朝ドラ100作目「なつぞら」が泣ける。イケメン揃いで豪華すぎると話題!

スポンサーリンク

記念すべき朝ドラ100作目となる「なつぞら」。毎朝泣けてしまうストーリーもさながら、
こんなにイケメンを集めてどうしたいの?と思うほどに、とにかく顔面偏差値が高いです。
今回は、《「なつぞら」の概要とイケメン&美女なキャストたち》についてまとめました。

スポンサーリンク

■「なつぞら」のあらすじ


1946年の夏。両親がおらず戦争孤児として生きていたなつたちの元に、父の戦友・柴田剛男が訪ねてきた。なつは、剛男に連れられ、北海道十勝の柴田家に引き取られる。

柴田家の人々は当初困惑した部分もあったり、なつはなつで実兄を思い発作的に東京へ行こうとしたり・・・いくつか苦難はありつつも、次第に『家族』として打ち解けていった。

農業高校に進学したなつ。柴田家の酪農を手伝いながら、戦後に東京から十勝へ開拓を夢見て移り住んだ山田家の次男・天陽と絵を描くなどして、青春時代を過ごしていた。

そんな折、かつて空襲から救ってくれた佐々岡信哉が、なつを訪ねてくる。それをきっかけに、実兄を探すため、なつは十勝の母・柴田富士子とともに東京へ出かけることに。

高校卒業を目前に、なつの運命は大きく動こうとしていた・・・。

スポンサーリンク

■イケメン揃いの俳優陣


・吉沢亮(よしざわりょう・山田天陽役)
1994年2月1日生まれ/東京都出身/身長170cm/アミューズ所属
かっこいいけどどこか儚い天陽君、ハマリ役です。なつと天陽君はこれからどうなってしまうんでしょうか。映画「キングダム」も大ヒット上映中。

・清原翔(きよはらしょう・柴田照男役)
1993年2月2日生まれ/神奈川県出身/身長185cm/スターダストプロモーション所属
何気に可哀想な柴田家長男。しかしイケメンなので、許容範囲の悲壮感にとどまってます。

・山田裕貴(やまだゆうき・小畑雪次郎役)
1990年9月18日生まれ/愛知県出身/身長178cm/ワタナベエンターテイメント所属
雪次郎が出てくるとホッとしますね。現在、テレビ朝日「特捜9」にも出演しています。

・工藤阿須加(くどうあすか・佐々岡信哉役)
1991年8月1日生まれ/埼玉県出身/身長180cm/パパドゥ所属
父はソフトバンクホークスの監督・工藤公康。「家売るオンナ」の庭野、可愛かったです。

・岡田将生(おかだまさき・奥原咲太郎役)
1989年8月15日生まれ/東京都出身/身長181cm/スターダストプロモーション所属
昨年、NHK「昭和元禄落語心中」で主演。今年は主演舞台2作を控えています。

そのほかにも、序盤で重要なキーパーソンとなった柴田剛男役に藤木直人、ともにチームNACKSの一員で引っ張りだこな戸次重幸と安田顕、イケてるおじさま草刈正雄・・・。

子供時代の山田天陽を演じた荒井雄斗君のイケメンっぷりも輝いていました。

さらに第6週[5/6(月)~5/11(土)]からは、ジュノンボーイグランプリの犬飼貴丈や、井浦新も登場します!

スポンサーリンク

■イケメンの中にいても全く違和感がない女優陣もすごい


・広瀬すず(ひろせすず・奥原なつ役)
1998年6月19日生まれ/静岡県出身/身長159cm/フォスタープラス所属
こんなにイケメンに囲まれても、主役としてヒロインとして、存在感と説得力を失わずにいられる圧巻のビジュアル。

・松嶋菜々子(まつしまななこ・柴田富士子役)
1973年10月13日生まれ/神奈川県出身/身長172cm/セブンス・アヴェニュー所属
反町隆史と結婚し、子供が2人いるとは思えない。変わらず美人な女優さんですね。

柴田家の姉妹を演じる福地桃子と平尾奈々花も可愛いです。
”マダム”を演じた比嘉愛未の美女っぷりは目を引きました。
おしゃべりバアさんだろうが、割烹着を着ていようが、きれいな高畑淳子。

豪華キャストなのでもうそれだけでも、途中からでも、楽しめますよ!笑
100作目で気合いの入った「なつぞら」・・・引き続き目が離せません。

コメント