【逮捕?】小室佳代(圭の母親)遺族年金不正受給と脱税疑惑で破談へ

小室佳代(小室圭の母親)逮捕の可能性?脱税と遺族年金不正受給の疑い!

2019年1月22日に小室圭さんが借金トラブルの経緯を説明する文書を発表したことで新たに小室圭さんの母・佳代さんに“脱税疑惑”が持ち上がっています

事の経緯は・・・母・佳代さんは夫を2002年に亡くして今回問題となっているX氏と2010年9月に婚約しています

婚約して以来X氏は母・佳代さんから生活費・小室さんの学費として多額の金銭的援助を要求されていて合計額は409万円・・・に膨れ上がっています

この金額に関しては双方共に一致しています。ところが・・・

・小室さん側は2012年9月の婚約解消時にX氏から「返してもらうつもりはなかった」という趣旨の発言があったため返金しなかった

・X氏はその発言を否定し全額返金を求めている

・・・お互いに対立しているのは今まで報道されている通りです

ところが今回新たな疑惑を清原博弁護士(日本・アメリカの弁護士資格保有者)は

小室佳代さんが受け取った409万円が借金ではなく贈与であれば、贈与税の支払いの対象になります

この金額ならば、贈与税は15~20万円ほどでしょう

・・・としていて今までの小室佳代さんの主張であれば贈与税が発生する・・・との認識を示しています

そしてこの贈与税の時効は2020年3月になります

贈与税の時効が迫っていることは当然、税務署も認識していますから近日中に税務調査が入る可能性がある

・・・と清原弁護士は答えています


ここからが少し、ややこしいのですが「事実婚など内縁関係であれば贈与税はかからない」ことになっています

しかしながら母・佳代さんとX氏との内縁関係が認められた場合は新たな疑惑が発生する・・・と清原弁護士は語ります

佳代さんは現在も亡くなったご主人の遺族年金を受給していると聞きます

実は死別後に別の相手と一度でも内縁関係になった場合その時点で遺族年金の受給資格は失われるのです

内縁関係を解消しても受給資格が復活することはありません

国が返還要求を行えるのは5年間です

仮に佳代さんとX氏に内縁関係があったなら

現在からさかのぼって5年分は不正受給となり

全額返金しなければなりません

・・・と語って居ます。複雑ですけど、これは大問題ですね・・・

つまり小室圭さん・母の佳代さんが主張する

・409万円は貰ったと考えて居る→贈与税が発生する
・内縁関係が事実と認められた場合→5年分の遺族年金は返金(不正受給に該当)

・・・と何れにしても小室圭さん・母の佳代さんにとっては言い訳の出来ない状況になったと言えます

当然に母の佳代さんも危険性は認識していて婚約直後、X氏に次のようなメールを送っています

主人の年金を受け取っている間は内縁の関係にはなれません
私達の事実婚はなるべく、どなたにも知られたくないのです

この「どなたにも知られたくないのです」・・・と言う事は裏を返せば「事実婚」を認めていることになりますね。遺族年金の“不正受給”又は“脱税”に当てはまる可能性があることは母・佳代さんも当然、小室圭さんも認識していたことになります

まぁ、しかしながら本当に小室圭さんの母子の家計は複雑すぎます

もし脱税疑惑・不正受給が明らかになれば当然、逮捕・・・の可能性も出てくるのですが、それでも小室圭さん・母の佳代さんは今回の眞子さまとの話を進めるのでしょうか?

ここから下記は2018年8月8日の記事です

  ↓ ↓ ↓

眞子さまブサイクすぎるのが原因で小室圭(眞子さま婚約者)婚約破棄?

全授業料免除の奨学金でアメリカ留学出来るのは何故か調査!

先日 アメリカ留学へと旅立った小室圭さん(眞子さま婚約者)ですが 空港では一切報道陣の問いかけには応じずに無言を貫きました

眞子さまとの婚約内定したものの 時期未定の挙式は未定・・・と言う皇族としては異例の展開になりました

小室圭さんは アメリカ留学から帰国後は 元の法律事務所に勤務すると言う これも異例の?好待遇となります

 

まぁ 法律事務所も無下には 断れませんよね・・・

小室圭さんに関しては お母さんの金銭に関するトラブルが続出するありさまで このままでは充分に破談の可能性も有ると言われています

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

全額授業料が免除!返済の義務は一切なし!

