山本太郎落選は折込済だった!寄付金4億円超え!本命は衆院選!

スポンサーリンク

2019721日に行われた第25回参議院議員通常選挙は、与党自民党と公明党の安定多数で幕を閉じました。

そんな中、今回の選挙で台風の目になったのが、重度障害者「船後靖彦さん」「木村英子さん」擁する「れいわ新選組」が比例代表で2議席を獲得したことです。

しかし党首であるはずの山本太郎さんは「落選」という結果に・・・。しかし落選といっても97万票もの得票を得る過去最高得票での落選です。

ところが今回の参院選は山本さんは最初から本人は当選する気などさらさらなかったといわれています。実は山本さんの本当の狙いは「次回の参院選」といわれています。

スポンサーリンク

「障害者」の味方は大成功!役者経験が役に立った!

山本さんといえば、駅前での演説がどこもかしこも大群集を集めて大盛況でした。

政治にほとんど興味がない人でも、自力歩行が困難な「船後靖彦さん」「木村英子さん」がベットに横たわったまま会場にあらわれれば興味本位で見に行くことでしょう。

さらにこの二人が横たわったまま山本さんが

「僕は落選してもいい、この二人を国会に送ってください」

といえばほとんどの人は心を打たれ、応援したくなることでしょう。

そしてこの様子をSNSでアップすれば間違いなく瞬く間に拡散されます。

山本太郎さんは今回「障害者」の味方を演じた役回りは、大成功だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「寄付金4億円超え!」生活弱者からの集金は大成功!

山本太郎さんの今回の選挙でもう一つ大成功だったのは寄付金の総額が4億円を超えたことです。

大政党にも属していない人でこれだけの「個人献金」を集めた人は異例です。

山本さんの演説を生で見た人や、SNSで見た人は涙が溢れて止まらなかったといいます。

山本さんに寄付をしている人は、

「通帳残高は数万円」

「非正規社員」

「中高年だが独身」

の人たちです。

山本さんはこの人たちに「刺さるワード」を次々に連発しました。

そして彼らの「なけなしのお金」から集めることに成功します。

現在のところ寄付金は「4億円超え」といわれています。

またこれからも演説するたびに生活弱者からの「なけなしのお金」は続々と集まることでしょう。

しかも「個人献金」なので、「4億円以上のお金」が何に使われてもあくまで山本さんの自由なのです。

スポンサーリンク

山本太郎悪魔の戦略!衆院選は地獄絵図になる!

選挙前は「れいわ新選組」の選挙戦略が意味不明と思われた方がほとんどだったのではないでしょうか。

実は参議院選は山本太郎さんは最初から「当選」する気などサラサラなかったのです。

一番の目的は、「2議席獲得する」か「得票率2%」を達成することで「政党要件」を満たすことだったのです。

ネットでは

「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。彼が党首討論に加わると半端な党首だと完全に喰われるだろう」引用

といわれています。

政党要件を満たすと地上波テレビに出演することができ、政党助成金ももらうことができるのです。

また「船後靖彦さん」「木村英子さん」が登院するたびに山本太郎さんが党首としてついてきます。

すると地上波テレビは「何をいいだすかわからない山本太郎さん」に面白がって確実にカメラを向けることでしょう。

実は山本太郎さんも以前「与党のみなさんにとっては参院選後は地獄絵図のような状況になると思いますよ」と発言しています。

今回の選挙戦は山本さんたちが練りに練った「悪魔の戦略」だったのです。

そして山本さんの本当の狙いは、「現在の勢いを残したまま」次に衆院選に突入することだったのです。