Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【アパマン】スプレー缶ノルマが札幌爆発事故の原因か?全国から苦情殺到

【アパマン】スプレー缶ノルマが札幌爆発事故の原因か?全国から苦情殺到

札幌爆発事故を起こしたアパマンショップを展開する「APAMAN」は公式ホームページで

けがをされた方々の一日も早い回復をお祈りし、関係する皆様に心からお詫びします

・・・と謝罪しています

ところがアパマンショップ元従業員は「あれは起こるべくして起こった事故です」と週刊文春に告発しています
まぁある程度は予想通りですよね?事故を起こした札幌の店舗だけがスプレー缶を貯め込んでいたとは誰も思わないですから・・・


その元アパマンショップの従業員は取材に対して

アパマンでは、借主と賃貸契約を結ぶ際に仲介手数料以外に『消臭・抗菌代』などをつけるようノルマが課されています。といっても専門業者が入って作業をするわけではなく

店舗スタッフが消臭スプレーでやる。スプレー缶1本につき、1万800円を請求し、例えば1Kの部屋なら2本分が相場でした

しかも本部から直営店に課されたノルマは「付帯率500%」・・・
つまり相場が2本分の部屋なら、10本分の値段をつけるよう求められると言う耳を疑う言葉です

ただ、本当に契約通りの本数で作業したら床がベチャベチャになるし、そもそも匂いが消えている部屋もあるので、店舗に持ち帰るしかない。

私がいた店舗では、それが300本近くも溜まっていた。余っているのを本部社員に見つかると『ノルマはどうした』と怒られるから、定期的に近くの廃墟ビルの屋上で穴開け作業をしていました

今回の札幌爆発事故では店長が自らスプレー缶を処理していたことが既に判明していますが、これは上記のような本部からのノルマと言うか圧力が有ったのが原因・・・と言われても仕方ないですね

昨日に記者会見を行った社長もアパマン本社の社長では有りませんから

全国に有るアパマンショップはフランチャイズ展開をしています、言わば加盟店ですね

その一つが今回爆発事を起こした「アパマンショップリーシング北海道」・・・です

昨日の記者会見も批判が殺到していますが・・・
札幌爆発事故の発生元である不動産仲介業「アパマンショップリーシング北海道」佐藤大生社長は17日にケガをして入院中の辻本店長からに聞いた話を記者会見にて報告したしました

辻本店長はスプレー缶120本を噴射して部屋の中が真っ白になっため外に十数分退避・・・部屋に戻って給湯器を使った途端に爆発

2日後に店内を改装する予定で溜まっていた120本のスプレー缶の整理をしていたものですが実際には顧客からは1本あたりの除菌・消臭料金とって実施していないことが判明・・・。

おそらく、この事実は全国にあるアパマンショップの同じ疑惑を持たれるのは当然のこと・・・と想われますね

「アパマンショップリーシング北海道」は入居前の除菌・消臭を1万円の料金で受け付けていましたが実際は作業していなかった為に120本のスプレー缶の
処理を辻本店長が自ら行っていたことも判明しました

顧客からは 「これでは詐欺じゃないですか!!!」との批判が当然のごとく殺到しています

スプレー缶の購入代金は1000円程度ですから1本で9000円も儲けていて120本ですから100万を超す稼ぎを顧客から騙して得ていたことになります

当然、今回の爆発事故に関しては今後、損害賠償の責任も出てきますがスプレー缶が大量に残ったのはアパマンからのノルマが有った?との説もあり店長としては止むを得ずスプレー缶を隠れて処理せざるを得ない状況に追い込まれた可能性もあります

また佐藤大生社長の記者会見を見た人からは

全く反省・誠意が感じられない

敬語がオカシイ

・・・との批判も殺到する始末で本来、騒ぎを鎮めるための記者会見でしたが火に油を注ぐ結果となりました

『アパマンショップリーシング北海道』

【代表取締役社長】佐藤大生
【取締役】大村浩次
【取締役】川森敬史
【監査役】富田保徳

 

追記 速報 12月18日 14時

北海道・札幌市の雑居ビルで42人が重軽傷を負った爆発事故の続報が入ってきました。ガス缶を窓を閉め切り処理していたのは店長とスタッフ1名であることが判明しました。このガス爆発事故は16日午後8時半ごろ、札幌豊平区平岸の雑居ビルで、大きな爆発があり、不動産仲介業者の30代の店長が重傷、飲食店などにいた男女あわせて42人がけがをしたものです

捜査関係者によると事故当時、消臭スプレー缶およそ120本のガス抜きをしていた不動産仲介業者の30代の店長と20代の従業員は、建物の1階にいたとみられ、窓を閉め切っていたことが判明

スプレーには、可燃性ガスの「ジメチルエーテル」が含まれていましたが換気をせずに給湯器に火をつけたところ爆発・・・
警察は18日も100人以上で現場検証を続けています

★追記 ここまで★


札幌爆発事故犯人特定?損害賠償金額は1億超え確実か?アパマン株価暴落

2018年12月16日夜に起きた札幌市ガス爆発事故ですが北海道警は札幌ガス爆発の発生元・出火元・原因は不動産店・アパマンショップ (アパマンショップ平岸駅前店)であることを断定しました。このことを受けてアパマンの本社が謝罪文書を本日発表しています。これだけの規模の爆発事故は余りないですが死者が一人も出なかったのが不幸中の幸いとはいえます。

ところが爆発事故の原因はアパマンショップの従業員がスプレー缶のガス抜きを室内で行っていたことが判明して一気にアパマンショップへの批判が殺到
特に誰がスプレー缶のガス抜きをしていたのか?・・が焦点ですが、それも人物が特定されつつあります