米ニューヨークのフォーダム大学ロースクールは今月の5日に秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんが8月から同スクールに入学すると発表

何と 今回 小室圭さんは 授業料を全額免除する奨学金を受けての留学になることも併せて発表

この「授業料全額免除」と言うのは完全にプライバシーに関わることですから 明らかにすること自体は問題では?と言われていますが それは ともかくとして小室圭さんが 眞子さまの婚約者で無ければ おそらく授業料が全額免除にはならなかったと思われます

フォーダム大学は大学の公式サイトで

「ケイ・コムロ 日本のプリンセス・マコのフィアンセ(婚約者)が入学へ」

・・・との見出しを発表した

その発表によると小室さんは1年間の法学修士プログラムに入りその後は法務博士の学位を取得するためにさらに2年間学ぶことを希望

奨学金は貸与ではなく、返済の必要がないという・・・異例な厚遇

今 日本では奨学金を利用する大学生は約50%も居ます

そして

その返済に追われて結局は自己破産する人も沢山居るのが現実です

それと比較すると 小室圭さんが 如何に優秀であったとしても この全額免除と言うのは異例であり何か「他の力」が働いた?と言われても仕方ないところですね

フォーダム大学法学修士プログラムには今春181人が入りうち6人が日本からの入学です

この6人も心中は 穏やかではないでしょう

小室さんは今年春に勤務先の法律事務所に渡米の希望を申し出ています

現在の事務所に籍を残したまま2021年に帰国後に再び勤務する予定・・・と言いますから これも異例の好待遇です

小室さんと眞子さまは昨年9月に婚約が内定したものの

「充分な準備を行う時間的余裕がない」

・・・として今年2月に結婚とそれに関わる諸行事を

「再来年(2020年)に延期」

・・・すると発表

その後、具体的な予定は一切明らかにされていないのが現実です


スポンサーリンク

宮内庁が「フィアンセ」の表記に激怒!

今回の小室圭さんの留学目的は弁護士資格の取得です

ニューヨークにあるフォーダム大学のロースクールで約3年間学ぶ予定ですが今月5日付けの大学のホームページには

「日本のプリンセス・マコのフィアンセが入学へ」

・・・と始めの段階では表記され発表も されました

眞子さまの婚約者を意味する“フィアンセ”という言葉で紹介したわけですね

別に それで イイのでは?と思いきや これに激怒したのが宮内庁です

言い分としては

「結納」を経てないため「婚約」ではない

・・・との見解を発表してまで激怒する始末でした

これに たいしてフジテレビで宮内庁担当の宮崎千歳記者は

「お二人並んで記者会見をされて、婚約されたんだととらえている方も多いと思いますが、皇室では結婚にあたって婚約内定という段階を経ていて、それはご両親や天皇陛下から結婚の許しを頂いてそのことを皆に広く伝えるという段階。なのでまだ婚約が整っているわけではない」

・・・と説明までする異例のコメント

皇室では伝統的に一般の結納にあたる「納采の儀」を経て正式に「婚約」となることから宮内庁はまだ“フィアンセ”ではない・・ということですね

これを受けて大学側も「フィアンセ」の表記を削除

大学側も神経を ピリピリさせているのが現実です


スポンサーリンク

小室圭さんと眞子さま婚約破綻の可能性は高い?

今回の小室圭さんの留学は婚約に影響するのでしょうか?

昨年9月に婚約が内定した眞子さまと小室さんは今年の秋に結婚式が行われる予定でした。その婚約の一報は当然 ニュース速報でも報じられて大騒ぎに・・・

ところが それから数日経つと 小室圭さんの お母さんの金銭疑惑や男性問題が噴出してくる有様・・・

結局は今年2月に

「充分な準備を行う時間的余裕がない」

・・・として再来年2020年まで結婚を延期することを発表されました

そんな騒動の中で3年間、2021年までの予定で小室さんが留学することになったのですが この留学は表向きは「留学」であり「弁護士資格取得」ですが今回の騒動から「雲隠れ」するためではないか?との指摘もあります

実際 これ以上 日本に滞在するとマスコミの報道も過熱するのは必然

では 今回の留学が お二人の結婚に影響が出る可能性はあるのでしょうか?

前出の宮内庁担当・宮崎記者は

「今回の事実関係の指摘と今後のご結婚に向けた動きはまったく切り離して考えてほしいと宮内庁は説明していまして、お二方とご両家の話し合いで今後の事は決まっていくのでしょうし、そこに十分な時間をかけたいというのが結婚延期の理由でしたので時間をかけて決めていかれるのだと思います」

・・・と 異常に気づかいした?コメント

しかしながら 今後 小室圭さんに関する疑惑・あるいは お母さんに関する疑惑は もっと新たに出てくるのは確実でしょう

小室圭さんは お母さんと共に 何度も宮内庁に呼び出されています。

おそらく宮内庁としても 真実を掴みきれていないのが真相でしょうね

それにしても 仮に めでたく ご結婚をなっても その費用は当然 国民の税金で払われるワケですから 我々も諸手を上げて「おめでとうございます!」とは今の現状では言えないのが正直なところ

小室圭さんの留学中に 「婚約破棄の可能性」は非常に高い・・・と見るのが妥当な線だと思われます

 

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る