人間凶器!パワハラやりまくりの吉本興業岡本社長!恫喝!潰された宮迫たち!

スポンサーリンク

宮迫博之さんと田村亮さんが関わっていた吉本芸人による一連の「闇営業問題」はとんでもない状況に突入しました。

宮迫博之さんは吉本興業から719日付でまさかのマネジメント契約を解消されます。

事実上の「クビ」です。

また「クビ」だけではなく、おそらく宮迫博之さんはこれから一生吉本興業が圧力をかけ続けるので、テレビ出演されることはないでしょう。

現在の元スマップの香取慎吾さんや稲垣吾郎さん、草なぎ剛さんのような状態になるでしょう。

スポンサーリンク

吉本は「金銭授受」知っていた!吉本社長の恫喝口止め!

これまでの週刊誌報道の段階では、

宮迫博之さんたちはオレオレ詐欺グループの主催する飲み会に営業で参加して、歌を歌ったり、お笑いをした見返りに「謝礼を受け取った」ということが問題になっていました。

お金はもらっていないと「ウソ」をいっていたということで、宮迫博之さんたちは世間から大バッシングを受けます。

ところが720日の会見によると宮迫博之さんたちがお金をもらっていたという事実は早い段階で吉本興業は把握していたということでした。

68日の時点で宮迫博之さんたちは全てを吉本興業に話します。

ところが実際に吉本興業が「金をもらった」事実を発表したのは、それから16日も経った24日でした。事態は悪化する一方でしたが吉本興業からは「ずっと静観でいきましょう」と告げられます。

その後も宮迫博之さんたちは「会見を開かせてくれ」と何度も直訴しますが、吉本興業は「このまま静観でいきましょう」の一点張りでした。

ついに24日に全員の謹慎が決まります。この日も宮迫博之さんが吉本興業に「会見を開かせてくれ」と頼みますがやっぱり断られます。

その様子を見ていた吉本興業の現社長である岡本社長は、

「弁護士、社員すべて出ろ」と全て退出させ、岡本社長と闇営業のメンバーの5人になります。

岡本社長は「お前らテープ回してないやろな」と録音を警戒します。

そして「亮、ええよ、お前辞めて1人で会見したらええわ、やってもええけどそんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ」

また「俺にはお前ら全員クビにする力があるんや」と完全にヤクザまがいの恫喝(どうかつ)を宮迫博之さんたちに行ったのです。

メンバー全員の「クビ(生活)」を盾にとられた形の宮迫博之さんと田村亮さんは後輩の為に口をつぐむしかありませんでした。

スポンサーリンク

反社勢力が引く!吉本興業の岡本社長の異常性格!

現吉本興業の社長で今回の闇営業問題においての「真の黒幕」と噂されているのが岡本昭彦社長です。

「ガキの使い」を見ていた人たちは「あの おかもっちゃんや!」と思い出されるかもしれません。

岡本社長の経歴は、ダウンタウン、今田耕司さん、東野幸治さん、木村祐一さんなど今を時めく吉本芸人のマネージャーを経験されています。

その縁で何度か「ガキの使い」にも出演されていました。

ただその頃はパンツ一丁で猫を抱えた大人しい青年でした。

ところが吉本興業で権力を握るようになってから岡本社長は人間が変わっていきます。

芸人には横柄な態度をとり、激しく暴言を浴びせる様な男になっていきます。

たまにちらっと吉本芸人が岡本社長の異常性をテレビで公表しますが、その話があまりにも激しいのでみなさん冗談で言っていると思っていたのです。

ところが冗談ではなかったのです。

ワイドなショーでも、松本人志さんは若い頃から岡本社長の横柄な態度と暴言は気になっていたそうです。現大崎会長にもそのことは相談していたといいます。

実際岡本社長はこれまで会社の威光を盾にして、芸人イジメを頻繁に繰り返していたといいます。