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

札幌ガス爆発事故の原因が特定

12月16日夜の札幌市で起こったガス爆発事故に関して北海道警は出火元・原因は不動産店・アパマンショップであることを特定しました

今回の爆発事故の発生元・出火元とされるのはアパマンショップ平岸駅前店・・・になります

アパマンショップ平岸駅前店の従業員の証言では・・・

・札幌ガス爆発事故当時スプレー缶の穴あけ作業をしていた

・100本以上穴をあけた後、湯沸かし器をつけたら爆発した

・・との事でスプレー缶の廃棄作業を室内で窓も開けずにしていた呆れた事実が判明しています

管理していた物件の除菌の為に溜めこんでいたのでしょうね。溜めたスプレー缶100本程度を年末に処分しようとして爆発・・・というのが今回の大事故の原因になります

当然、この従業員・店長・会社含めた損害賠償の責任問題になってきますが、この呆れたスプレー缶の処理をしていたのは誰なのか?

現在HPは削除されて閲覧不能になっていますが従業員の顔写真は残っています

スプレー缶で爆発させたアパマンショップの従業員は誰? なのでしょうか?


スポンサーリンク

ガス爆発事故の犯人特定?

札幌ガス爆発事故があった為にアパマンショップの HPから「アパマンショップ平岸駅前店」は消されています。当然他の関係ない店舗は閲覧可能な状態ですが該当する「アパマンショップ平岸駅前店」で働いていたスタッフの顔写真は残っていましたのでアップします

上記3人の中の誰かがスプレー缶に穴あけ作業をして最後に手を洗う為にガス給湯器をつけた途端に爆発事故を起こしたことになります

店長は上の写真の真ん中の方でネームプレートによると名前は「つじもと」さんのようですね。おそらく店長自らスプレー缶の穴あけをする・・・ことは考えられないので写っている画像の左右どちらかの人物の可能性が高いです。
追記 犯人は辻本店長と、もう1人・・・ということが判明しました(12月18日 14時)

ただしアパマンショップに限らず不動産業界は人の入れ替わりが非常に激しいので、この左右2人以外の可能性もあります

今の時期は年度末ですからスプレー缶の穴あけ作業は若手がやる?でしょうからの左の方では?と言われていますが未だ真相は明らかになっていないのが現実です。分かり次第、追記させて頂きます

今回の札幌ガス爆発事故でニュースなどが「火元」である?かのように報道された飲食店「海さくら 平岸店」は風評被害もいいとこですよね

今回の事件を受けて不動産仲介店の親会社アパマンは18日、おわび文を発表しています(下記原文のまま掲載)

札幌市豊平区の爆発事故に関するおわびとお知らせ

12月16日午後8時半ごろ、当社連結子会社 株式会社アパマンショップリーシング北海道の運営する
アパマンショップ平岸駅前店にて爆発事故が発生いたしました。

爆発事故による被害に遭われた方々、周辺住民の方々、及び関係する全ての皆様に心よりおわび申し上げます。

1 影響について

当社従業員2名 けが及びやけどなど

当社の賃借していた建物及び当社店舗内装設備全損、周辺建物の影響は調査いたしております。

近隣店舗の従業員やお客様などの被害は調査いたしております。

2 原因について

事故当時、店舗内にいた従業員から聞き取り調査を行いましたところ、消臭スプレー缶約120本の廃棄処理後、
沸かし器をつけたところ爆発が起きたとの報告を受けました。

その他詳細につきましては、当局にて調査中です。

おけがをされました方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げるとともに、被害を受けられました皆様方には、
心からおわび申し上げます。

3 今後の見通し

本件に伴う連結業績見通しに与える影響は現時点では不明です。今後の見通しに関して業績予想の修正などが
必要であることが判明した場合には、速やかにお知らせいたします。


スポンサーリンク

ガス爆発事故の損害賠償金は億超え確実

本来は火災の場合は単なる過失による場合、建造物等失火罪と同じく、最高刑は罰金50万円となります。仮に不注意の程度が重大なものであれば重過失建造物等失火罪と同じく最高刑は禁錮3年・・・となりますが。日本の場合は木造家屋が多い・・・という事情を踏まえた「失火責任法」という特別な法律があり火気による失火で、かつ、重過失でなければ、損害賠償責任を負担しなくても済む・・・と言う何とも納得できない特別な法律が存在します。

つまり隣りの家が火事を起こしても殆どの場合は損害賠償の責任を問うことはできない・・・と言う時代遅れの法律ですね

ただし当然に今回の札幌ガス爆発においては失火責任法が適用されず高額の損害賠償責任を免れない・・・と見るのが当然のなりゆきになりますね

現在、警察はアパマンショップ従業員の過失により火が出て建物が燃えた点に着目し建造物等失火罪の疑いで捜査を進めています

今回の場合は大量のスプレー缶のガス抜きを室内にて行っていたことが明確になっており禁錮3年を最高刑とする重過失激発物破裂罪に問われるの可能性もあります

また事件のポイントが火気にあるのか?爆発にあるのか?単なる過失によるものか?重過失まで認められるか?で損害賠償責任をも大きく左右されると言われていますが当然爆発事故の原因はアパマンショップにありますから本人は当然のこととしてアパマンショツプの店舗・本社も含めての対応になってきます

今回の被害は倒壊した建物を含む20棟と車両26台に上る・・・大規模な爆発事故となりました

おそらく損害賠償を含めて、この事故が完全に解決するのは早くても数年は掛かる見込みです

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!

【超人気】16万アクセス突破 芸能界激震の不倫やりまくり記事

↓  ↓  ↓

斉藤由貴不倫医師(卓馬紳)斎藤の自宅でパンティかぶり医者廃業


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 1月 19日
    トラックバック:win 10 bản quyền
  2. 2019年 1月 19日
    トラックバック:bản quyền game giá rẻ
コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る