闇営業やりまくりでもアメトーークとロンドンハーツは継続!!

スポンサーリンク

闇営業問題で宮迫さんが謹慎処分となってしまったためレギュラー出演している番組で次々と交番が決定していました。その中でもアメトーークは人気番組で雨上がり決死隊がMCを務める番組です。闇営業が問題となってすぐスポンサーが降りたなど続行が厳しいのでは?という声が上がっていました。宮迫さんがいないので相方の蛍原さんだけの番組になるということでホトトーークになるのかなど様々な話が飛び交っていました。宮迫さんはまだ復帰をしたわけではないのでその辺のことはわかりませんが、番組の打ち切りはないということでした。そして姉妹番組としてあるロンドンハーツも継続することが決まったようです。ということで今回は大人気番組のアメトーークとロンドンハーツを振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

10月以降も放送決定

基本は現在の形態のまま、演出面を強化して放送を継続、営業活動を行っていくとして「事態が流動的な面があるため、吉本興業、関係先と協議しながら対応して参ります」としました。
また、テレビ朝日ホールディングスは、吉本興業ホールディングスの株主としてコンプライアンス遵守の体制強化と、それを可能にするガバナンスの構築を求める申し入れ書を26日付で送付したことも併せて発表しました。広報部は「吉本興業ホールディングスに設置される予定の経営アドバイザリー委員会による反社会的勢力排除のための体制構築について独立性のある公正な議論がなされるように注視して参ります」としました。
関係者は「20年以上続く番組で、視聴者の継続を望む声も大きく、そういう声を大切にした」と話しました。ちなみに名前を変更する可能性もありましたが、その予定もなく今まで通り宮迫さん抜きで放送していくようです。

スポンサーリンク

アメトーークの振り返り

アメトーークは20034月よりスタートしました。現在は一時間番組ですが、当初の枠は30分でした。その時代は「アメトーク」という表記でしていました。それが200610月より一時間の枠になりまして現在の「アメトーーク」となっています。読み方は一緒なので何が違うか気づかな人もいると思いますが、よく見てみると「トーク」というところの伸ばし棒の部分が一本増えているんです。一つの伸ばし棒が30分を現しているんですね。キャッチフレーズは「業界内視聴率ナンバーワン番組」です。放送時間が深夜帯にも関わらず高視聴率を記録していたため「日曜もアメトーーク」といって再放送ではなく違う内容で週2回放送していました。数々の人気企画がありそこから仕事を増やしていった芸人もたくさんいます。コアなファンも多くいるので番組が継続するということで安心した方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ロンドンハーツの振り返り

アメトーークの姉妹番組であるロンドンハーツは19994月より放送開始しました。一度ゴールデンタイムに移行しましたが今は深夜帯の時間になっています。ロンドンハーツといえばドッキリ企画ではないでしょうか。ロンドンブーツの田村淳さんがメールで女の人に扮して男芸人を誘い出すというなんともひどい企画がありますね。かわいそうとは思いつつもやっぱり面白いんですよね。あとはいろんな人を巻き込んで歌手としてデビューするるドッキリなど名企画が多いですね。時間帯がゴールデンに移ってからそういった思い切った企画ができていない印象でした。また深夜に移ったことで前のようなギラギラした企画をしていってほしいですね。

スポンサーリンク

最後に

この二つの番組が継続することで安心した人も多いはずです。よくをいえば宮迫さん、亮さんに戻ってきてほしいなと思いますね。いつになるかわかりませんが、前のように二人が番組に戻って全てが元通りになってもらえたらファンとしてはいうことがありません。そんなことを願って今回は終わりたいと思います。