【動画アリ】吉本がカラテカ入江との契約を解消!振り込め詐欺グループ宴会の闇営業へ芸人を斡旋!

スポンサーリンク

吉本興業はお笑いコンビ「カラテカ」入江慎也との契約を、64日付で解消しことを明かしました。

どうやら副業での「反社会的勢力とのつながり」が問題となったようです。

今回は、芸人界の副業王子に一体何があったのか!?そもそも入江の副業って何をしているのか?相方との関係性などについても・・・調べてみました。

スポンサーリンク

■カラテカ入江のプロフィール

入江慎也(いりえ・しんや)

197748日生まれ

東京都小平市出身

イリエコネクション代表取締役

元吉本興業所属

「カラテカ」のツッコミ担当。

自己紹介ギャグに「アーイエーイ、オーイエーイ、俺入江!フロームLA」がある。

自称『友達5000人芸人』として、幅広い交友関係を持つ。

スポンサーリンク

■吉本を解雇。理由は「反社会的勢力とのつながり」。

201964日付で、吉本興業はカラテカ入江慎也との契約を解消したことを、66日に明らかにしました。理由は「反社会的勢力とのつながり」とのことです。

201412月、雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ12号・田村亮、レイザーラモン・HG、ガリットチュウ・福島善成ら吉本興業所属の芸人複数名が、振り込め詐欺グループの忘年会へ出席。

その際、会社を通さず「闇営業」として仲介したのが入江であったといいます。

67日発売「フライデー」での報道を前に、吉本興業が芸人らに聞き取りを行いました。

入江は、相手が振り込め詐欺グループとは知らなかったと説明したとのことですが、吉本興業は入江が反社会的勢力と繋がっていた事実を重く受け止め、入江との契約を解消。

ほか出席した芸人らへは厳重注意処分としたとのことです。

吉本興業所属の芸人と反社会的勢力の繋がりが明るみになったのは今回が初めてではなく、2011年に島田紳助が暴力団関係者との交際を認め、芸能界を引退しています。

スポンサーリンク

■入江、副業の月売り上げは350万円

2018811日放送、フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」。

入江は芸人としての月収が40万円、副業での月売り上げが350万円であると明かしました。

さらに芸人の仕事は「コスパが悪い」、「僕は1時間会議に出て20万円いただいている」と暴露。この日スタジオにいた芸人たちを驚かせています。

入江の副業って?

芸人としての仕事よりも、講演会が中心。月15本ほどこなすこともあるのだとか。

入江自身が代表取締役として2015年に設立した「株式会社イリエコネクション」は、

PR商品企画コンサル、芸人・役者・アスリートへ特化したセカンドキャリア形成などを行っています。

同社の社員には、元お笑いトリオ「Bコース」渡辺謙司、元Jリーガー片岡洋介がいます。

「後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ」「使える!人脈力 友達5000人芸人が実践する50の習慣」など、本も出版しています。

スポンサーリンク

■相方・矢部のプロフィールと、矢部と入江の関係性

矢部太郎(やべ・たろう)

1977630日生まれ

東京都東村山市出身

父は絵本作家のやべみつのり。

「カラテカ」のボケ担当。

日本テレビ系「進ぬ!電波少年」の番組レギュラーとして知名度をあげた。

201710月に発売の単行本「大家さんと僕」が21万部を突破、2018年には手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

入江と違い、女性と接することが大の苦手。

カラテカはまず矢部が先行して世間に知られました。「じゃない方」になりそうだった入江は悔しさをバネに、多岐にわたる活動を行うきっかけとなったようです。

スポンサーリンク

■最後に

コンビのそれぞれが副業を持っている状況なので、矢部さんは矢部さんで活動を続けられるとは思いますが、コンビとしてはなかなか厳しい状況ですね。

入江さんは振り込め詐欺グループとは知らなかったとのことなので、嘘偽りなく関わることになってしまった経緯を明かせば、信頼を取り戻せるような気がします。

グレーが白になり、またコンビとしても活動できればいいですね。