキャラグランプリ(GP)」の組織票の行方です


スポンサーリンク

「ジャー坊」(福岡県大牟田市)も組織票の疑い!

本日投票会場である東大阪市のイベント会場に暫定トップに立つ「こにゅうどうくん」(三重県四日市市)が会場に姿を見せると大勢の子供が取り囲む人気ぶりでした

全国から集まったゆるキャラは137体。ほかに暫定2位の「ジャー坊」(福岡県大牟田市)と同3位の「一生犬鳴!イヌナキン!」(大阪府泉佐野市)も注目を集めました

ところが、この「こにゅうどうくん」(三重県四日市市)・暫定2位の「ジャー坊」(福岡県大牟田市)・3位の「一生犬鳴!イヌナキン!」(大阪府泉佐野市)3体はネット投票で4位以下を大きく引き離す大量票を集めていますが既に「組織票」が発覚しています

 

 

3市ともフリーメールアドレスなどで大量に得たIDを職員らに配布するなどの手法で票を投じていたのは同じ状況なんですよね

この問題はNHK「クローズアップ現代+」でも取り上げられるなど大きな関心を集めて批判殺到すると共に賛成の声も寄せられていて正に賛否両論の状態です

「こつこつと投票している人がいるのに、組織的にやれば本当の意味でのグランプリではない」

「やり過ぎだ」

「ゆるキャラに罪はない」

・・・などの意見が今日の投票会場でも聞かれています

一方では四日市市の担当者は

一部のグッズが品切れ。四日市のキャラ・・ということも広く認識される機会になった

・・・と喜びを隠せない様子

大牟田市の関係者は

投票に、てこずる高齢者のためにIDを用意した

泉佐野市の関係者は

市のPRのために職員が自主的に応援した結果だ

・・・と強調。

いずれも「不正ではない」という認識ですが上述の四日市市の担当者は

「本来ならみんなに祝われて1位になるのが目標だった。これをきっかけにうまくPRしたい」

・・・と話しています。おそらくこの意見が一番「まとも」でしょうね・・・

これでは来年以降に「ゆるキャラグランプリ(GP)」自体が中止される可能性が懸念されますし増々、ゆるキャラ人気は下降の一途を辿りそうな気配です

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!

 

【超人気】16万アクセス突破 芸能界激震の不倫やりまくり記事

 

↓  ↓  ↓

 

斉藤由貴不倫医師(卓馬紳)斎藤の自宅でパンティかぶり医者廃業


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る