吉澤ひとみ「反省してるの?」批判殺到!「酒やめてない」旦那(川前毅)の証言で離婚へ?

【炎上】吉澤ひとみ反省なし!「酒やめてない」旦那(川前毅)の証言で離婚へ?

9月に酒気帯び状態で車を運転して、ひき逃げをした・・・として自動車運転処罰法違反(過失傷害)・道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告に東京地裁は30日、懲役2年・執行猶予5年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡しました。執行猶予5年・・・は執行猶予期間としては最長であり実刑の一歩手前

元マネージャーらが情状酌量の余地を訴えて援護しましたが殆ど効果はなかった・・判決になりました。それもそのハズで吉澤ひとみは今も「酒浸り」の生活からは抜け出せておらず、その現状を旦那の川前毅が明言していますので吉澤ひとみと旦那の川前毅との「不仲」も噂されて「離婚」へ発展する可能性も充分と言われています

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

吉澤ひとみに懲役2年・執行猶予5年の有罪判決

酒気帯び状態で車を運転・ひき逃げをした・・として自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告に対して東京地裁は30日に懲役2年・執行猶予5年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡しました。執行猶予期間としては「5年」は最長で、実刑の一歩手前。

吉澤被告は、裁判官に

自覚を持って生活して

・・・と諭されると

はい・・・

・・・と小声で答えていましたが判決後は呆然自失で暫くは動けないほどの落ち込みぶりでしたね。もしかすると、もっと軽い「刑」を予想していたのでしょうか?吉澤ひとみ被告の犯行は「ほぼ実刑」に値するの執行猶予5年

担当した佐藤卓生裁判官は

いずれか一つを犯しただけでも重い責任を問われる罪。その上、各犯行はいずれも同種の犯罪と比べて(程度が)悪質

・・・と厳しい口調で吉澤ひとみを断じています

佐藤卓生裁判官が今回の犯行で、そこまで厳しい口調で論じるのは下記の理由が有るからです

(1)1リットル当たりの基準値の約4倍となる0・58ミリグラムを検出する酒気帯び運転

(2)法定速度の60キロを26キロ超過する過失運転致傷(信号無視、速度超過)

(3)女性被害者が顔に傷の残るケガを負ったにもかかわらず、放置した救護義務違反(ひき逃げ)が判明

これだけの悪質極まる犯行にも関わらず吉澤ひとみは涙を見せるものの具体的な答弁は出来ずじまいでしたから裁判官が語気を強めるのも当然と言えますね


スポンサーリンク

実刑に値する極めて重い有罪判決

裁判官は複数の情状酌量を認めつつも

通常より長めの猶予期間が相当。5年の間に過ちを犯すと2度目の猶予はないと思ってください

・・・異例のとクギを刺すほどでした

「執行猶予5年」と言う極めて異例な判決に関して元東京地検検事の大沢孝征弁護士は

“実刑にしてもよかったんですよ”という地裁の気持ちの表れ。刑務所の塀の上を歩いているようなもの。被害者のケガがもうちょっと重かったら、間違いなく実刑

・・・と独特の表現で語っています

・・・と言うのも理由が有って猶予付き判決で「5年」が言い渡される率は「全体の10%程度」ですからね

裁かれた事件だけでなく、生き方や順法精神を顧みさせる意図が大きい

・・・とも話しています

更に問題なのは吉澤被告が保釈後も相当量の酒を飲んでいることが判明しています。これは旦那である川前毅が発言していますから事実でしょうね

この発言が猶予刑の法定上限という厳しい量刑に影響した?のも当然と言われています。

大沢弁護士は「飲酒運転は駄目だが、飲んじゃいけないということはない」・・としつつも

普通は少なくとも裁判中は自重する。本当に反省しているのか?と疑問を持たれても仕方ない

・・・とも話し吉澤ひとみを突き放しています

この5年の間、自覚をもっと持って、裁判と関わることのないよう生活して

・・・・という裁判官の言葉に

はい・・・

・・・と震える小さな声で答えた吉澤ひとみ被告です。判決から2週間で控訴しなければ刑が確定しますが、控訴の方針は無いと言われており今回の刑が確定的です


スポンサーリンク

判決前に吉澤ひとみ酒を買いに行く?旦那の会社も倒産の危機か?

