原田龍二の“マイカー不倫”!不倫内容や記者会見についてまとめました

スポンサーリンク

2019530日発売の「週刊文春」にて、俳優・原田龍二のマイカー不倫が報じられました。デートも宿泊もせず、マイカーのみでの逢瀬・・・サクッと終わらせるというお手軽な不倫に女性の扱いが雑すぎるとの非難もあがっています。

今回は、そんなゲス不倫の詳細や記者会見についてまとめました。

スポンサーリンク

■原田龍二のプロフィール

19701026日生まれ

東京都足立区出身、埼玉県さいたま市在住

株式会社ブロー所属

1990年の第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞、1992年に俳優デビュー。

2003年から2010年まで、ドラマ「水戸黄門」の5代目助さん役を務めた。

旅番組への出演も多い自称「温泉俳優」。

妻、長男長女の子供が2人いる。

スポンサーリンク

■“マイカー不倫”概要

・女性2人と不倫

・使用したのは愛車であるランドクルーザー

・相手を駅まで迎えに行き公園で停車→後部座席でわずか10分ほどの間に行為を終わらせる→再び駅に送り届ける、というもの

スポンサーリンク

■女性に送ったLINE

「なんか写真ちょうだい」

「おまえの体見たい」

「お尻」

「ムッチムチの」

「いま茨城のホテル

明朝から撮影」

「明後日の夜

また茨城に前乗り

いまルートイン水海道駅前にいる」

「寒い」

「来て欲しい」

ちなみに原田のLINEアイコンはなぜか座敷わらしでした・・・

スポンサーリンク

■女性とのインスタDMやり取り内容

LINEはしますか?」

「じゃあ、します?

信じていいのであれば…

極秘であれば」

「文春やらなんやらでこんな世の中ですから怖いといえば怖いですが…

蠍座を信じます」

ID教えてください」

「どんなアイコンですか?」

インスタのDMを使い、複数の女性ファンとやり取りしていたようです。

スポンサーリンク

■記者会見の内容

文春発売の翌531日、原田はTOKYO MX会議室で謝罪会見を開きました。

会見前に妻・実母・実弟・義妹である松本明子と話し合い、謝罪したとのことでした。

子どもへはメールや電話で謝罪。息子は怒っており、娘は呆れた様子だったといいます。

妻は励ましのつもりか『原田、アウト』と言ってくれ、「僕と正反対で、人間的に尊敬できる女性」と。離婚の話はでていないそうです。

不倫は今回が初めてだが、妻との10年に及ぶ交際期間の中で、浮気がバレたことがあり、「本当にあなたは治らない人だね。あなたは病気。しごと」とも言われたよう。

以下、会見での質疑応答一部

Q車の中で行為に及んだことについて

A恥ずかしいことをしました。相手の方にも不愉快な思いをさせてしまったと思っています。

Q車中での行為に及んだ理由

A僕のスケジュールを妻に伝えていて、デートとか、遠くへ行って、ということができなかったものですから。恥ずかしいことをしたと思ってます。

Q(性欲は)強いのか?

A強いですね。

Q車を使われたのはコストの問題か

Aコストというよりも、自分の甘さですよね。申し訳ありませんでした。

Q車内の行為が好きなのか

A大好きではありません。

スポンサーリンク

■仕事への影響

謝罪会見では原田の所属事務所から、会見の内容によって出演を判断するテレビ番組が10本ほどあるとの説明がされていました。

9月に明治座で上演される舞台「サザエさん」は、マスオ役に原田の出演が決まっていました。

しかし、明治座とフジテレビジョンは「報道を受け、主催者として作品を役柄の持つイメージにそぐわないと判断」し、65日に原田の降板を発表しています。

6818時半放送予定だったテレビ東京の旅番組休止、別番組に差し替わりました

スポンサーリンク

■最後に

俳優としての活動にとどまらずバラエティなどにも出演され、あまり気取らず親しみやすい印象の原田さん。

今回の報道でも、素直に認めて謝罪し会見ではNGなしで対応されていました。

結果、SNS上では非難ばかりでなく、憎めない・・・というような声も見受けられます。

少なからず仕事への影響はあるでしょうが、結局は家庭問題でもあるので、反省されたうえでまたご家族のために頑張ってほしいですね。