死刑囚木嶋佳苗が獄中で3回目の結婚!男を惑わす魔性を正体!

スポンサーリンク

みんさんは木嶋佳苗という死刑囚を知っていますか?
木嶋は首都圏連続不審死事件という男性が次々に死んでいく不審死にかかわったとして死刑判決を受け東京拘置所で死刑囚として生活している極悪犯です。

スポンサーリンク

魔性の女

木嶋はその容姿からは想像つかな程の男たらしで木嶋にかかわった男はみな一様に多額のお金を木嶋に貢ぎ、その後不審死を遂げています。

木嶋は天性の虚言壁なのか嘘をつくのが得意で、男を次々にだまして貢がせ、家賃約22万円の西池袋3丁目の高級マンションに住み、高級外車の代名詞でもあるベンツを乗り回していたようです。また経歴や履歴を詐称し「父親は東大教授で、自分はピアノ講師、フードコーディネーターである」と吹聴していたようです。

現在木嶋は死刑囚の身でありながら「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログを運営しています。木嶋の支援者が社会にいて木嶋からの手紙をブログにアップしているのでしょう。

さらに驚いたのが結婚相手というのが週刊新潮のバリバリの40代のデスクらしいのです。デスクは木嶋を取材する過程で親密になり手も繋げない相手に恋をし結婚にまで至ってしまいました。

週刊文春の記者が党の新潮記者に取材したところ結婚を認め「取材する上で恋が芽生え結婚には全く後悔はない」と語ったそうです。

週刊誌の記者殿もお金目当ての結婚ではなく愛のある結婚であればいいのですが、、、

「そこに愛はあるんか!本当の愛はあるんか?」 と大地真央さんも思っているんじゃないでしょうか(笑)

当人同士のことだから周りがとやかく言う必要はないですが、まさに魔性の女というワードがぴったりな女性ですね。

手紙と短い時間の面会だけで男を虜にする魔性の女「木嶋佳苗」は結婚相談所でも開いたら大繁盛間違いなしでしょう!

木嶋に限らず女性が身寄りのない男を騙して財産を巻き上げ殺してしまうという事件は毎年のように報道されていますが、今後は高齢者が増えることから、こういった被害にあう男性がますます増えるような気がしてなりません。