判決前の11月27日発売の「女性自身」が吉澤ひとみ被告のデパ地下での買い物風景を激写しています。その実態が驚くべきことに派手なミニスカ姿で「酒の肴」らしきものを購入しています

吉澤ひとみは逮捕後に保釈されていますが「メンタル面とアルコール依存症の治療」の為に東京近郊の病院に入院しています

世間的には、あの保釈児の「やつれた姿」から想像するに治療に専念している・・・と思いきや全く予想外の姿を「女性自身」に撮られたことになります

まぁ この時点で今回の判決も充分に頷けるというものではありますが・・・

「11月20日、吉澤は母親と一緒に都内にある高級デパートの地下食品売り場で買い物をしていました。ロングコートにミニスカートのコーデで、派手な印象だったようです。さらに驚いたのは漬物やスナップエンドウ、揚げ物など酒の肴と思えるものを手に取っていたこと。22日は吉澤の結婚記念日で夫婦で乾杯用の食材を買っていたとも見られています」

今回の公判時に旦那の川前毅が「今でも嫁はキッチンで酒を飲んでいる」と証言しているのですが、実は旦那も一緒に飲んでいた?或いは注意もしていない?可能性がありますね

そして、ここに来て旦那・川前毅の会社も相当怪しい・・・と言われ始めています

川前毅の会社は「フューチャーカスタムズ」と言う名前です

この会社にペーパーカンパニー(法人登記はされているものの営業活動を行っていない企業)疑惑が浮上しているんです。

その根拠については幾つかの点が指摘されていて

・IT会社の割にサイトデザインがショボい(現在閉鎖中)

・2014年12月22日を最後に、サイトが更新されていない

・会社はレンタルオフィス(賃料8~20万円ほど)

・役員の名前が日本人っぽくない

・副社長はいろんな会社の役員を務めている

・移転先のオフィスは新宿なのに、取引銀行は横浜のまま。しかも一行のみ

・資本金100万円でソフトウェア業

・売上1500万円、税引き後利益50万3千円(一部情報)に対し役員3人

過去にはプログラマーのアルバイトを8時間労働で時給1000~2000円(スキルに応じて変動)で募集

かなり自由な社風の会社です。自律的にスキルアップを目指す方を募集します

・・・との謳い文句で求人募集しています。ホームページ内には電話番号の記載は有りませんでした

別の情報では・・・

9月13日発売の「週刊文春」によると吉澤ひとみ夫婦は新宿区の高級賃貸マンションで親子3人で暮らしているといわれていますが、そもそも資本金100万円・売上1500万円の零細企業で新宿の高級マンションに住めるものなのか?は誰が考えても怪しいですよね

吉澤ひとみ被告の保釈保証金300万円は川前毅がが負担しています。保釈時にネットでは

「保釈金が安すぎる」などと騒がれましたが旦那の会社の懐事情が判明すると

保釈金300万円も納得だね

夫に収入がなかったのか

・・・といった声が殺到しています

また川前毅社長の会社については

売り上げ1500万円でどうやって役員報酬払ってんの?

旦那の会社HPもう何年も更新止まってるけど存在してるのか?

・・・などの疑惑の声も殺到している状態です

表向きペーパーカンパニーで裏で怪しいことやってる人なのでは?

こんな利益率で役員こんなに置かないだろ?独り親方の会社規模やん

役員も名義貸しのペーパーカンパニーだろ

・・・といった当然とも思える指摘も寄せられています

保釈時には300万を旦那が支払ったことから夫婦仲は大丈夫・・・とも言われていましたが、どう見ても川前毅の会社も資金力・営業力に疑問が付くのは事実です

おそらく吉澤ひとみ夫婦の中には「嫁の稼ぎ」も頭に入れての結婚だったと予想されます

ところが思いがけない不祥事で芸能界引退・・・。一般人として働くのは今後も難しいでしょう・・・

川前毅はバツイチで前妻との娘には養育費を一切払っていない疑惑も浮上しています。今回も吉澤ひとみに相当の怒りは持って居ると言われていて、事件の影響で会社の業績も一層落ち込んでいると言われていますから早い段階で「離婚」の可能性が出てくるものと予想します

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!

【超人気】16万アクセス突破 芸能界激震の不倫やりまくり記事

↓  ↓  ↓

斉藤由貴不倫医師(卓馬紳)斎藤の自宅でパンティかぶり医者廃業


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る