炎上やりまくりのキングコング梶原、YouTubeチャンネルの登録者数100万人達成!!

スポンサーリンク

お笑いコンビ、キングコングの梶原雄太さんは「カジサック」という名前でYouTuber
デビューしていました。梶原さんはその動画の内容で、2019年末までに登録者数が100万人を突破しなければ芸人を引退するということを話されていました。今回、その目標が達成されたということで梶原さんについてプロフィールも含めて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

梶原雄太さんのプロフィール

198087日生まれ
大阪府出身
キングコングのボケ担当
相方は西野亮廣
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
2007
M-1グランプリで決勝進出(3位)
2018
10月よりYouTube活動を開始
YouTuber
としては「カジサック」という名前で活動
チャンネル名は「カジサックの部屋」

スポンサーリンク

YouTuberとしての活動

最近の芸人さんは、YouTubeの動画を投稿する人が増えてきたように思います。その代表格が梶原さんではないでしょうか。梶原さんは先ほども書いたとおりチャンネルを開設したと同時に2019年の年末までに登録者数が100万にいかなければ芸人を引退すると話していました。これが去年の話なのですが個人的には100万人というのはかなり厳しいのではないかと思っていました。100万人という数字はYouTuberにとってかなり大きな数字だと思います。100万人を超えるチャンネルを持っている人はごく一部の人ではないかと思います。長い時間をかけてYouTubeの活動をしている人たちがやっとの思いで100万人を突破しています。そんな中梶原さんは1年でこの数字を突破しようとしていました。そのぐらい強い意思のもと活動していこうと思っていたのですね。動画の内容としてはテレビではなかなか見ることのできない方とのトークなど梶原さんにしかできないことなどしているようです。最も再生回数が多かったのは南海キャンディーズの山里さんとのガチンコトークの動画だそうです。そのほかにも相方の西野さんとトークをしたり梶原さんの家族を出したりYouTubeならではの企画となっています。

スポンサーリンク

実はいろんな芸人がYouTubeをやっていた

梶原さんに限らずYouTubeに進出している芸人さんはかなりいることご存知でしょうか。有名なところと言えばトータルテンボスさんなんかも動画を投稿しています。その場合「SUSHI☆BOYS」という名前で活動しています。内容は大村さんが考えたドッキリを相方の藤田さんに仕掛けていくというものです。非常に考えられたドッキリで、毎回爆笑してしまいます。ドッキリの内容がいたずらの度を超えていてそれでも不快になることもない丁度いい内容で楽しませてもらっています。ほかにも今話題のEXITや霜降り明星などもYouTubeのチャンネルを持っています。ただこれだけの芸人やタレントなどYouTubeのチャンネルを持っていますが100万人という数字を突破している人はいません。なのでテレビでの知名度や人気では登録者数にも限界があるということです。梶原さんはしっかりと内容にこだわりYouTubeというものしっかりと研究したように思います。

スポンサーリンク

最後に

さて、今回は梶原さんについて書いてきました。一タレントとしてではなく、YouTuberとして確立したのではないかと思います。もちろん100万人を突破したので、芸人を引退することはありません。ですがこれからも芸人の仕事だけではなくYouTuberとしてもしっかり活躍してくれるだろうと思います。テレビの内容や見せ方などをYouTubeでそれっぽく見せてきた時代から、今は逆になりつつあると思います。テレビに出ているのがあくまでも芸能人でYouTubeで活動している人は素人という扱いだったと思います。それがテレビに出ているタレントさんががYouTube活動をはじめています。YouTuberが逆にテレビに出ていることもあります。時代というのは流れるもので今後どうなっていくかわかりません。YouTubeとテレビが噛み合えばもっともっと面白いメディアが生まれるかもしれません。そんなことを思いながら今回は終わりたいと思います。