山口哲治(元星稜エース)はJAPAN代表!松井秀喜が主将も明徳義塾に敗退

【消えた天才】山口哲治(松井秀喜のライバル)は元星稜エースでJAPAN代表左腕!

2019年1月3日に放送される「消えた天才」に松井秀喜さんが登場します。スタジオに姿を現すか?は分からないですが・・・もしかするとビデオ出演かも?知れないですね

現役引退後は殆どマスコミにも出ない松井秀喜さんですから・・・国民栄誉賞を受賞している方ですからね。
それでも今回の出演は異例だと想われます

今回の主役は実は松井秀喜さんではなく星稜高校時代のチームメートでもある山口哲司さんなんです。今日の放送でも詳細は説明されると想われますが当時の星稜高校は石川県の中では圧倒的に強くて全国制覇も充分に狙えるレベルでした・・・

しかしながら甲子園には順調に進んだものの今も語り継がれる明徳義塾戦での松井秀喜さんの5打席連続敬遠

・・・で星稜は敗退します。当時の甲子園では高校野球では異例?な光景で物が甲子園に投げ込まれて試合が中断され明徳義塾・高野連には抗議電話が殺到して社会問題にもなりました

この時に松井秀喜さんが4番を打ち、その前の3番を打ってエースだったのが山口哲司さんです

また余談ですが「山口 哲治」さんの同姓同名の元プロ野球の投手が居ます・・・この方の情報が間違って今日出演される星稜の山口哲司さんと混同されている情報も多いので後述します

(ちなみに今日出演される星稜の山口哲司さんはプロ入りしていませんから・・・)

山口哲治さんが野球を断念した理由と現在は何をされているのか?

早速 見ていきましょう!!!


スポンサーリンク

抗議電話が鳴りやまない明徳義塾の5打席連続敬遠

長い歴史の中でも、ここまで異様な雰囲気の甲子園大会は無かったでしょうし今後も無い?高校野球の試合が有りました

それが1992年8月16日 甲子園大会2回戦の星稜(石川)対 明徳義塾(高知)です

ちなみにスコアとメンバー表は下記の通りです

(参照 朝日新聞)

試合経過ですが・・・

星稜が2―3で迎えた九回表2死三塁。4番の松井秀喜さんが敬遠されます(ちなみに、ここまでの4打席も全て敬遠でした・・・)

実は星稜高校は、この試合で9回表に2死走者なし・・・まで追い詰められています。
この時に三塁打を打ったのが今日出演される山口哲司さんです

松井秀喜さんは1年夏から4番・高校通算59本塁打で、この大会の優勝候補に挙げられたチームの中心打者でポジションは三塁を守り主将でした

ところが・・・明徳義塾は、ここでも敬遠して5打席連続の敬遠

松井秀喜さんは、この時から風格と言うか人間性も素晴らしくて全く不満な顔を見せずに一塁へ歩いています

そして・・・毎回チャンスで打席が回ってくる5番の月岩選手がバットを構えますがメガホンなど色々な物がグラウンドに投げ込まれて試合が中断する異常な事態に・・・

試合が再開されたものの月岩選手は変化球で追い込まれ泳ぎ気味にバットを出して三ゴロ

月岩選手は一塁にヘッドスライディングをしたまま動けませんでした。
松井秀喜さんは悔しさを押し殺しながらも整然と挨拶して甲子園を去りました

この試合の後で松井秀喜さんは「敬遠は作戦だから仕方ない・・・」と高校生とは思えない発言をしています

この当時から「大物」でしたね

試合中から大会本部や朝日新聞社には5打席連続敬遠を巡って千本を超える抗議の電話が相次ぎ社会現象にまで発展

試合後、急きょ記者会見した大会会長の牧野直隆・日本高校野球連盟会長は

走者がいる時、作戦として敬遠することはあるが、無走者の時には、正面から勝負して欲しかった

・・・異例のコメントを発したほどです


スポンサーリンク

中学時代に松井秀喜を抑えた山口哲司

今日出演される山口哲司さんのプロフィールですが・・・

名前:山口哲治(やまぐちてつじ)

