【石橋和歩死刑にしろ】懲役18年の理由は?東名あおり事故判決に批判殺到!

追伸 速報 12月14日
「石橋和歩 死刑にしろ!」

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月に「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告の判決が14日に横浜地裁にて(深沢茂之裁判長)出ました。

懲役23年の求刑に対して判決は・・・懲役18年・・・と言う予想よりも軽い量刑となりました
危険運転致死傷罪は適用された見込みです

この判決を受けて「石橋和歩 死刑にしろ!」との批判が殺到しています
残された娘さんやお母さんの声も届かず・・・と言う判決になりました

追伸 速報 12月10日 14時
神奈川県大井町の東名高速で昨年6月に「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告裁判員裁判の第6回公判が10日に横浜地裁(深沢茂之裁判長)で行われて検察側は論告で「娘2人は両親を目の前で奪われ、一生消えない心の傷を負った。娘2人は両親の声を聞くことも、抱きしめてもらうこともできない」などと述べて懲役23年を求刑しました

 

↓ ここから下は12月3日の記事です ↓

【石橋和歩】東名高速事故あおり加害者死刑にしろ!無罪の可能性も?

東名高速道路にて昨年6月に神奈川県大井町で乗用車にトラックが追突し夫婦が死亡した事故をめぐり「あおり運転」で無理やり停車させ事故を引き起こした・・・疑いで自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた建設作業員石橋和歩被告の裁判員裁判の初公判が3日に横浜地裁で行われて何と弁護側は同罪について無罪を主張しました

まぁ弁護士は当然、弁護人を守る立場ですから何とも言い難いですが、この悪質極まりない事件で無罪を主張・・・という展開に世論からは当然批判が殺到しています

石橋和歩被告は実況検分の立ち合いの時も何故か笑顔を見せたり、また面会・取材を求めて真実を聞きだそうとするマスコミに対しては金銭30万以上・・・・を要求すると言う全く反省の色が見えない石橋和歩被告です

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

東名あおり事故の経緯は?

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月に乗用車にトラックが追突し萩山嘉久さん・友香さん夫婦が死亡した事故をめぐり「あおり運転」で無理やり停車させ事故を引き起こしたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた建設作業員石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の初公判が3日に横浜地裁にて行われて何と弁護側は同罪について無罪を主張

石橋和歩被告は起訴内容を大筋で認めて弁護側は事実関係は認める一方で同罪と予備的訴因の監禁致死傷罪はいずれも成立しない・・・・と指摘。判決は14日の予定です

石橋和歩被告は昨年6月5日夜に東名下り線のパーキングエリアで静岡市清水区・自営業萩山嘉久さんに駐車方法を非難されたことに憤慨

時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返して追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発しています。萩山さんと妻友香さんを死亡させた他にも娘2人にもケガを負わせた疑いです

危険運転致死傷罪は「運転・走行行為が対象」になるのは事実です

しかしながら検察側は直前の「あおり運転」と停車後の事故に明白な因果関係があるとして危険運転致死傷罪の適用に踏み切っています。

一方では予備的訴因として監禁致死傷罪も追加しています。石橋和歩被告が萩山さんの胸ぐらをつかんで車外に引きずり出そうとし再発進を困難にさせたことが監禁に当たると主張・・・

弁護側は「停車後の事故」に危険運転致死傷罪は適用できず監禁の故意もなかったと「無実」を訴える見通しです

公判は7回予定されており10日に検察側の論告求刑と弁護側最終弁論が行われます


スポンサーリンク

「東名あおり事故」の詳細は?

