闇営業やりまくりの宮迫博之と田村亮が吉本から契約解除&緊急会見

スポンサーリンク

何度も取り上げている「闇営業」について大きく動きがありました。闇営業をした芸人が実はギャラをもらっていたという報道があり、芸人は無期謹慎の処分となったいました。以前も伝えた通り別の事務所に所属に入っている「ザブングル」は素早い対応で、謹慎期間、そして謹慎中の行いなどを決定していたのに対し、吉本興業は謹慎処分にしてから動きはありませんでした。そんな中突然吉本興業から発表があると伝えられ、宮迫さんとの契約解除という報道がありました。吉本興業からは記者会見の予定はありませんということでしたが、宮迫さんが自ら動き記者会見をするということでした。今回はその内容、そしてその会見の反響などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

会見の内容

まずはじめに宮迫さんから「詐欺の被害者、家族、親族に本当に申し訳ない。世間、応援してくれている人、関係者、不快な思いをしている全ての人にお詫びをしたい」
続いて田村亮さんが「詐欺の被害者、友人、世間に申し訳ない。自分の弱さゆえに虚偽の説明をしてしまい、不快な気持ち、不審な気持ちを抱かせてしまい申し訳ない」
このように二人の謝罪から会見は始まりました。
ここから質問に対して回答していきました。当たり前ですが嘘偽りなく話しますということでした。
まず宮迫さんがこの騒動の詳細を話しました。当初もらっていないと言っていたギャラについては、宮迫さんから全員にもらってないことにすうるように声をかけたそうです。しかしこの闇営業の仲介的な役割を果たしていた入江さんが解雇されたことで、宮迫さんはことの重大さに気づいたようです。そこで田村亮さんから本当のことを言いましょうということで会社に話したそうです。しかし会社からは今更ひっくり返せないという回答でした。なのでしばらくは静観という指示があったそうです。しかし田村亮が謝罪会見をしたいと申し出ます。会社はまさかのこの要望を断ります。田村亮さんはそれでも何とかとお願いし、社長から言われた言葉が、やってもいいよ。ただその変わり全員クビにするということでした。後日会社側の弁護士から書面で引退会見をするか、契約解除かどちらか選べというものが送られてきます。それは違うと思い会社に話し合いを提案するが断られ、契約解除して自分たちで会見をすることを選択したそうです。この後も会見は続きますが、このことで様々な芸人さんがが反応しているのでそれについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

様々な芸人の反応

この会見についていろんな芸人さんがコメントを発表しました。ビートたけしさんは会見について猿回しにたとえて猿が噛んだからといって猿に謝れといっても無駄なこと。飼ってる奴が謝らないとと話していました。続けてかわいそうだと、芸人がこんな姿みせたら笑ってもらえなくなると珍しく強い口調で話されていました。明石家さんまさんも宮迫さんを守りたいということでうちの事務所に入って欲しいといっていました。その他宮迫さんにお世話になった後輩芸人が擁護のコメントをSNSを通じて話されていました。

スポンサーリンク

松本人志が動き出す!?

様々な芸人が意見を言っている中松本人志さんがツイッターで「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」とつぶやきました。大阪で収録をしていたそうですが緊急で帰ってきて会社と話し合いをしたそうです。このままでは吉本はダメになる。変わらなければ松本さん自身も吉本にはいれないと話したそうです。日曜日にやっている「ワイドナショー」も緊急で生放送しこのことを言っていました。そこで22日吉本興業から会見があることが発表されました。テレビで松本さんは自分もわからないことが行われていると言っていました。この後もどう動き出すのか気になります。

スポンサーリンク

最後に

今回はまとまりのない内容になってしまい申し訳ございません。会見の内容や様々な意見が多くあるこの問題なので、それぞれ別の記事で深く書いていこうかと思います。今回はとりあえず終わりたいと思います。