生年月日:1974年生まれ

年齢:44歳

出身:石川県

仕事:神戸製鋼

山口哲治さんは石川県出身で中学校は、かほく市河北台中学校の出身

中学校時代からエースとして活躍し松井秀喜さんとも対戦を何回かしていますが松井秀喜さんが当時を振り返って

山口哲治には敵わない

・・・と思ったほどの実力ある好投手として地元では有名でした

何故なら松井秀喜さんは中学時代・打率6割で推定距離130m・・・の本塁打も中学時代に放っていたからです

その松井秀喜さんが「打てなかった」と言われる山口哲司さんですから二人揃って地元・星稜高校に入学した当時から「全国制覇も期待出来る」と言われたのは当然の流れでした

山口哲治さんは星稜高校在学時もチームの絶対的エースとして活躍し3年生の夏には石川県大会を制覇し甲子園大会へと進みます

予選の石川県大会では防御率0.00・・・と言う無失点記録

夏の甲子園1回戦の長岡向陵高校戦でも11-0と完封勝利

残念ながら二回戦で明徳義塾に敗退したものの松井秀喜さんと共に高校JAPANにも選出されます。ちなみに甲子園大会の上位に進出した高校の中から殆どのメンバーは選出されますから松井秀喜さん山口哲司さん共に実力的には抜きんでた存在だったことが分かります

松井さんも山口さんもプロ志望届けを提出しますが山口さんはドラフト指名もれ・・・

松井さんはドラフト1位で巨人に入団して、その後の活躍は周知の通りです

 

ここで余談ですが今日出演される「山口 哲治」さんと「同姓同名」の情報が混同されてますので補足しておきます

実は「山口 哲治」さんと言う方が過去に近鉄バッファローズで活躍されていました。この方も高校時代(奈良・智辯学園)から本格派の投手として有名でドラフト2位でプロ入りしている方ですが年齢は現在では60歳ですから今日の山口 哲治さんとは違う方になりますね

この方です。確かに、ややこしいですが(笑)

↓  ↓

(参照 ウィキペディア)

山口 哲治(やまぐち てつじ・1959年4月17日 – )は、奈良県五條市出身の元プロ野球選手(投手)・プロ野球コーチ。

1977年のプロ野球ドラフト会議で近鉄バファローズから2位で指名されたことを機に、同球団へ入団した。背番号は29。

2017年は、東北楽天ゴールデンイーグルスでプロスカウトを務める一方で「ピッチングコーディネーター」の肩書で投手を指導


スポンサーリンク

山口哲司さんは神戸製鋼で社会人野球へ

山口哲司さんは星稜卒業後・神戸製鋼野球部に所属します

社会人野球の強豪チームから松井秀喜さんと同じくプロを目指したもののケガに悩まされ8年で引退して野球を断念されています

高校や大学で野球で活躍して社会人野球に進む選手も多いのですが殆どの選手は野球生命が絶たれると会社も退職するケースが多いんです

その中でも山口哲治さんは社会人野球で活躍した神戸製鋼に今でも勤務されていますから実直な人柄なのでしょうね

山口哲治さんには、3人子供が居て野球をされています

実は山口哲司さんの結婚式には松井秀喜さんが招待されていて

同じプロ入りの夢は叶わなかったけど子供さんが将来プロで活躍されることを期待しています

・・・と誰もが感激するスピーチをされています

さすが国民栄誉賞の方ですね・・・

山口哲司さんは少年野球の監督を務めていて自分の子供も含めて将来的には高校野球で甲子園に出たり、またプロ入りする選手を育てられることでしょう

おそらく今日放送される「消えた天才」では山口哲司さんの中学時代の、ずば抜けた逸話も出ると想われますが徳義との試合も話題に出るのは間違いないと想われます

今日も 最後まで お読み頂きまして 有難うございました

では また 次回です!!!

【超人気】16万アクセス突破 芸能界激震の不倫やりまくり記事

↓  ↓  ↓

斉藤由貴不倫医師(卓馬紳)斎藤の自宅でパンティかぶり医者廃業


スポンサーリンク


スポンサーリンク