著作権侵害やりまくり!被害総額3200億円!まんが村?星野ロミ?過去の違法サイト?

スポンサーリンク

現在ネット界隈、無料まんがサイト界隈で大きな話題になっているのが「まんが村」運営者の星野ロミがフィリピン・マニラの空港で入国管理局によって拘束されたということです。

ただし星野ロミのフィリピンでの直接の容疑は「オーバーステイ」です。このまますんなりと日本に強制送還されるかは現在不透明といわれています。

今回はまんが村運営者星野ロミの三重国籍説、まんが村の問題点、過去の違法サイトについてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

蓮舫仰天!星野ロミは三重国籍だった!

フィリピンで拘束されたまんが村運営者星野ロミですが、驚きの事実が判明します。

当初星野ロミは日系ドイツ人と報道されていました。

ところがフィリピンの入管当局によると、星野ロミは日本、ドイツ、イスラエルの3つの国籍を持っていると報道されています、

現在日本大使館が、ドイツ、イスラエルの大使館と星野ロミの身柄の引き渡しを調整中といわれています。今後どうなるかは予想がつきません。

ただ希望が持てるのは、ドイツやイスラエルには国家反逆罪があり15年~18年の長期刑がありますが、日本には国家反逆罪がないことから、星野ロミは日本国籍を選び強制送還されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まんが村の問題点!まんが村は一体何が問題だったのか?

まんが村が違法サイトだったことは間違いありませんが、ところでまんが村は一体何が問題だったのでしょうか。

ちなみにまんが村はあまりの人気ぶりに月間アクセス数は最高17000万人ものアクセス数があったといわれています。おどろきですよね。

まんが村の一番の問題点は「7万冊以上の漫画を無料で公開」していたことです。これらのことから実際のまんがの出版社や漫画家は、少なくとも被害総額3200億円以上の損害がでているといわれています。

2つ目の問題点が、まんが村サイト上の広告費の収入が月5000万円~1億円も荒稼ぎをしていた点です。つまり他人のまんがの著作権でユーザーを集め、広告費を集めていたということです。

3つ目が無許可営業で仮想通貨のマイニングを行っていた点です。こちらも相当な額を稼いでいたようです。

4つ目がサイトにマルウェア(ウィルスソフト)を仕込んでおり、ユーザーにウィルス感染のリスクを負わせたことです。

まんが村は違法でもあり、非常に悪質なサイトだったといえます。

スポンサーリンク

星野ロミは海賊版サイト作りの専門家だった!

まんが村の運営者星野ロミを特定した弁護士によると、星野ロミはかつてまとめサイト「やらおん!」を運営していたとのことです。

「やらおん!」とは2ちゃんねるのカキコミをまとめたものです。当時非常に人気があるサイトでした。

また「やらおん!」だけでなく、違法アダルトサイト「Share Movie」と「Share Video」、違法漫画同人誌サイト「Free Books(フリーブックス)」「YouBook(ユーブック)」も運営していました。

星野ロミのこの当時の最高月収は本人いわく300万円といっています。

その他にも星野ロミはサイトの乗っ取りなども行っており、かなり優秀なウェブプログラマーだったとの評判です。