事故の少し前に中井パーキングエリア(PA)で休憩していたた萩山嘉久さん・萩山友香さんと娘2人が中井PAを出る際に入り口を塞ぐように止まっていた石橋和歩被告の車に対して萩山嘉久さんが「邪魔だ」・・・といったことが発端です。

石橋和歩容疑者は、この日は彼女を乗せて箱根観光をして帰る途中でしたが萩山嘉久さんに注意されたこれを逆恨みしハイエースを運転していた妻・萩山友香さんを幅寄せ・ハイビームなど威嚇するような行為を繰り返して約1㎞追いかけまわし、この時には時速は120㎞を超えていたとの疑いもあります

追い越した後は萩山友香さん運転のハイエース前で進路を妨害して突然に 追い越し車線で停車します

石橋和歩容疑者は同乗者の女性(中尾美穂さん?)と共に車を降り、対応するためにドアを開けた萩山嘉久さんの胸ぐらを掴んで車から降ろそうとして、この時には妻の萩山友香さんも仲裁のためか?車から降りています。

萩山さんの車に乗っていたのは萩山嘉久さん・萩山友香さんと娘さん2人。追い越車線に突然停止していましたから後続のトラックが突っ込み萩山嘉久さん・萩山友香さんは死亡

娘2人は中央分離帯に沿って13m飛ばされたものの幸いにも命に別状はなし・・・これは不幸中の幸いでした。娘さん二人ともに命を落としていた可能性も充分にある事故でした


スポンサーリンク

石橋和歩容疑者とは、どんな人物なのか?

横浜拘置所に勾留中の石橋和歩(かずほ)被告に対してはマスコミが面会を手紙で要求しています。ところが・・・

俺と面会したいなら 30万からやないと受つけとらんけん

・・・と金銭を要求する始末です

取材については

人のことをネタにしている

・・・との趣旨が手紙には書いてありました

石橋和歩被告は弁護方針に関しては弁護人に一任しています。逮捕直後は・・・

(後続車の夫妻の車に)あおられたり、パッシングされたりしたため停車した

・・・・と供述。しかしながら神奈川県警は事故当時に現場を走行していた車両260台以上の目撃情報やドライブレコーダーの映像を確認して石橋和歩被告の供述は虚偽と判断

石橋被告も結局は、その後に

現場近くのパーキングエリアで駐車場所を注意され頭にきて追いかけた

・・・と供述を変えています

石橋和歩容疑者の経歴ですが・・・

名前:石橋和歩(いしばしかずほ)

年齢:26歳

住所:福岡県中間市扇ヶ浦1丁目19番6号(住所も特定されています)

職業;建設作業員

愛車:ホンダ ストリーム

家族:母親

石橋和歩容疑者は背中全体に「入れ墨」を掘って居て暴力団の一員?という噂もありますが今のところ詳細は不明です

石橋和歩容疑者の知人の証言では「当たり屋」のようなことをやっていた・・・と言う証言もあります

当然、相手側にお金を請求することもあったらしく石橋和歩容疑者は保険会社などから「ブラックリスト」に掲載されていたことも判明しています

石橋和歩容疑者に対しては極刑を望んでいる人も多くて「死刑にしろ!」と言う意見も数多くあります。残された2人の娘さんの事や石橋和歩容疑者の反省なき態度を見ると当然のこと・・・・

しかしながら「明らかな殺意を持って命を奪った訳ではない」と言う何とも不可解な見解で殺人罪にはならず「過失運転致死罪」になる可能性が大

実際に過失運転致死罪が適用された場合、その罰則は【7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金】・・・になりますから遺族にとってはタマラナイでしょうね

石橋和歩容疑者は幼い時に両親が離婚して母親が石橋和歩容疑者を一人で育て上げています。母親によると学生時代の石橋和歩容疑者は、おとなしく、問題行動を起こすような人物ではなかった・・・と話ています。

いつから石橋和歩容疑者は道を踏み外したのか?そして全国から注目される今回の「東名あおり事故」に、どのような判決が下るのか?注目されるところです

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!

【超人気】16万アクセス突破 芸能界激震の不倫やりまくり記事

↓  ↓  ↓

斉藤由貴不倫医師(卓馬紳)斎藤の自宅でパンティかぶり医者廃業


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る